ホーム 製品情報 ダウンロード FAQ ご購入 お問い合せ
プレスルーム

 



  / プレスルーム / プレスリリース
平成14年10月16日
株式会社ライフボート
 
株式会社ライフボートがオランダSherpa Software International社の
ITプロフェッショナル向けツールMAIL ATTENDERとPST ATTENDERを出荷開始
 

システムソフトウェア販売の株式会社ライフボート(代表取締役社長 森 誠、住所 〒101-0051東京都千代田区神田神保町2-2-34、TEL:03-3265-1250 FAX:03-3265-1251、URL:http://www.lifeboat.jp) は、Sherpa Software International社(シェルパ ソフトウェア インターナショナル社。オランダ Kesteren)のMAIL ATTENDER(メールアテンダー )英語版とPST ATTENDER (ピーエスティーアテンダー)英語版を10月30日より出荷開始する事を発表しました。

MAIL ATTENDERは、ドキュメント、添付情報、メールボックスやパブリックホルダのクォータなどを集中管理する管理ツールです。MAIL ATTENDERの導入によって、メールの管理作業を自動化できるだけでなく、無駄になっていたメールのストレージ スペースを回復し、全体のシステムコストを軽減することが可能になります。
MAIL ATTENDERにはExchangeに対応した製品「MAIL ATTENDER for Exchange」と、Lotus Notesに対応した製品「MAIL ATTENDER for Lotus Notes」があり、ライフボートではExchange対応版の「MAIL ATTENDER for Exchange」を先行して販売していきます。

PST ATTENDERは、Exchange/Outlookの個人ストレージ ファイル(PSTファイル)を集中管理する管理ツールです。コンテンツの監視や管理に関して、保有ポリシーの実施やビジネスに無関係なファイルの除去、無駄なストレージ スペースの回収など全体的なソリューションを提供します。

開発元のSherpa Software International社では、 ITプロフェッショナル向けの管理ツールをATTENDERユーティリティ製品としてシリーズ化しており、今回ライフボートが出荷開始する「MAIL ATTENDER」、「PST ATTENDER」以外にもLotusデータベースを管理する「DATABASE ATTENDER」、Dominoに対応した「DIRECTORY ATTENDER」などがあり、ライフボートでは市場状況に応じて順次出荷を開始する予定です。

今回出荷開始した各製品には1年間の保守契約が標準で含まれており、株式会社ライフボートでは、「MAIL ATTENDER」、「PST ATTENDER」の合計で初年度 120,000,000円の売り上げを見込んでいます。

 
【仕様/価格】

MAIL ATTENDER Small Business Packages
100 Usersライセンス      \300,000
200 Usersライセンス      \500,000

PST ATTENDER Server Component(1server毎)
1stServerライセンス       \600,000
2nd-9th Serverライセンス    \500,000

PST ATTENDER Client Component small Business Packages
100 Client Userライセンス   \300,000
200 Client Userライセンス   \500,000

 
MAIL ATTENDERR
メールボックス&パブリックフォルダ・マネージャ
PST ATTENDERR
個人フォルダ・マネージャ
Mail AttenderとPST Attenderは、Exchangeメールボックス、パブリックフォルダとPSTファイルを集中管理するための管理ツールです。

会社の大小によらず、一定時間内に一つの主要な場所から能率的に、そして効果的にユーザーの電子メールを制御ができなければなりません。Mail AttenderとPST Attenderは、管理作業を自動化するだけでなく、法的責任の発覚を減らし、ストレージ・スペースを回復し、全体のシステムコストを下げるのを助ける機能を提供します。

いくつかの強力な方法がMail AttenderとPST Attenderで現在使われています。
l   
保有ポリシーの実施
l   
ビジネスと関係なくて猥褻なファイルの除去
l   
機密情報の検索
l   
ストレージ・スペースの回収
l   
添付ファイルのアーカイブ
l   
ウィルス感染の一掃

 
【製品仕様】
 
ルール機能
l    サーバーリスト、メールボックスリストとフォルダリストを含めるか、含めないか
l    日付/時刻による自動のルール満了
l    プログラム、スクリプトまたはバッチファイルの実行
l    オフィスを離れている状態でのメールボックスの識別
l    行動を起こす前に’n’回ユーザーに通知する
l    前のクエリーの結果にルールを適用する
 
文書管理
l    複数のメッセージ・アクション
  Ø   詳細なメッセージ報告
  Ø   「ハード」または「ソフト」デリートあるいは「削除した項目」の移動
  Ø   別のメールボックスフォルダまたはパブリックフォルダへのコピーまたは移動
  Ø   一つ以上のアドレスへの転送
  Ø   状態(既読/未読、重要度、秘密度)の変更
  Ø   ローカルまたは共有ネットワークドライブへのエクスポート
l    複数の基準に基づくメッセージの識別
  Ø   年齢、ある年から古い分まで、あるいは範囲を使用する
  Ø   日付範囲(作成、変更、または受信した日付/時刻を使用する)
  Ø   論理的AND、ORとNOTを使った内容(キーワード、フレーズ)
  Ø   タイプ(ノート、カレンダー、ジャーナル項目、など)
  Ø   範囲または特定の制限を使っているサイズ
  Ø   状態(既読/未読、重要度、秘密度、暗号化)
  Ø   アドレス(送信する、受信される)
  Ø   添付ファイルの数

添付ファイルの管理
l    複数の添付ファイル・アクション
  Ø   メッセージからの削除(フットプリントあり/なし)
  Ø   ローカルまたは共有ネットワークドライブへのエクスポート
  Ø   別のメールボックスフォルダまたはパブリックフォルダへのコピーまたは移動
  Ø   一つ以上のアドレスへの転送
  Ø   添付ファイルとショートカットの置換
  Ø   ショートカットに基づく添付ファイルのインポート
  Ø   添付ファイルのショートカットパスの更新
l    複数の基準に基づく添付ファイルの識別
  Ø   名前(パターンとワイルドカードを含む)
  Ø   範囲または特定の制限を使っているサイズ
  Ø   種類(*.vbs, *.mp3, *.exe)
  Ø   年齢(ある年から古い分まで)
  Ø   ショートカットパス
  Ø   論理的AND、ORとNOTを使った内容(キーワード、フレーズ)
フォルダ管理
l    メールボックスフォルダまたはパブリックフォルダの作成、削除、空にする、または名前の変更
l    範囲または特定の制限を使っているサイズによってフォルダを識別
l    名前(パターンとワイルドカードを含む)によってフォルダを識別
l    既読/未読カウントまたはパーセンテージによって識別
l    最も古い、最も新しい、最小、最大のアイテムで識別
 
クォータ管理
l    カスタム・メールボックスのクォータ設定の管理
l    メールボックスに対するカスタムまたはデフォルトクォータのセット
l    すべてのカスタム・メールボックスのクォータ制限のセットまたはクリア
l    特定の量によってすべてのカスタム・メールボックスのクォータ制限を増やす、または減らす
l    クォータ状態によるメールボックスの識別
   
レポーティング
l    プレーンテキスト、HTMLフォーマット、CSVテキストファイルから選択
l    シェア、電子メールまたはポストは自動的に報告します。
l    トータルサイズと各フォルダサイズを含むメールボックスとパブリックフォルダのサイズを報告します。
l    メールボックスとパブリックフォルダのコンテンツレポートは、サブフォルダごとの内容をリストします。
l    詳細なフォルダ、メッセージと添付ファイルを報告します。
l    フォルダー・コンテンツレポートは、フォルダ内の全てのメッセージをリストします。
l    問題に関して管理者に警告します。
l    スペース利用統計を収集します。
   
投資に対するリターン
l   

ストレージ・スペースを回収することによるハードウェアと維持費の減少

l    法的責任の発覚を減らす
l    ドキュメント保持ポリシーの強制
l    不適当な添付ファイル/内容の除去
l    予め決められたウィルスに感染した添付ファイル/文書を見つけて削除する
l    手順を自動化することにより管理者の時間を節約
   
アーキテクチャ
l    押し付けがましくないユーザーフレンドリーなインストール
l    Exchange 5.5および2000で動作
l    Exchangeサーバーで必要でないインストール
l    Outlook 98および2000で動作
l    各サーバー上または一台のサーバーからの実行
l    スタンドアロン・アプリケーションとしてのまたはNTサービスとしての実行
l    マイクロソフト管理コンソール・インタフェース
l    ディスクトップからルールを構築
l    定期的に、毎日、特定の日または特定の週に一度実行するためのルールをスケジュール可能
 
このプレスリリースについてのお問い合わせ
株式会社ライフボート 森 誠
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251 E-mail: pr@lifeboat.jp

製品についてのお問い合わせ
株式会社ライフボート 製品部 松下 昌浩
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251 E-mail: product@lifeboat.jp
 
▲ UP