ホーム 製品情報 ダウンロード FAQ ご購入 お問い合せ
プレスルーム

 



HOME / プレスルーム / プレスリリース
平成15年1月17日
株式会社ライフボート
 
パーティション操作やハードディスクのコピーが行える
『DriveWorks』の新バージョン7を2月に発売
 

システムソフトウェア販売の株式会社ライフボート(代表取締役社長 山﨑 高弘、住所 〒101-0051東京都千代田区神田神保町2-2-34、TEL:03-3265-1250 FAX:03-3265-1251、URL: http://www.lifeboat.jp/) は、米国V Communications社(ヴィ・コミュニケーションズ社、本社:米国カリフォルニア州、社長:フランク・ヴァン=ギルヴェ)が開発した「DriveWorks(ドライブワークス)」の新バージョン「DriveWorks 7」の企画、日本語版の開発、マーケティングを行い、メガソフト株式会社(代表取締役 前坂 昇、本社 〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-38 西谷東急ビル、TEL: 06-6386-2058 FAX: 06-6386-4697、URL: http://www.megasoft.co.jp/)から2003年2月21日に店頭販売を開始します。標準価格は15,800円。1万本限定で「システムコマンダー 7 Plus」の公式ガイドブックが付属したキャンペーンパッケージを販売します。

DriveWorks 7は、マルチOS&パーティショニングユーティリティ「システムコマンダー 7 Plus」、ハードディスクのコピーツール「コピー コマンダー」、ハードディスクの完全消去ツール「セキュア イレイス」という3つのソフトウェアが同梱された、ハードディスク活用のためのユーティリティセットです。大きく次の4つの機能から構成されます。

◆データを保持したままパーティション操作
 - パーティションの作成/削除/フォーマット/サイズ変更/移動/コピー/操作を元に戻す/  完全消去
◆ ハードディスクのコピー/完全消去
◆ データの自動バックアップ
◆ 1台のPCで複数のOSの切り替え
 - Windows 3.x/95/98/Me, Windows NT/2000/XP, DOS, Linux, Solaris, BSD, etc.

DriveWorks 7は、DriveWorksのバージョンアップ版ですが、製品構成は前バージョンとは異なり、ハードディスクのイメージ作成機能を削除した代わりに、複数OSの切り替え機能が追加されています。DriveWorks 7は、これまで複数の製品を別々に購入し、それぞれのソフトの操作法を覚えなければなければならなかったハードディスク管理用ユーティリティを一つにまとめることで、多機能、ハイコストパフォーマンスを実現しました。また、多くの機能はインストールしないでCDからの起動で操作することができ、利便性を向上させています。さらに、10,000本限定で「システムコマンダー 7 Plus」の公式ガイドブックを同梱しており、ユーザの視点に立った使いやすい製品になっています
 
【バージョンアップについて】
旧バージョンのDriveWorksユーザへは、バージョンアップサービスを実施します。ライフボートへ登録済みのユーザに対して、別途バージョンアップの案内をメールDMで案内する予定です。
 
【優待販売について】
DriveWorks 7の発売に当たり、ライフボート登録ユーザに対して、特別優待販売を行います。優待販売の案内は、別途登録ユーザに対してメールDMで行う予定です。
 
【株式会社ライフボートについて】
ライフボートは、メガソフト株式会社の出資支援を受けて、2002年5月に設立、9月より営業を開始しました。
ライフボートでは、これまでに、V Communications社のコピー コマンダー、システムコマンダー 7 Plusなどのコンシューマ向け製品を発売しており、今後もパーティションコマンダーなど新製品を順次発売する予定です。また、W.Quinn社のStorageCentral、NetIQ社のWebTrendsなど、ネットワークおよびシステム管理者向けにフォーカスした製品も提供しています。
 
【メガソフト株式会社について】
メガソフトは、1983年に「パソコンの利用技術の開拓」を目的としたパッケージソフトウェア専業のソフトハウスとして創業しました。以来現在まで、パソコンの新しい使い方のアイディアを、具体的に使える形=ソフトウェアプロダクツにして提供しています。代表的な製品として、3Dマイホームデザイナー、3Dインテリアデザイナー、MIFES、STARFAXなどがあります。今後も、「誰にでも迷わずに使い始められる使いやすさと安心して使いつづけられる信頼性(=ユーザビリティーの高さ)」の向上を目指し、「使いやすさと信頼性」に裏打ちされた先進の技術で、「便利」・「快適」そして「感動」を提供できるソフトウェア開発を進めています。
 
【V Communications社について】
米国V Communications社は、1986年に設立された米国のソフトウェアベンチャーです。マルチOS管理ソフトウェアの世界のベストセラーソフト「システムコマンダー 7」や、パーティション操作ユーティリティ「パーティションコマンダー 6」等を開発しています。両ソフトとも、全米各誌で絶賛され、世界各国で高い評価を得ています。日本では、2002年より総代理店がライフボートに変更されました。今後、V Communications社の製品は、ライフボートより順次発売していく予定です。
 
【DriveWorks 7の機能について】

DriveWorks 7は、日本国内だけで60万セット以上の販売実績をもつ、マルチOS&パーティショニングユーティリティのフラッグシッププロダクト「システムコマンダー 7 Plus」、ハードディスクのコピーツール「コピー コマンダー」、ハードディスク/パーティションの完全消去ツール「セキュア イレイス」がセットになったパッケージです。

データを保持したままパーティションのサイズや構成を変更することができる他、Windows XPやWindows 2000/Me, Linuxを1台のPCで切り替えて使ったり、ハードディスク/パーティションの完全消去、ハードディスクの内容を他のハードディスクへ丸ごとコピー、Windowsデータの自動バックアップなど、便利でお得なユーティリティをそろえました。さらに、DriveWorks 7では、システムコマンダー 7 Plusを図解中心にわかりやすく説明した公式ガイドブックも付属しています。

 
【DriveWorks 7の多様な機能】
◆ データを保持したままパーティション操作:システムコマンダー 7 Plus
 - パーティションの作成/削除/フォーマット/サイズ変更/移動/コピー/操作を元に戻す/完全消去
◆ ハードディスクのコピー:コピー コマンダー
◆ ハードディスクの完全消去:セキュア イレイス
◆ データの自動バックアップ:システムコマンダー 7 Plusに付属のAutoSave
◆ 1台のPCで複数のOSを切り替える:システムコマンダー 7 Plus
 - Windows 3.x/95/98/Me, Windows NT/2000/XP, DOS, Linux, Solaris, BSD, etc.
◆ システムコマンダー 7 Plus公式ガイドブック同梱
 
【パーティション操作:システムコマンダー 7 Plus】

パーティションの作成、削除、サイズ変更、移動、コピーなど、さまざまなパーティション操作を直感的でわかりやすいインターフェイスで提供します。Windows NT/2000/XPにおけるさまざまなバージョンのNTFSもサイズ変更が可能です。また、FAT16、FAT32の相互変換の他、NTFSからFATへの変換も行なうことができます。さらに、圧縮されたNTFSボリュームも変換が可能です。

◎様々なファイルシステムに対応
FAT16、FAT16X、FAT32、FAT32X、NTFS、NTFS 2000、NTFS 5.1、Linux Ext2、Linux Swapなど標準的なファイルシステムをサポートしています。

◎パーティションウィザード搭載!
パーティションウィザードは、ハードディスクを解析した後、最適なパーティション構成を判断したり、新しいOSのための基本パーティションの作成などを自動的に処理します。Cドライブを大きくしてDドライブを小さくするなどの、パーティション構成の変更がウィザードで簡単に操作可能です。

◎ブータブルCDからの実行が可能!
パーティションウィザードやバックステップウィザード、パーティション操作など、CD-ROMから直接起動して実行できます。

◎パーティション操作を元に戻す バックステップウィザード
バックステップウィザードを使えば、一度実行したパーティション操作を簡単に元に戻すことができます。パーティションの削除の取り消しも可能です。

◎OSを起動せずにパーティション操作が可能
パーティション操作のためにOSを起動する必要がありません。また、パスワードを設定してBIOSレベルでPCをプロテクトすることもできます。MBRに感染するウィルスのチェック機能も搭載しています。

 
【ハードディスクのコピー:コピー コマンダー】

コピー コマンダーを使うことで、ハードディスクからハードディスクへ、OS、アプリケーション、データ、環境設定などを丸ごとコピーすることができます。ハードディスクを買い換えた場合など、現在使っている容量の小さなハードディスクから、より大きな容量のハードディスクへ、簡単にハードディスクのアップグレードが行えます。新しいハードディスクへ環境移行を安全、簡単、高速に行うことが可能です。

 
【コピー コマンダーを使うとこれだけ便利! 】

(一例です。お客様の環境によって異なりますので、あらかじめご注意ください。)
■通常の方法でハードディスクをコピー/移行する場合:
①既存のハードディスクのデータを、他のハードディスクやリムーバブルメディアへバックアップ

②PCに新しいハードディスクを接続

③新しいハードディスクのフォーマット

④OS/アプリケーション/ドライバなどの再インストール

⑤インターネット/ネットワークの再設定

⑥データのリストア

■コピー コマンダーを使ってハードディスクをコピー/移行する場合
①既存のハードディスクと新しいハードディスクを接続

②コピー コマンダーを起動

③OS/アプリケーション/データ/各種設定を丸ごとコピー

◎ワンクリックウィザード
コピー コマンダーを起動すると、コピーウィザードが起動します。「自動コピー」をクリックするだけで、コピー コマンダーが自動的にコピー元とコピー先のハードディスクを検出し、ハードディスクのコピーを開始します。これまでのように、コピー元ドライブとコピー先ドライブを選択設定する必要はありません。

◎大容量ハードディスクのサポート
160GBの大容量ハードディスクも動作検証済です。IDEでは160GB以上、SCSIでは2000GB(2テラバイト)まで設計上は対応しています。
※大容量ドライブへの対応は、BIOSが予め対応している必要があります。

◎高速コピー
データの書き込まれたセクタのみコピーを行い、未使用のセクタの処理をスキップすることで、高速コピーを実現しています。

◎複数パーティションのサイズ変更機能
パーティションが複数あっても心配ありません。全てのパーティションを確実に新しいハードディスクにコピーします。また、コピー元とコピー先のハードディスク容量が違っていても安心です。コピー先のハードディスク容量に合わせて自動的にパーティションのサイズ変更を行います。
※コピー先のハードディスクのパーティションのサイズを指定することはできません。

◎インストール不要
コピー コマンダーは、CR-ROMから起動して使用することができます。そのため、わざわざ面倒なインストールをする必要がないだけではなく、使用しているOSの種類に関係なく、使用することができます。

◎さまざまなハードディスクへ対応
E-IDE/IDE←→E-IDE/IDE、SCSI←→SCSI、E-IDE/IDE←→SCSI間でコピーが可能です

◎コピー可能なOS
Windows 3.x/95/98/Me, Windows NT/2000/XP, DOS, Linux, OS/2, BSD, Solaris, その他PCベースのすべてのOS


■ ハードディスクの完全消去:セキュア イレイス
セキュア イレイスは、ハードディスク内のデータを完全に消去することができます。通常、ハードディスクをフォーマットしたり、ファイルを削除することで、データは完全に削除されたと思われがちですが、実際には、削除されたデータに参照できないだけで、データ自体はハードディスク内に残っています。そのため、特殊なツールを使えば簡単に復元されてしまいます。
セキュア イレイスでは、このようなセキュリティ上の不安を解消し、データを完全に消去するツールです。

◎操作は簡単
わかりやすいインターフェイスで、操作は簡単です。削除したい領域をマウスで選択し、ウィザードに沿って進むことで領域内のデータが完全に消去されます。

◎選べる書き込みパターン
消去の方法は、次の4つのパターンで順に書き込みを行う方法と、4つの中から書き込みパターンを選択する方法があります。

パターン1:全てに”1”を書き込みます。
パターン2:ランダムパターンを書き込みます。
パターン3:パターン2で書き込んだものの”0”と”1”を反転させます。
パターン4:全てに”0”を書き込みます。

◎インストール不要
セキュア イレイスは、インストールすることなく、CDから起動して使用することができます。


■ データの自動バックアップ: AutoSave
オートセーブは、最新のActiveBackテクノロジーにより、ファイルのバックアップ/リストアを簡単、確実、かつ安全に実行することができます。
Windows 98/Me やWindows 2000/XP上で指定したファイルやフォルダを常時監視し、ファイルの新規作成や変更を検出、自動的にバックアップを行います。そのため、バックアップ意識することなく、大切なファイルのバックアップを行うことができます。

◎ファイルを変更するたびに自動バックアップ
ActiveBackテクノロジーにより、ファイルが新しく作られたり変更されたりしたことを自動的に検出し、バックアップを取ります。ファイルは、バックグラウンドで圧縮されるので、必要な容量も節約できます。

◎最大999世代までバックアップ可能な多世代バックアップ
◎ロギングモード搭載によるネットワーク/モバイルへの対応


■ OSのマルチブート:システムコマンダー 7 Plus
Windows XPやWindows 2000/Me, Linuxなどの複数のOSを、1台のPCで簡単に切り替えて使うことができます。PCの電源を入れるとOS選択メニュー画面が表示され、ここから起動したいOSを選択するだけで、目的のOSを起動させることができます。洗練されたインターフェースで、スキンを変更したり独自にカスタマイズすることも可能です。

◎マルチOS環境作成の強力なアシスタント OSウィザード
OSウィザードは、新しいOSをインストールするための環境作成を自動化してくれる強力なツールです。また、OSウィザードの初期値を変更することによって、自分に合ったカスタマイズ環境を設定することもできます。マルチOSのやり方がわからない人や、パーティション操作に不慣れな人も安心してマルチOSの環境を構築することができます。

◎OSのアンインストールも簡単 バックステップウィザード
バックステップウィザードを使えば、OSのアンインストールやパーティション操作を簡単に元に戻すことができます。短期間で必要がなくなる試供版やベータ版のOSも気軽に試してみることができます。

◎さまざまなOSを1台のPCにインストール
Windows 3.x/95/98/Me, Windows NT/2000/XP, DOS, Linux, Solaris, Free BSD, NEXTSTEP, OPENSTEP, SCO UNIX, UnixWare, 超漢字, BTRON 1B, BeOS, OS/2, NetWareなどのOSを共存可能です。

■ システムコマンダー 7 Plus公式ガイドブック同梱
「システムコマンダー 7 Plusのインストールはどうやればよいの?」「OSの共存の方法をわかりやすく教えてほしい。」そういったユーザの要望に添って、システムコマンダー 7 Plusの使い方やOSの共存の方法を、図解を中心にわかりやすく解説したガイドブックです。ガイドブックを活用することで、マルチOS構築やパーティション操作を安心して行うことができます。

 
【注意事項】

システムコマンダー 7 Plus、コピー コマンダー、セキュア イレイス共通
・OSをインストールする前に、そのOSがお使いのPCに対応しているかどうかをご確認ください。
・ご使用前に必ずOSの緊急起動ディスクをお作りください。また、重要なデータ等は必ずCD-R/RWやMOといったリムーバブルメディアへのバックアップを行ってください。
・USB、PCカード(PCMCIA)、IEEE1394(iLINK)で接続するHDDには未対応です。
・ノートPCの外付けHDDには対応していません。
・USB接続のフロッピーディスクドライブは、PCのBIOSが対応している場合は利用可能です。
・USB接続のマウスは、PCの機種によっては使用できない場合があります。
・SCSIのHDDに対する操作は、SCSIインターフェイスカードにBIOSが搭載されている必要があります。
・Windows 2000/XPのダイナミックディスクには対応していません。
・他のブート管理ソフトとの併用はできません。
・MBRを書き換えるソフトウェア(GoBackなど)との併用はできません。
・ソフトウェアRAIDには対応していません。
・HDDを圧縮するソフトウェアとの併用はサポート対象外です。
・ご使用のビデオカードによっては、OS選択メニューのフルグラフィック表示ができない場合があります。フルグラフィック表示ができない場合でも、システムコマンダーをお使いいただくことは可能です。

コピー コマンダー
・ハードディスクのマスター、スレーブドライブの設定、ケーブル接続についてのお問い合わせは、各ハードメーカーにお問い合わせ下さい。
・NEC PC-9800、PC-9821シリーズやMacintoshでフォーマットされたハードディスクのコピーは行えません。
・リムーバブルメディア(DVD, MO, Zip, JAZなど)や特殊なディスク(RAIDシステムやダイナミックディスク)、特殊な増設ボード(RAIDカードやUltra ATAコントローラーカード)には対応していません。
・ノートPCに内蔵のIDEハードディスクはご使用いただけます。

 
【必要なシステム】
■ 対応機種: IBM PC/AT互換機、NEC NXシリーズ(NEC PC-9800、PC-9821シリーズ、Macintoshでは動作しません)
■ インストールに必要な環境: Windows 95/98/Me、Windows NT/2000/XP, DOS
 ※AutoSaveは、Windows 98/Me/2000/XPのみに対応します。
 ※コピー コマンダー、セキュア イレイスは、インストールできません。
■ コピー コマンダー、セキュア イレイスを使用するには、起動可能なCD-ROMドライブが必要です。
■ システムコマンダーの使用には、起動可能なフロッピーディスクドライブが必要です。
 (フロッピーディスクドライブがない場合は、サポート対象外となります。)
■ CPU: 386、486、Pentium以上のインテル互換CPU
■ メモリ: 128MB以上
■ ハードディスクの空き容量: 35MB以上
 

読者お問い合わせ先
株式会社ライフボート コンシューマ・プロダクト部
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251
E-Mail: consumer@lifeboat.jp
http://www.lifeboat.jp/

製品に関するお問い合わせ
株式会社ライフボート コンシューマ・プロダクト部
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251
E-Mail: consumer@lifeboat.jp

この記事に関するお問い合わせ
製品内容について
株式会社ライフボート コンシューマ・プロダクト部
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251
E-Mail: ako@lifeboat.jp

 
▲ UP