2016年8月4日

iPhoneで撮影した動画が逆さまに。

カテゴリー Android、iphone, Mac, 動画/録画/録音関係, 製品関連 — miso-Oden @ 9:57 AM

iPhoneで撮影した動画(mov)を、iPhone本体や、Macの「QuickTimePlayer」で見るとちゃんと上下があっているのに、Windowsの動画再生ソフト(例:WindowsMediaPlayer)で見ると、上下が反転してしまうことがあります。

ビデオカメラでは上下が機械的に間違えないような形状ですが、iPhoneのように四角い形状では、上下は意識しないで撮影してしまいます。

実はiPhoneは上下があり、間違えると動画も逆さまになっているのです。

正しい撮影時の「iPhone」の向きはこの通りです。

Mac系のソフトである「QuickTimePlayer」では、mov動画の中にある情報を使用して、上下を補正して正しく再生してくれますので、通常は気が付きません。
iPhoneで撮影した動画をWindowsの再生ソフトで見てみたら上下が逆になって再生されて驚く事となります。

そんな場合、『ConvertX to Video』があれば簡単に回転させて修正が可能です。元のデータはそのままで変換して保存しますので安心です!

変換形式を「MP4」にすれば動画データとして他のパソコンやスマホで見られます。『ConvertX to Video』では、テレビ接続のデッキ(BR/DVD用録画レコーダー)でも見られるDVDビデオにもできます。

具体的な修正(他にも加工等)方法は、次回の記事をお楽しみに!

コメントはまだありません

コメントはまだありません。


 

コメントフォームは現在閉鎖中です。