ホーム 製品情報 ダウンロード FAQ ご購入 お問い合せ
プレスルーム

 



HOME / プレスルーム / プレスリリース
平成14年10月31日
株式会社ライフボート
 
株式会社ライフボート
マルチOS&パーティショニングユーティリティ『システムコマンダー 7 Plus』を発売
 
システムソフトウェア販売の株式会社ライフボート(代表取締役社長 森 誠、住所 〒101-0051東京都千代田区神田神保町2-2-34、TEL:03-3265-1250 FAX:03-3265-1251、URL: http://www.lifeboat.jp/) は、米国V Communications社(ヴィ・コミュニケーションズ社、本社:米国カリフォルニア州、社長:フランク・ヴァン=ギルヴェ)が開発したマルチOS&パーティショニングユーティリティ「システムコマンダー 7 Plus(システムコマンダー セブン プラス)」の企画、日本語版の開発、マーケティングを行い、メガソフト株式会社(代表取締役 前坂 昇、本社 〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-38 西谷東急ビル、TEL: 06-6386-2058 FAX: 06-6386-4697、URL: http://www.megasoft.co.jp/)から2002年12月1日に店頭販売を開始します。標準価格は12,800円。全国のパソコンショップを中心に販売し、初年度の売上として2億円を見込んでいます。

現在パソコンショップを中心に販売されている「システムコマンダー」をはじめとするV Communications社の製品は、2002年12月1日より、V Communications社日本総代理店として、株式会社ライフボートが製品の販売を継承してまいります。今回発売する「システムコマンダー 7 Plus」は、その第一弾の製品となります。その他の製品については、今後順次ライフボートより販売してまいります。

今後ライフボートから発売されるV Communications社製品:
システムコマンダー、パーティションコマンダー、DriveWorks、CDコマンダー、PCアップグレードコマンダー、AutoSave

システムコマンダーは、これまでに日本国内だけで50万セット以上の販売実績をもつマルチOSブートとパーティション操作ユーティリティのスタンダードです。1台のPCに、Windows XPやWindows 3.x/95/98/Me、Windows NT/2000、LinuxなどのOSをインストールし、簡単に切り替えて使うことができます。OSをインストールするためのパーティションの作成など、ウィザードで自動処理を行い、現在の環境に影響を与えることなくマルチOSが実現可能です。さらに、必要がなくなったOSをアンインストールし、元の環境に戻す処理までウィザードで行なえる、マルチOSのための機能が凝縮されたユーティリティです。もちろん、パーティションのマニュアル操作もユーザフレンドリーなわかりやすいGUIで行えるほか、今回新たに自動データバックアップユーティリティ「オートセーブ」が付いてさらに便利さがパワーアップしました。

また、システムコマンダー 7 Plusは次のような特長を持っています。

■Windows 95/98/MeやWindows NT/2000/XP、Linuxなど複数のOSを1台のPCにインストール
■OSインストールの環境作成/OSのアンインストールをウィザードで自動操作
■データを保持したまま、パーティションの作成、削除、サイズ変更、移動、コピーなどの操作が可能
■洗練されたグラフィカルなOS選択メニュー
■ブータブルCDからの実行が可能!
■自動データバックアップユーティリティ「オートセーブ」が付属

システムコマンダー 7 Plusは、現在パソコンショップを中心に発売されているシステムコマンダー7にオートセーブが付属した製品です。V Communications社の日本総代理店がライフボートに変更されるに当たり、新たにライフボートより発売されるものです。システムコマンダー7の機能については、従来のものと違いはありません。

 
【優待販売について】
システムコマンダー 7 Plusの発売に当たり、ライフボート創業記念キャンペーンとして、特別優待販売を行います。詳細はライフボートホームページで告知いたします。
 
【株式会社ライフボートについて】
ライフボートは、旧ソフトボートの役員社員が集まり、メガソフト株式会社の出資支援を受けて、2002年5月に設立、9月より営業を開始しました。
ライフボートでは、11月にリリースするV Communications社のコピー コマンダー、今回リリースするシステムコマンダー 7 Plusの他、今後パーティションコマンダー、DriveWorksなどを順次発売する予定です。また、W.Quinn社のStorageCentral、NetIQ社のWebTrendsなど、ネットワークおよびシステム管理者向けにフォーカスした製品も提供しています。
 
【メガソフト株式会社について】
メガソフトは、1983年に「パソコンの利用技術の開拓」を目的としたパッケージソフトウェア専業のソフトハウスとして創業しました。以来現在まで、パソコンの新しい使い方のアイディアを、具体的に使える形=ソフトウェアプロダクツにして提供しています。代表的な製品として、3Dマイホームデザイナー、3Dインテリアデザイナー、MIFES、STARFAXなどがあります。今後も、「誰にでも迷わずに使い始められる使いやすさと安心して使いつづけられる信頼性(=ユーザビリティーの高さ)」の向上を目指し、「使いやすさと信頼性」に裏打ちされた先進の技術で、「便利」・「快適」そして「感動」を提供できるソフトウェア開発を進めています。
 
【V Communications社について】
米国V Communications社は、1986年に設立された米国のソフトウェアベンチャーです。マルチOS管理ソフトウェアの世界のベストセラーソフト「システムコマンダー 7」や、パーティション操作ユーティリティ「パーティションコマンダー 6」等を開発しています。両ソフトとも、全米各誌で絶賛され、世界各国で高い評価を得ています。日本では、今年より総代理店がライフボートに変更されました。今後、V Communications社の製品は、ライフボートより順次発売していく予定です。
 
【システムコマンダー 7 Plusの基本機能について】

システムコマンダーは、1台のPCに、Windows XPやWindows 3.x/95/98/Me、Windows NT/2000、LinuxなどのOSをインストールし、簡単に切り替えて使うことができます。OSをインストールするためのパーティションの作成など、ウィザードで自動処理を行い、現在の環境に影響を与えることなくマルチOSが実現可能です。さらに、必要がなくなったOSをアンインストールし、元の環境に戻す処理までウィザードで行なえる、マルチOSのための機能が凝縮されたユーティリティです。もちろん、パーティションのマニュアル操作もユーザフレンドリーなわかりやすいGUIで行えるほか、今回新たに自動データバックアップユーティリティ「オートセーブ」が付いてさらに便利さがパワーアップしました。

■さらに簡単になったマルチOSの環境つくり OSウィザード
OSウィザードは、新しいOSをインストールするための環境作成を自動化してくれる強力なツールです。また、OSウィザードの初期値を変更することによって、自分に合ったカスタマイズ環境を設定することもできます。マルチOSのやり方がわからない人や、パーティション操作に不慣れな人も安心してマルチOSの環境を構築することができます。

■FAT、FAT32、NTFS、Linux、Unixパーティションに対応
パーティションの作成、削除、サイズ変更、移動、コピーなど、さまざまなパーティション操作を直感的でわかりやすいインターフェイスで提供します。Windows NT/2000/XPにおけるさまざまなバージョンのNTFSもサイズ変更が可能です。また、FAT16、FAT32の相互変換の他、NTFSからFATへの変換も行なうことができます。さらに、圧縮されたNTFSボリュームも変換が可能です。

■OSのアンインストールも簡単 バックステップウィザード
バックステップウィザードを使えば、OSのアンインストールやパーティション操作を簡単に元に戻すことができます。短期間で必要がなくなる試供版やベータ版のOSも気軽に試してみることができます。


■1つのパーティションに複数OSをインストール MultiFAT機能
1つのパーティションに複数のFAT互換OSを共存させることができます。DOS、Windows 95/98/Me、Windows NT/ 2000/XP、OS/2など、必要なOSをいくつでもインストールできます。もちろん、OSごとにパーティションを分けて、独立した環境にインストールすることも可能です。

■ビジュアルなメニューで簡単な操作
操作は簡単!PCの電源を入れると、システムコマンダーのOS選択のメニュー画面が現れます。起動したいOSを選択するだけで、目的のOSがブートします。

■OSを起動せずにパーティション操作が可能
OS選択メニューからシステムコマンダーの機能を使用できます。パーティション操作のためにOSを起動する必要はなく、また、パスワードを設定してBIOSレベルでPCをプロテクトすることもできます。MBRに感染するウィルスのチェック機能も搭載しています。

■安全にスイッチング
システムコマンダーは、OSを起動した後メモリに常駐せず、起動したOSに影響を与えません。

■インストールはいつでもOK!
新たにインストールされたOSまたは、既存のOSをシステムコマンダーが自動的に検出します。

■ファイルシステムやOSの対応言語を問いません
システムコマンダーは、起動するOSのファイルシステム(FAT、FAT32、NTFS、HPFS、UNIXなど)を問いません。もちろん、日本語、英語、中国語、韓国語など、OS言語にも依存しません。

■さまざまなOSを1台のPCにインストール(表を作成してください)
Windows Windows XP、Windows Me、Windows 2000、Windows NT、Windows 98、Windows 95、Windows 3.x
UNIX/Linux Red Hat Linux、TurboLinux、LASER5 Linux、Vine Linux、OpenLinux、Kondara MNU/Linux、Storm Linux、Corel Linux、Interactive Linux、Solaris、Free BSD、Coherent Unix、Lynx OS、Minix、NetBSD、NeXT Step、OpenStep、SCO UNIX、UnixWare、XENIX
DOS DOS/V、DR-DOS、MS-DOS、Novell-DOS、Open DOS、PC-DOS、PTS-DOS、DOS 98
その他 超漢字(B-right/V)、BTRON 1B、BeOS、OS/2、NetWare、CTOS、Pick、QNX、THEOS、CP/M

■大容量ハードディスクのサポート
40GBを超える大容量のハードディスクにも対応しています。設計上、IDEではおよそ130GB、SCSIでは2000GB(2テラバイト)まで対応しています。
※大容量ドライブへの対応は、BIOSが予め対応している必要があります。


■自動データバックアップユーティリティ「オートセーブ」が付属
オートセーブはWindows上の自動データバックアップユーティリティです。ファイルの新規作成、更新ごとに自動的にバックアップを作成します。従来のバックアップソフトと違い、意識することなく簡単にバックアップを取ることができます。


■注意事項(ご購入前に必ずご確認ください)
・OSをインストールする前に、そのOSがお使いのPCに対応しているかどうかをご確認ください。
・ご使用前に必ずOSの緊急起動ディスクをお作りください。また、重要なデータ等は必ずCD-R/RWやMOといったリムーバブルメディアへのバックアップを行ってください。
・USB、PCカード、IEEE1394で接続するHDDには未対応です。
・ノートPCの外付けHDDには対応していません。
・USB接続のフロッピーディスクドライブは、PCのBIOSが対応している場合は利用可能です。
・USB接続のマウスは、PCの機種によっては使用できない場合があります。
・SCSIのHDDに対する操作は、SCSIインターフェイスカードにBIOSが搭載されている必要があります。
・Windows 2000/XPのダイナミックディスクには対応していません。
・他の市販のブート管理ソフトとの併用はできません。
・MBRを書き換えるソフトウェア(GoBackなど)との併用はできません。
・ソフトウェアRAIDには対応していません。
・HDDを圧縮するソフトウェアとの併用はサポート対象外です。
・ご使用のビデオカードによっては、OS選択メニューのフルグラフィック表示ができない場合があります。フルグラフィック表示ができない場合でも、システムコマンダーをお使いいただくことは可能です。

■必要なシステム
システムコマンダー 7
・ 対応機種:OADGに準拠する各社DOS/V機、およびPC/AT互換機、NEC NXシリーズ
・ インストールに必要な環境:Windows 95/98/Me/NT/2000/XPまたはDOS
・ 起動ディスクを作成するために2枚の1.44MBフロッピーディスク
・ CPU:386以上のインテル互換CPU
・ハードディスクの空き容量:25MB以上

オートセーブ
・ 対応 OS: Windows 98/Me、Windows NT 4.0/2000/XP
・ ハードディスクの空き容量: 8MB以上

 

読者お問い合わせ先
株式会社ライフボート コンシューマ・プロジェクト
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251
E-Mail: consumer@lifeboat.jp
http://www.lifeboat.jp/

製品に関するお問い合わせ
株式会社ライフボート コンシューマ・プロジェクト
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251
E-Mail: consumer@lifeboat.jp

この記事に関するお問い合わせ
製品内容について
株式会社ライフボート コンシューマ・プロジェクト
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251
E-Mail: ako@lifeboat.jp

 
▲ UP