2015年9月3日

スクリプトの編集機能について(上級者向け)

カテゴリー OS関連, コピー/バックアップ, 上級者向け, 製品関連 — dragonfly @ 11:43 AM

イメージバックアップシリーズでは、スケジュールバックアップなど、定期的に実行する処理は、Windowsのタスクスケジューラにスクリプトを登録することで実行しています。

バックアップ設定(バックアップ先など)を後から変更したいとの要望もよく頂くのですのが、製品側できるのは、時間や頻度の設定までになります。通常バックアップ先の変更する場合には、スケジュールの再設定をして頂くようお願いしています。

ただ、バックアップ先のみを変更したい場合には、スクリプトファイルを直接修正することが対応ができま

すので、ここではその手順をご案内いたします。

============================================================

サポート外です。実行される場合は、ご自身の責任の範囲で行ってください。

============================================================

1. イメージバックアップを起動します。

2. タスク スケジュールタブをクリックします。

3. 変更したいスクリプトを右クリックして[スクリプトの編集]を選択します。

4. メモ帳でスクリプトが参照されます。

5. シンプルなスケジュールバックアップでは、バックアップ先を指定する箇所が2か所あります。

img = “G:/arc_280715054851229/arc_280715054851229_$(YEAR)_$(MONTH)$(DAY).pbf”
index = “G:/arc_280715054851229/arc_280715054851229_$(YEAR)_$(MONTH)$(DAY).pfi”

などになっている箇所がバックアップ先となりますので、Fドライブにバックアップ先を変更したい場合には、

G:/ を F:/

などにします。

ネットワークドライブにバックアップしたい場合には、Z:/ などネットワークドライブのドライブ文字に変更するか、UNCで、\\filesv\share\などに書き換えます。

4. 上書き保存すれば、修正は完了です。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。


 

コメントフォームは現在閉鎖中です。