2015年2月26日

Paragon NTFS for Mac OS X 12 +HFS+ for Windows 10 試してみました。

カテゴリー Mac, OS関連, パーティション, 他社便利ソフト紹介 — 小人 @ 9:07 AM



ライフボートストアで販売を開始した、Paragon NTFS for Mac OS X 12 +HFS+ for Windows 10 を試してみました。





MacのフォーマットHFS+ と、WindowsのフォーマットNTFSでは、そのままではデータのやり取りができませんが、このソフトはその橋渡しをします。
『Paragon NTFS for Mac OS X 12』、『Paragon HFS+ for Windows 10』のセット製品です。


MacのBoot Campを使用した環境で、Paragon NTFS for Mac OS X 12 +HFS+ for Windows 10 をインストールし、どのような動作になるか、ご紹介いたします。


Macの電源を入れ、ブートメニューからまずはWindowsを選択してみます。



ディスクの管理を開くと、MacOSとWindowsがあるのが確認できます。

MacOSがインストールされているDドライブは、開くことはできますが、Cドライブ内のデータをコピーしようとするとアクセスが拒否されます



そこで、「HFS+ for Windows 10」をインストールします。この製品は、OSで標準で対応していないファイルシステムを扱うための「ドライバ」で、アプリケーションを起動させたり、ユーザー設定して使用するソフトではありません。インストールするだけになります。




インストール後、データのコピーを試すと、エラーなくコピーできるようになりました。




一方、Mac OS上では。

MacOSを起動します・・・・・・



Mac OS上から、BootCamp(Windows)内の「Pictures」フォルダに、画像を保存しようとしていますが、ドラッグ&ドロップすると進入禁止のマークが出て、「Pictures」フォルダに入って行きません。

※MacOS上からでも FATであれば扱えます。FATでは、扱えるファイルサイズ等にNTFSよりも制限があります。


そこで「Paragon NTFS for Mac OS X 12」をインストールし、アクティベート。



すると、また簡単に保存できるようになりました。



こちらはWindowsで使用しているNTFSのUSB外付ハードディスクですが、同様にデータのコピーが可能になります。



MacとWindowsを両方ご利用されているユーザーさまは、ご検討いただいてはいかがでしょうか!
c(*゚ー^)ノ*・’゚☆


『Paragon NTFS for Mac OS X 12 +HFS+ for Windows 10』  はPARAGONソフトウェア社の製品です。ライフボートではストアでの販売のみになり、お問い合わせやサポートはお受けしておりませんのでご了承ください。
製品の詳細につきましては、下記までお願いいたします。

●Paragon NTFS for Mac OS X 12
http://www.paragon-software.com/jp/home/ntfs-mac/index.html

●Paragon HFS+ for Windows 10
http://www.paragon-software.com/jp/home/hfs-windows/index.html

コメントはまだありません

コメントはまだありません。


 

コメントフォームは現在閉鎖中です。