ホーム 製品情報 ダウンロード FAQ ご購入 お問い合せ
プレスルーム

 



HOME / プレスルーム / プレスリリース

2004年1月29日
株式会社ライフボート

 

ハードディスクの消去ツール『デリート コマンダー 8』を2月20日より販売開始

 

システムソフトウェア販売の株式会社ライフボート (代 表取締役社長 山﨑  高弘、 住所 〒 101-0051東京都千代田区神田神保町2-2-34、TEL:03-3265-1250 FAX:03-3265-1251、URL: http://www.lifeboat.jp/) は、米国V Communications社( ヴィ・コミュニケーションズ社、本社:米国カリフォルニア州、社長:フランク・ヴァン =ギルヴェ ) が開発したハードディスクの消去ツール「デリート コマンダー 8(デリート コマンダー・エイト)」の企画、日本語版の開発、マーケティングを行い、メガソフト株式会社(代表取締役 前坂 昇、本社 〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-38 西谷東急ビル、TEL: 06-6386-2058 FAX: 06-6386-4697、URL: http://www.megasoft.co.jp/)から2004年2月20日に店頭販売を開始します。標準価格は4,800円。全国のパソコンショップを中心に販売し、初年度の売上として1億円を見込んでいます。

パソコンのデータは、ハードディスクをフォーマットしたり、 Windowsのごみ箱を空にすることで消去されたと思われがちですが、実際にはハードディスク上のデータを参照できないだけで、データ復旧用のツールを使うことで簡単に復元されてしまいます。このため、リサイクルや廃棄されたパソコンから個人情報など悪用されるケースが発生し、問題となっています。デリート コマンダー8は、ハードディスクの中身を丸ごと復旧不可能な形で消去することで、こうした個人情報の漏洩や悪用を防ぐことができるユーティリティです。現在ライフボートで販売中の製品「DriveWorks 7」、「Fix-It Utilities Pro」に含まれる機能「セキュア イレイス」の新バージョンに当たります。消去の方式は、初心者にも迷うことのないように、米国国防総省の規格に準拠した強力な消去方式「完全セキュリティ」と、高速な消去方式「高速セキュリティ」の2通りに簡素化されています。また、わかりやすいウィザードでわずか3ステップで作業が実行できる他、CDから起動することでインストールすることなく、OSに依存せず使用することができます。

デリート コマンダー 8は次のような特長を持っています。

【 デリート コマンダー 8の機能 】

◆わずか 3ステップの簡単な操作

◆ハードディスクの中身を完全に消去

◆特定のパーティションを選択して消去

◆米国国防総省の規格に準拠

◆インストール不要

◆ Windowsはもちろん、LinuxやSolaris、OS/2、NetWareなど、パソコンで動作するあらゆるOSに対応

◆ 200GBを超えるBigDrive(大容量ハードディスク)のサポート

◆個人の自己所有のパソコンはライセンス無制限

デリート コマンダー 8は、パソコンの入れ替えなどに伴うデータの漏洩防止対策として、企業向けにも大きな需要を見込めることから、「デリート コマンダー8 コーポレート版」もあわせて販売します。コーポレート版の標準価格は98,000円。100台までのパソコンで使用可能なライセンスを含んだ製品です。メガソフトや流通各社を通じて販売を行い、初年度50,000ライセンスの販売を見込んでいます。

 
【 バージョンアップ /優待販売について 】

デリート コマンダー 8 の発売に当たり、 DriveWorks、Fix-It Utilities Proのユーザに対してバージョンアップサービスを実施します。また、ライフボート登録ユーザに対して、優待販売を行います。詳細は、別途登録ユーザに対してメールDMで行う予定です。

 
【 株式会社ライフボートについて 】

ライフボートは、メガソフト株式会社の出資支援を受けて、 2002年5月に設立、9月より営業を開始しました。

ライフボートでは、これまでに、 V Communications社のコピー コマンダー、システムコマンダー 7 Plus、パーティションコマンダー8、Fix-It Utilitiesシリーズなどのユーティリティ製品を発売しており、今後も新製品を順次発売する予定です。また、 2003年7月には、韓国ハウリ社のウイルス対策ソフト インターネット ウイルス プロテクター V4も発売し、セキュリティ市場へも製品も提供しています。

 
【 メガソフト株式会社について 】

メガソフトは、 1983年に「パソコンの利用技術の開拓」を目的としたパッケージソフトウェア専業のソフトハウスとして創業しました。以来現在まで、パソコンの新しい使い方のアイディアを、具体的に使える形=ソフトウェアプロダクツにして提供しています。代表的な製品として、3Dマイホームデザイナー、3Dインテリアデザイナー、MIFES、STARFAXなどがあります。今後も、「誰にでも迷わずに使い始められる使いやすさと安心して使いつづけられる信頼性(=ユーザビリティーの高さ)」の向上を目指し、「使いやすさと信頼性」に裏打ちされた先進の技術で、「便利」・「快適」そして「感動」を提供できるソフトウェア開発を進めています。

 
【 V Communications社について 】

米国 V Communications社は、1986年に設立された米国のソフトウェアベンチャーです。マルチOS管理ソフトウェアの世界のベストセラーソフト「システムコマンダー」や、パーティション操作ユーティリティ「パーティションコマンダー」などを開発しています。両ソフトとも、全米各誌で絶賛され、世界各国で高い評価を得ています。日本では、2002年末より総代理店がライフボートに変更されています。

 
このプレスリリースについてのお問い合わせ

読者お問い合わせ先

株式会社ライフボート ユーティリティ・プロダクト部
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251

E-Mail: consumer@lifeboat.jp

http://www.lifeboat.jp/

製品に関するお問い合わせ

株式会社ライフボート ユーティリティ・プロダクト部
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251

E-Mail: consumer@lifeboat.jp

この記事に関するお問い合わせ

製品内容について

株式会社ライフボート 広報室

TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251

E-Mail: pr@lifeboat.jp



※ 社名について:当社の社名は「ライフボート」です。ライフボードではありません。
 
▲ UP