2016年4月28日

MP3って?(その1)

カテゴリー 動画/録画/録音関係, 製品関連 — Onaka-ippai @ 10:33 AM

音楽を聴く時、取り込む時、変換する時etc…度々耳にするMP3という単語。
現在恐らく最も普及している音声データの形式であり、多くの人が当たり前のように使っているものです。

Audials Tunebite 2016 Platinumでも、音楽を録音する際の保存形式は、推奨する形式として初期設定でMP3になっています。
今回はこのMP3という形式が、一体どのようなものでどんなメリットがあるのか等について、なるべく分かり易く書いていきたいと思います。

■【MP3とは】

通常、CDに収録されている音楽の記録精度は16bit・44.1kHzになっており(この「~bit」や「~kHz」の数値が高いほど音質は良いとされます)、これは無圧縮ですのでそのままだとかなり重たいファイルとなってしまいます。CDに限らずですが、こういった無圧縮の音声データを圧縮して軽くし、少ない容量で保存するデータ形式がMP3です。

■【どうやって圧縮してるの?】

その圧縮方式は、ざっくり言ってしまうと「人間が聞き取る事や判別する事の難しい様々な部分を思い切って全部削る」というもので、これにより人間の聴覚的にはCDに近い音質のまま、サイズを約10分の1程度まで軽くする事が出来ます。

もう少し具体的に言うと、「人間が聞き取れないレベルの音域・音量のものをカットしたり、マスキング効果(大きい音が鳴ると、それに近い周波数の小さな音が聴こえにくくなる現象)を利用して周波数の近い音を削ったり、更にそれに数学的な圧縮処理を加えたりしてデータサイズを軽くしている」、といった感じなのですが、あまり深く考えず「必要ない部分をカットしている」くらいの認識で大丈夫です。

■【MP3にするとどうなる?】

MP3に変換する事で、例えば元の形式がWAVだったとすると、50MB程あるサイズのファイルが5MB程まで圧縮できたりもします(ファイルによって実際の圧縮率には差異がありますが)。
(WAVは記録精度がCDとほぼ同じで、実際の音質もCDと同じくらい良い形式なのですが、無圧縮の音声形式ですので、その分ファイルも重くなります。)

■【音質は本当に変わらない?】

勿論MP3がいかにCDに近い音質で聴ける形式だといっても、色んな部分を削って圧縮しているため、劣化していないわけではないですが、「性能のいいスピーカーやヘッドホン、再生環境をご利用の際に意識して聴くと音のスカスカ加減や劣化具合等が気になる人は気になるかも」、という程度のもので、市販の一般的なスピーカーやイヤホンで普通に音楽を聴くくらいであれば、全くと言っていい程問題ありません。実際、音質は形式そのものよりも再生環境に左右される部分の方がかなり大きいです。

その2へ続きます。

▲UP

2016年4月21日

ConvertX to Videoで字幕を追加

カテゴリー 動画/録画/録音関係 — 小人 @ 9:21 AM

自分で撮影した動画に、『ConvertX to Video』で字幕(文字入れ)してみました。手順は下記の通りです。



最初に字幕ファイルを作成します。
「メモ帳」で、一般的な字幕ファイルのフォーマットで作成します。表示時間と文言を記載した、以下のようなフォーマットです。


いったん保存します。メモ帳は拡張子が「.txt」ですが、これを「.srt」に変更します。


↓ ↓ ↓


このまま使用すると文字化けしましたので、文字コードを変更します。右クリック「プログラムから開く」で「メモ帳」を選択します。


内容はいじらずに「ファイル」-「名前を付けて保存」をクリックします。


ここの「文字コード」が「ANSI」になっている場合に文字化けしました。
「Unicode」を選択して「保存」。上書き保存します。


字幕ファイルの準備は以上で完了です。


続いて 『ConvertX to Video』で、動画と統合します。
ConvertX to Videoを起動し、動画を追加します。


字幕関連の設定です。「設定」画面を表示します。


字幕の設定で、「規定言語識別子」で「日本語」を選択しておくと、再生時の字幕の選択画面で「日本語」と表示されます。
(この設定は行わなくても可です。文字化けを解消する設定ではありません)


字幕ファイルを組み込みます。
「字幕を追加」-「外部のsubtitleトラックを追加」をクリックし、作成した字幕ファイルを指定します。


ファイルを指定後、「規定言語識別子」を設定した場合は、「Japanese」と表示されます。



DVDに書き込みをします。いったんISOファイルに書き出し、確認後DVDに書き込まれることをおすすめします。

DVDを選択して、「開始」してください。


完成したDVDを再生したときに字幕が表示されない場合は、DVDプレイヤーや再生ソフトの字幕設定をご確認ください。


<例>

PCフリーソフトの「VLCメディアプレイヤー」では「字幕」-「字幕トラック」で作成した字幕を選択すると表示されました。


同じくPCフリーソフトの「GOM Player」では、画面を右クリック「DVDメニュー」-「字幕選択」-「字幕再生」にチェックを入れると表示されました。
(「GOM Player」では、ISO再生時はこのメニューがありませんでした)

c(*゚ー^)ノ*・’゚☆

▲UP

2016年4月13日

ポータブル チューンバイト

カテゴリー 動画/録画/録音関係, 製品関連 — 小人 @ 9:40 AM

Audials Tunebite 2016 Platinumは、カスタムインストールを行うと、持ち運びで使用することもできます。(サポートは対象外です)

●ポータブル版をUSBメモリに作成して、使用してみます。

USBメモリを接続し、「インストール」をクリックします。


「カスタムインストール」を選択して「次へ」。


認証キーを入力して「次へ」


インストールの準備がはじまります。


インストールする場所の指定が出てきましたら、「USB」を選択してください。「参照」を押すと、USB機器の確認・選択ができます。
「インストール」をクリックします。


USBメモリへのインストールが完了すると、Windowsファイヤーウォールが表示されますので、アクセスを許可してください。


ポータブル版が起動します。


USBメモリ内を見ると以下のようなファイルが作成されています


●別のPCに持って行って使用してみます。

USBメモリを開いて、「StartAudials.exe」をダブルクリック。


USBメモリやPCのスペックにより、インストールした場合に比べ、読み込みに時間がかかることも考えられます。


ファイヤーウォールの画面が表示されますので、許可してください。


PCによっては、ドライバ関連のメッセージが表示されることがあります。
録画しようとしたら、以下のメッセージがでましたので「ドライバを今すぐセットアップ」をクリック。


その後、録画できるようになりました。


録画した動画も、USBメモリ内に「Video」フォルダが作成され保存されます。


●録画した動画を別のPCで見てみます。

メモリ内を開き、動画ファイルをダブルクリックすると、再生されました。



ポータブル版作成、録画、再生、をそれぞれ3台の別のPCで行いましたが、問題なく使用できました。C(*゚ー^)ノ*・’゚☆

▲UP

2016年4月7日

ConvertX to Videoは、4K/8Kに対応してる?

カテゴリー 動画/録画/録音関係, 製品関連 — dragonfly @ 10:09 AM

よくご質問で、ConvertX to Videoは、4K、8Kの動画に対応できるか、というお問い合わせを頂きます。

4K、8Kの動画に関しては、入力形式としてはサポートされます。ただし、DVDに書き込む場合には、720×480の動画として、BDに書き込む場合には、1920×1080の動画としてダウンスケールされます。この点は、DVD VideoやBDMVの規格で決められていることもあり、制限事項というよりは、規格に沿った仕様となります。

以下は、4Kと8Kの動画をConvertX to Video上に取り込んだ画面です。解像度上は、4K(3840×2160)、8K(7680×4320)になっています。

出力先としてDVDを選択した場合、DVD Videoの規格上、解像度は、720×480にダウンスケールされます。

出力先としてBD(1080p)選択した場合、BDMVの規格上、出力先としてDVDを選択した場合、1920×1080にダウンスケールされます。

4K、8Kの動画も、DVD、BDに書き込むことはできますが、解像度は規格に沿ったものになるので、そのまま4K、8Kの動画としては書き込むことはできません。

今後、新しい規格が決まり、対応プレーヤが増えれば、製品側でも対応可能性はありますが、現時点では、このような仕様となります。

ただ、やはり高画質な動画の場合、DVDよりもBlu-rayに書き込んだ方がはるかにキレイです。解像度の差(1920×1080と720×480)は大きいです。

▲UP