2016年6月29日

Windows10のハードコピー

カテゴリー OS関連, Windows 10 関連, Windows 8 関連, その他, 初心者向け — miso-Oden @ 1:30 PM

以前も同様の記事を紹介しましたが、改めてWindows10中心にご案内します。よくお問い合わせを頂くと、画面の状態を伺うのですが、口ではなかなか説明できるものではありません。

そこで「画面」を画像としてメールで頂く事となります。「ハードコピー」「画面キャプチャー」「スクリーンショット」と言われる操作です。

■Windows8/8.1/10

「Windows」キーと同時に「PrtScr」キーを押すだけです。

自動的に「ピクチャ」フォルダ中に「スクリーンショット」フォルダを作り、「スクリーンショット(1)」「スクリーンショット(2)」「スクリーンショット(3)」と自動的に名前が付いて保存されます。

最近ではこらちをご案内することも増えました。

■「PrtScr」キー

どのWindowsでも可能なのは、キーボードの「PrintScreen」(「PrtScr」)キーを押す方法です。WindowsXPやVistaではこの方法となります。

「PrtScr」キーはだいたい「F12」キーの横あたりにあります。

(ノートパソコン等でキー側面や下段に青い文字などで「PrtScr」と記載されているときは、同じ色の「Fn」キーと一緒に押すことで有効になります)

取りたい画面が表示された状態で、「PrtScr」キーを押します。何も起きないように見えますが、「ペイント」を開き「編集」-「貼り付け」すると全画面が貼り付きます。
(「ALT」キーと「PrtScr」キーを同時に押せば、全画面でなく、アクティブなウィンドウだけが取得できます)

「名前を付けて保存」で好きな形式で、好きな位置に保存できます。

■「Snipping Tool」

Windowsには、表示画面をそのまま切り取って保存するソフトも標準であります。

Windows10では「スタート」-「すべてのアプリ」-「W」の項目-「Windowsアクセサリ」-「Snipping Tool」

Windows8は「すべてのアプリ」-「Windowsアクセサリ」-「Snipping Tool」を指定します。

Windows7/Vistaでは「スタート」-「プログラム」-「アクセサリ」-「Snipping Tool」

残念ながらWindowsXPにはこの機能はありません。

画面全体が半透明になり、その上に操作用ツールが表示されます。

「新規作成」をクリックして必要な範囲をドラッグします。「Snipping Tool」はドラッグして、必要な範囲が指定できますので、不必要な画面を省けます。(また「新規作成」の横の▼を押して、「自由形式の領域切り取り」にすれば、好きな形の画像が保存できます)

指定した画面を取り込んだ、「Snipping Tool」が表示されたら「ファイル」-「名前を付けて保存」できます。

■デジカメ

ただし上記の方法のいずれもWindowsが起動できる状態でのみ取得できます。
パソコンが起動しない時や、ブルースクリーンの状態では上記の方法はいずれも取得できませんので、その場合は、「スマートフォン」や「デジカメ」で撮影して送っていただく事もあります。

デジカメで撮影する場合は、高解像度では巨大なデータ(一枚の写真が1MBもあると高解像度です)となりますので、メールで送る場合は解像度は下げて撮影するか、圧縮して送るなども手です。最近はクラウドにアップロードしてダウンロードとかも便利ですね。

▲UP

2016年6月23日

ConvertX to Video カスタムプロファイル一例

カテゴリー 動画/録画/録音関係, 製品関連 — 小人 @ 4:19 PM

ConvertX to Videoでブルーレイディスクを作成し、テレビで再生すると、音声のみで映像が表示されない事例がありました。→FAQ

再生機器によっては正常に再生できるので、プレーヤー、テレビ側の対応状況による可能性があります。
一部の環境では解像度1920×1080と、フレームレート59fpsの組み合わせで発生しましたので、解像度はそのままで、フレームレートのみ29.97に変換し、変換したファイルをBD1080pで書き込む、という手順を試してみました。


1. 元動画のフレームレートを変換します。映像が表示されなくなる動画を追加し、右下の「カスタムプロファイル」-「カスタムプロファイルを追加してください」をクリックします。


2. 「ファイルからプロファイルを取得」をクリックします。


3. エクスプローラが開きますので、映像が表示されなくなる動画をどれか一つサンプルとして選択し、「開く」をクリックします。


4. 以下の画面が表示されましたら、「OK」、「進む」をクリックしてください。


5. 選択した動画の解像度やフレームレートが読み込まれています。
「ビデオフレームレート」を「30000/1001/」を選択し、「進む」をクリックします。


6. 音声トラック、字幕トラックは「進む」で進み、「保存して閉じる」をクリックしてください。


7. 設定したプロファイルで変換します。「開始」をクリックしてください。


8. 変換が終わるまでお待ちください。


9. 変換が完了すると、変換されたファイルの保存先フォルダが開きます。
初期設定でC:\Users\(ユーザー名フォルダ)\ドキュメント\ConvertXtoVideo\(プロジェクト名フォルダ)
このファイルをブルーレイに書き込みます。
プロジェクトをクリア、またはConvertX to Videoを起動しなおし、変換後のファイルを追加してください。


10. 「Blu-ray 1080p」のプロファイルで書き込み、再生をお試しください。c(*゚ー^)ノ*・’゚☆

▲UP

2016年6月16日

Windows NT Serverのバックアップはできますか?

カテゴリー OS関連, コピー/バックアップ, 製品関連 — dragonfly @ 9:47 AM

皆さんはWindows NT Serverをご存じでしょうか?Windows 2000 Serverの一つ前ですが、サポートの終了したWindows XPよりも、さらに、さらに古いOSです。

今でも稀に、古くからサーバを使われている法人ユーザ様から、Windows NT Serverのバックアップはでいるのか?というお問い合わせを頂きます。

もちろんサポート外ですが、技術的には、Paragon イメージバックアップ11 Serverで、”CD起動で”バックアップすることは可能です。

実験結果はこのような感じです。

1. Windows NT Serverを用意しました。さすがに会社にも実機はないので、仮想環境です。私も忘れかけてましたが、こんな画面でした。

2. Paragon イメージバックアップ11 ServerのPEベースの起動CDからブートします。さすがにPEは動かないですね。。。エラーで落ちます。

3. こんな時はLinux版です。Linux版起動CDでブートしたところ、起動できました。

4. ハードディスクも認識され、パーティションもNTFSとして認識されています。

5. バックアップ先のディスクを接続してバックアップを実行します。USBポートがないサーバであれば、ネットワークドライブか、内蔵の増設ドライブにバックアップします。

6. バックアップが完了したので、OSの入っていたディスクを外して新しいディスクに復元します。新しいディスクをつないで、CD起動します。以下の通り、1つ目のディスクは空の状態です。

7. 先ほど取得したイメージを復元します。復元すると以下のようにパーティションも含めバックアップ時の状態に戻ります。あえて2倍のサイズのディスクにしたので、後ろの方は未割り当ての状態になってます。

8.PCを再起動します。以下のように、バックアップ時と同じようにNT Serverが起動して使えるようになりました。

同じ要領で、こちらも懐かしいWindows 2000 Serverもバックアップすることができます。

ただ、あまりに古い機器だとCD起動できない可能性があります。その場合はその時点でお手上げですね。まだOSのフロッピーで提供され、インストールされていた時代ですので。

※古いOSをご利用し続けることはお勧めできません。上記もサポート外の情報となりますので、お試し頂く場合も、お客様の責任の範囲で実施してください。

▲UP

2016年6月9日

Windows10のセーフモード起動

カテゴリー OS関連, Windows 10 関連, Windows 8 関連, 初心者向け — miso-Oden @ 10:30 AM

パソコンに変なソフトを入れてしまい、異様にパソコンが重くなったり、挙動が変なとき「セーフモード」で起動してアンインストール、修復、動作確認する事があります。

「セーフモード」とは最小限のWindowsだけで起動するモードで、インターネット接続、セキュリティソフト、常駐ソフトは全て止まり、画面の解像度も基本レベルのみでの起動となります。

WindowsXP、Vista、7等は、起動時のメーカーロゴ画面で「F8」キーを連打が有名でした。最近のWindows8/8.1/10では、「高速スタートアップ」が存在しますし、「F8」キー連打が効かない事もあります。

「Windows8/8.1/10」ではどのようにセーフモード起動するのか。ご案内します。

■セーフモード起動手順

「スタート」の上で右クリックして「電源」をクリックします。シフトキーを押しっぱなしにしたままで「再起動」をクリックします。

終了時に「オプションの選択」画面が表示されます。「トラブルシューティング」を指定します。

続く画面で「スタートアップ設定」を指定します。

「スタートアップ設定」の説明画面で「再起動」をクリックします。

再起動時に表示されたオプションの中から、「セーフモードを有効にする」を指定します。

セーフモードは、「壁紙はなく、黒い画面で、画面の四隅に『セーフモード』と表示されます」。

この方法で起動したときは、用が済んだら、「電源」-「再起動」をクリックすれば、通常の起動となります。

■どんなOSでも起動している環境から「セーフモード起動を指定」方法

OSに準じた手順で「スタート」-「ファイル名を指定して実行」を呼び出します。Windows10の場合、「スタート」の上で右クリックした一覧内に存在します。

msconfig

と入力して「OK」すると「システム構成」画面が表示されます。「ブート」タグを指定し、「ブート オプション」にて「セーフ ブート」にチェックを入れて「適用」後「OK」し、再起動を促される画面を確認して再起動します。(WindowsXPでは「システム構成ユーティリティ」という名称)

用が済んだらセーフモード画面で再度「msconfig」で「システム構成」に進んで、「ブート オプション」の「セーフ ブート」のチェックを外して「適用」後「OK」しないと、再起動してもずっと「セーフモード」起動となりますので、ご注意を。

▲UP

2016年6月2日

Sticky PasswordをUSB鍵で使用する

カテゴリー パソコンの安全, 製品関連 — 小人 @ 10:59 AM


Sticky Password プレミアム は、マスターパスワード一つを覚えておけば、たくさんのWebサイトのログイン情報を安全に管理してくれるソフトです。



Sticky Passwordが有効になっていると、Webサイトやアプリケーションのログインを自動で行ってくれます。



Sticky Passwordのマスターパスワードは、パスワード入力をする代わりに、『USB HardLocker4』のように、USBメモリ等をカギに設定することも可能です。

USBメモリを接続している間はSticky Passwordが動作し、USBメモリを抜くとSticky PasswordがOFFになります。
設定方法は下記の通りです。


●USBメモリをSticky Passwordの鍵に設定する

Sticky Passwordを起動します。

右上の「メニュー」-「設定」をクリックします。



「セキュリティ」を選択し、「認証方式」から「リムーバブルデバイス」を選択します。

※Bluetoothは、環境にもよると思いますが、離席して遠くに行かないと接続が切れないことがあるため、鍵としてはおすすめできません。


USB機器を接続すると、画面に表示されます。カギにする機器を選択して、「設定」-「保存」をクリックしてください。


※残念ながら  ROCKEY2 はSticky Passwordでは認識されませんでした・・・・

Sticky Passwordも、USB HardLocker同様、USB機器の個体番号で判別しています。
(同メーカー、同型のものでも、個体が識別されます)


USB機器に、さらにPINを設定することも可能です。USB機器+パスワードで解除する設定です。20桁以上OKです。


この設定にすると、USB鍵をさしたとき、以下の入力画面が表示されるようになります。




※USB鍵やPINをやめたい場合は「リセット」をクリックしてください。または「認証方式」で「パスワード保護」を選択してください。


以上で設定完了です。USB機器が接続されているときはSticky Passwordが有効になり、取り外すと無効になります。



*****
万一USB鍵を紛失したり、PINを忘れた場合は、マスターパスワードが必要です。
どちらにしてもマスターパスワードは忘れないようにお願いいたします。
マスターパスワードを忘れてしまった場合、再度使用するにはこれまで登録した全情報がいったんクリアされます。
*****



●USB HardLocker4といっしょに使う!

上記の設定を行ったUSB機器をUSB HardLocker4(ユーエスビー ハードロッカー4)でもカギに設定すれば、セキュリティと便利さがダブルになり、楽しいです c(*゚ー^)ノ*・’゚☆

USB鍵を接続すると、スクリーンロックが解除され、Sticky Passwordが有効になります。
USB鍵を抜くと、Sticky PasswordがOFFになり、かつスクリーンロックがかかってガードします。


USB HardLocker4

http://www.lifeboat.jp/products/uhl4/index.php


▲UP