2015年9月17日

パソコンの自動ロック機能

カテゴリー パソコンの安全, 製品関連 — miso-Oden @ 9:36 AM

パソコンのロックとは、ちょっと離席した時に、他人にパソコンを触られないにする「スクリーンロック」機能のことです。ロックがかかると「鍵」がないとパソコンの操作はできなくなります。(「鍵」はUSBメモリやパスワード等で設定)

ロックがかかる、つまり「鍵」がないと自宅に入れないのと同じです。鍵を開けっぱなしにして、ちょっとゴミを捨てに行っている間に泥棒が…なんて事があり得ます。こんな事が起きないように、パソコンの入り口をロックするソフトです。

個人向け用ソフトとして「パソコンロック」が販売されており、法人向けには「USB HardLocker」が販売されています。

この2つのソフトは鍵を抜いたり、「画面のロック」というメニュー(ショートカットキーも対応)を押せば、即時ロックがかかりました。

不意の来客等で「ロック」し忘れて離席した時など、「パソコンロック」は何分間パソコンの操作がないと自動的にロックがかかる「自動ロック」機能があります。ところが「USB HardLocker」には自動ロック機能はありませんでした。

来客や打ち合わせで、突然離席する事もあるので、この機能もUSB HardLockerに付けて欲しいという要望が今までにもありました。ついに今回この希望が叶えられました!

それも無償アップデートです! やったね!!!
USB HardLockerユーザーはアップデートして設定をオンにするだけです。

USB HardLockerは、パソコンロックにはない機能、他のUSBストレージの追加禁止、ネットワーク禁止、鍵による秘密領域の使用等もありますので、使用目的やセキュリティの必要性によって使い分けるといいですね。

ちなみに「スクリーンロック画面」は自分で好きな画面を作って差し替えることもできます。

▲UP

2015年9月10日

録画した動画をテレビで見たい

カテゴリー 初心者向け, 動画/録画/録音関係, 製品関連 — miso-Oden @ 9:51 AM

Tunebite Platinum 12で録画した動画を、DVDに焼いてテレビで見たいというご相談がよくあります。
正確には「テレビ」に接続されている『デッキ』(DVDレコーダー/プレーヤー)にDVDやブルーレイで鑑賞したいという事ですね。

こういった『デッキ』で再生できる映画DVDはデッキにいれると、「メニュー」があり、「映画本編再生」、「チャプター」「設定」(指定、字幕や音声切り替え)、等があるタイプで「DVDビデオ」と言われるものです。

昔『ビデオデッキ』には「VHS」と「ベータマックス」と2種類ありました。カセットや挿入口サイズが異なり互換性もなく、「VHS」で録画したカセットは「ベータマックス」では見ることができませんでした。DVDという媒体は同じ形状ですし、パソコン側ににDVDビデオ再生ソフトがあると、パソコン形式動画でも、DVDビデオ映画も全て再生できるため、「動画」はパソコンとテレビと共通だと思いますよね。でも実は中身が違っているため、混乱する原因となっています。

▼動画には下記の3種類が主流です。

■パソコン用動画形式

パソコンでTunebite Platinum 12で録画すると、初期設定では「WMV」形式になります。これは「Windows Media Player」形式でパソコン用動画データです。この形式のままDVDにデータとして焼いたら、他のパソコンでは再生できますが、DVDデッキでは、まったく再生できません。

■デジカメやタブレット、ゲーム機用形式

またTunebite Platinum 12では、「MP4」形式にすることもできます。これはデジタルビデオカメラでも採用されていて、パソコンだけでなく、タブレット、ipod、Android、kindle、ゲーム機などの多くの機器で再生が可能です。(他にも「AVI」とか「MOV」という形式等もあります)
どの形式でもTunebite Platinum 12で録画後に「変換」することもできますし、最初から形式を変えて録画することもできます。

『デッキ』の多くは、このMP4の再生機能も対応してます。MP4にしてデッキに持って行けばテレビで録画した動画が見られます。ただしDVDに焼いても、デッキのDVD再生機能は機種によってMP4は対応できないものが多いのです。多くのデッキには「SDカード」のスロットがあるのでSDカードで持って行く方が間違いないという事になります。(詳しくはデッキの取扱書にてMP4再生対応メディアを確認してください)

■DVDビデオ、ブルーレイ形式

そして市販の「映画」のようなDVDビデオやブルーレイにしたい時は、「オーサリング」ソフトという『DVDビデオ作成』ソフトを使えば、パソコン形式動画を変換・編集してくれます。簡単なソフトや非常に編集や加工に凝ったソフトまでありますが、ライフボート社からは「簡単」に作成できる「ConvertX to Video」というソフトが販売されました!

「ConvertX to Video」でDVD形式やブルーレイ形式にすればタイトル付のビデオ「DVD」としてテレビでいつでも見ることができます!
ディスクに書き出してしまえば、パソコン内部のデータ保存に依存しませんね。

▼形式関係なく、パソコン画面をテレビで見る

また最近のノートパソコンでしたら、(デジタル)テレビ側と「HDMI端子」で接続すれば、パソコン画面をそのままテレビで見ることもできます。これは形式とか関係なく画面を同時に写すだけです。

「テレビで見る」動画は再生方法を使い分けてご利用ください。

▲UP

2015年9月3日

スクリプトの編集機能について(上級者向け)

カテゴリー OS関連, コピー/バックアップ, 上級者向け, 製品関連 — dragonfly @ 11:43 AM

イメージバックアップシリーズでは、スケジュールバックアップなど、定期的に実行する処理は、Windowsのタスクスケジューラにスクリプトを登録することで実行しています。

バックアップ設定(バックアップ先など)を後から変更したいとの要望もよく頂くのですのが、製品側できるのは、時間や頻度の設定までになります。通常バックアップ先の変更する場合には、スケジュールの再設定をして頂くようお願いしています。

ただ、バックアップ先のみを変更したい場合には、スクリプトファイルを直接修正することが対応ができま

すので、ここではその手順をご案内いたします。

============================================================

サポート外です。実行される場合は、ご自身の責任の範囲で行ってください。

============================================================

1. イメージバックアップを起動します。

2. タスク スケジュールタブをクリックします。

3. 変更したいスクリプトを右クリックして[スクリプトの編集]を選択します。

4. メモ帳でスクリプトが参照されます。

5. シンプルなスケジュールバックアップでは、バックアップ先を指定する箇所が2か所あります。

img = “G:/arc_280715054851229/arc_280715054851229_$(YEAR)_$(MONTH)$(DAY).pbf”
index = “G:/arc_280715054851229/arc_280715054851229_$(YEAR)_$(MONTH)$(DAY).pfi”

などになっている箇所がバックアップ先となりますので、Fドライブにバックアップ先を変更したい場合には、

G:/ を F:/

などにします。

ネットワークドライブにバックアップしたい場合には、Z:/ などネットワークドライブのドライブ文字に変更するか、UNCで、\\filesv\share\などに書き換えます。

4. 上書き保存すれば、修正は完了です。

▲UP