ホーム 製品情報 ダウンロード FAQ ご購入 お問い合せ
プレスルーム

 



HOME / プレスルーム / プレスリリース
平成15年6月23日
株式会社ライフボート
 
ライフボートがハウリ社と業務提携し、
セキュリティ対策ソフト『インターネット ウイルス プロテクターV4』を7月に発売
 

システムソフトウェア販売の株式会社ライフボート(代表取締役社長 山崎 高弘、住所 〒101-0051東京都千代田区神田神保町2-2-34、TEL:03-3265-1250 FAX:03-3265-1251、URL: http://www.lifeboat.jp/) は、コンピュータウイルス対策プログラムの開発大手ハウリ社(本社 韓国ソウル市、CEO クォン ソク チョル、http://www.hauri.co.kr/)が開発した製品「インターネット ウイルス プロテクターV4」の企画、日本語版の開発、マーケティングを行い、メガソフト株式会社(代表取締役 前坂 昇、本社 〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-38 西谷東急ビル、TEL: 06-6386-2058 FAX: 06-6386-4697、URL: http://www.megasoft.co.jp/)を通じて2003年7月11日に店頭販売を開始します。シングルライセンス版の標準価格は4,800円で全国のパソコンショップを中心に販売し、初年度10万本の出荷を見込んでいます。
今回、ライフボートでは、発売記念キャンペーンとしてシングルライセンス版(標準価格4,800円)2本分に相当する『インターネット ウイルス プロテクターV4 発売記念キャンペーン(2ライセンス版)』を初回3万本限定の特別価格6,800円で提供します。

ブロードバンドの普及が急速に進み、常時接続によるコンピュータウイルスの被害は一般家庭にまで大きな影響を与えています。PCのユーザを取り巻く環境がブロードバンドを通じて大きく変化・拡大しつつある市場に対して、ライフボートは従来から提供してきたユーティリティ製品にセキュリティ対策を加えた総合的なメンテナンスのツール群をユーザに提供していく必要性を強く感じていました。一方、韓国のウイルス対策ベンダーで優れた技術力により韓国の官庁や金融関連をはじめとした大手企業に多数の導入実績をもつハウリ社は、日本市場に参入するために日本のソフトウェアビジネスに精通したパートナを探していました。
今回、ライフボートがこれまでユーティリティ製品を市場へ供給してきた中で培ってきたノウハウをハウリ社が開発した製品へ生かし、日本市場に投入していくことで両社の思惑が一致し、今年の4月から業務提携を開始しました。
今後、ライフボートでは既に提供している「システムコマンダー 7 Plus」や「コピー コマンダー」等のユーティリティ群に加え、インターネット関連のセキュリティ製品5タイトルを今年度中にリリースし、総合的なメンテナンス環境をユーザに提供していく計画です。

『インターネット ウイルス プロテクターV4』は、コンピュータウイルスの検出と駆除を行うアンチウイルス機能の他、一方的に送りつけられてくる迷惑メール(スパムメール)のフィルタリング機能、障害発生時のデータ喪失に備えたハードディスクのバックアップ機能を備えた総合的なセキュリティ対策ソフトウェアです。また、初心者の方にも使いやすいように図解を豊富に盛り込んだわかりやすいガイドブック『インターネット ウイルス プロテクターV4 公式ガイドブック』が標準添付されています。

従来のアンチウイルスソフトでは、ウイルス検出に非常に時間が掛かる、パターンファイルアップデートの方法が複雑、感染してしまったファイルは諦めるしかない、という難点がありました。

『インターネット ウイルス プロテクターV4』はウイルス情報をコンパクトにまとめたエンジンを内蔵しているためウイルスを高速で検出・駆除できます。ワンクリックアップデートにより従来面倒だった最新ウイルスへのエンジンアップデートが簡単に実現できます。また、万が一ウイルスに感染してしまった場合に備えてCD/DVDへのディスク丸ごとバックアップ機能を装備し、さらに初年度のエンジンアップデート期間を2年間とするなど万全の体制で、従来の問題を克服しました。

 
【『インターネット ウイルス プロテクターV4』の主な機能】
◆ ウイルス対策機能(アンチウイルス)
- 高速なウイルス検出/駆除
- エクスプローラやMS-Outlookへのプラグイン機能
- リアルタイム監視機能
- 簡単アップデート
- マクロウイルス対応
- 30種類以上の圧縮ファイルをサポート
- 復旧ディスクの作成

◆ 迷惑メール遮断機能(アンチスパム)

◆ システムバックアップ機能
- 分割バックアップ
- ブータブルCD/DVDの作成
- 専用ウィザードで簡単にバックアップ
- 復元時、パスワードによるセキュリティ機能

◆ 2年間のパターンファイルのアップデートサービス付き

◆ ウイルス対策がわかる公式ガイドブック付き
 
【製品ラインナップ】
今回のリリースでは、シングルライセンス版のほか、企業や学校などで複数のクライアント用としてマルチライセンス版やサーバ向けのWindows Server版とLinux Server版を提供します。

・インターネット ウイルス プロテクターV4 シングルライセンス版  標準価格 4,800円
・インターネット ウイルス プロテクターV4 発売記念キャンペーン
(2ライセンス版)
特別価格 6,800円
・インターネット ウイルス プロテクターV4 マルチライセンス10  標準価格 35,000円
・インターネット ウイルス プロテクターV4 マルチライセンス25  標準価格 78,000円
・インターネット ウイルス プロテクター Windows Server版  標準価格 34,800円
・インターネット ウイルス プロテクター Linux Server版 標準価格 34,800円
 
製品の詳細については、こちらをご覧ください。
製品のパッケージ画像につきましては、こちらからダウンロードすることができます。
 
【株式会社ライフボートについて】
ライフボートは、メガソフト株式会社の出資支援を受けて、2002年5月に設立、9月より営業を開始しました。
ライフボートでは、これまでに、V Communications社のコピー コマンダー、システムコマンダー 7 Plus、DriveWorks 7、パーティションコマンダー 8などのコンシューマ向け製品を発売しており、シェルパ ソフトウェア インターナショナル社のMail Attender (メールアテンダー)/ PST Attender (ピーエスティーアテンダー)やNetIQ社のWebTrendsなど、ネットワークおよびシステム管理者向けにフォーカスした製品も提供してまいりました。今回のハウリ社との契約と製品リリースを通じて、新たな事業軸としてライフボートはインターネット&セキュリティ市場へ本格的に参入します。
 
【メガソフト株式会社について】
メガソフトは、1983年に「パソコンの利用技術の開拓」を目的としたパッケージソフトウェア専業のソフトハウスとして創業しました。以来現在まで、パソコンの新しい使い方のアイディアを、具体的に使える形=ソフトウェアプロダクツにして提供しています。代表的な製品として、3Dマイホームデザイナー、3Dインテリアデザイナー、MIFES、STARFAXなどがあります。今後も、「誰にでも迷わずに使い始められる使いやすさと安心して使いつづけられる信頼性(=ユーザビリティーの高さ)」の向上を目指し、「使いやすさと信頼性」に裏打ちされた先進の技術で、「便利」・「快適」そして「感動」を提供できるソフトウェア開発を進めています。
 
【ハウリ社について】
韓国ハウリ社は、1998年に韓国で設立されたウイルス対策ソフトウェアとデータ復元ソフトウェアを専門に開発しているソフトウェアベンチャーです。ハウリ社独自の技術を使ってコンピュータウイルスの予防、診断、治療に関する技術研究と開発、ワクチン開発を専門に手がけています。
 

読者お問い合わせ先
株式会社ライフボート インターネット&セキュリティ プロダクト部
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251
ispアットマークlifeboat.jp
http://www.lifeboat.jp/

製品に関するお問い合わせ
株式会社ライフボート インターネット&セキュリティ プロダクト部
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251
ispアットマークlifeboat.jp

この記事に関するお問い合わせ
株式会社ライフボート 広報担当 阿子島
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251
E-Mail: pr@lifeboat.jp

 
▲ UP