ホーム 製品情報 ダウンロード FAQ ご購入 お問い合せ
プレスルーム

 



HOME / プレスルーム / プレスリリース

2004年3月8日
株式会社ライフボート

 
 
 

こどもに危険なホームページを見せない!!『インターネット見張り番』を3月19日より販売開始

 
 

システムソフトウェア販売の株式会社ライフボート( 代表取締役社長 山﨑 高弘、住所 〒101-0051東京都千代田区神田神保町2-2-34、TEL:03-3265-1250 FAX:03-3265-1251、URL: http://www.lifeboat.jp/ )は、株式会社アイキュエス( 本社:東京都中央区新富1-1-6、代表取締役:饗場 金蔵 )、および株式会社エスコンピュータ( 本社:大阪府大阪市北区野崎町6-8、代表取締役社長:長谷部 暁 )がそれぞれ供給するWeb利用管理および周辺機器制御のソフトウェアに関するOEM契約を締結し、家庭用ホームページ閲覧制限ツール『インターネット見張り番(いんたーねっとみはりばん)』の企画、開発、マーケティングを行い、メガソフト株式会社( 代表取締役 前坂 昇、本社 〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-38 西谷東急ビル、TEL: 06-6386-2058 FAX: 06-6386-4697、URL: http://www.megasoft.co.jp/ )から2004年3月19日に店頭販売を開始します。標準価格は5,800円。全国のパソコンショップを中心に販売し、初年度の導入先として2万世帯、売上として1億円を見込んでいます。


インターネットにはあらゆる情報が揃っていて便利な反面、暴力や薬物など犯罪に結びつく危険な情報や、アダルト、残虐な画像など問題のある情報にも簡単に接触できます。見慣れたホームページでリンクをクリックしただけで望まない画像や文章が不意に表示されるのは不愉快なものです。特に、判断力が未熟なお子様がインターネットを安全に利用するにはインターネットの見張り番の存在が不可欠です。

現状、インターネットの利用は閲覧者側の自己責任が前提となっています。このため、ここ数年で国内の一般家庭へのブロードバンドの普及が急激に進行したことによるインターネット利用者の増加が同時にインターネットを媒体として発生するこれまでにみられなかった種類の犯罪や事故を増加させ、既に大きな社会問題へと発展しつつあります。

今後、これらの問題を未然に防止するためには、特に未成年者を家族に持つ家庭内での有害情報対策が必須となり、その対策を提供するために用意された製品が『インターネット見張り番』です。

 
 
インターネット見張り番』はインターネット利用に関するご家庭での様々な悩みを解決します

■「子供部屋にパソコンが置いてあるため何に使っているのかわからないので不安だ。」
⇒『インターネット見張り番』がインターネットの利用状況を自動的に記録するため、お子様が実際にインターネットをどのように利用したのかを後で把握することができます。

■「子供が一日中インターネットをしていて他のことには見向きもしない。利用時間を制限できたらいいのに。」
⇒『インターネット見張り番』は、曜日や時間帯を指定してその時間帯にはホームページ閲覧が一切遮断されるように自動的に制御することができます。

■「電話料金が、そんなに使った覚えが無いのに急に月額数万円になった。」
⇒アダルトサイトの中には利用者が気づかないうちに海外電話やダイヤルQ2に接続するような仕組みになっていることがよくあります。『インターネット見張り番』のデータベースに有害なアダルトサイトとして登録されているホームページへの訪問を禁止できます。

■「最近ニュースで聞く自殺サイトや麻薬サイトに子供が影響を受けて非行や犯罪に走らないか心配。」
⇒『インターネット見張り番』は、暴力、ドラッグ、ギャンブル、戦争・武器を始めとする社会的に危険なホームページを閲覧できないようにします。また、「自殺」や「麻薬」といったキーワードを含むホームページの閲覧を禁止したり、該当キーワードだけ空白として表示させたりすることができます。

■「自分がいない間に勝手にパソコンを操作されないようにできないだろうか。」
⇒『インターネット見張り番』のパソコンロック機能により、鍵となるUSB機器を使ってパソコンにロックをかけることができます。そのUSB機器を持っていない第三者は勝手にパソコンを操作できません。

■「ある日、宅配便で息子あてに不審な荷物が届いた。あけてみたらアダルトグッズが出てきた。」
⇒『インターネット見張り番』は、アダルトサイトやショッピングサイトに分類されるホームページの利用を禁止することができます。

■「最近娘が高額の洋服やアクセサリーを買い込んでいる。小遣いは増やしていないし、アルバイトもしていないようなのに。」
⇒オークション情報の交換にはインターネットの掲示板がよく使われます。『インターネット見張り番』は、掲示板での不適切な内容の書き込みや、オークション出品時の個人情報の書き込みをブロックできます。

■「家族で PCを共用しているが、あるときから急に見覚えの無いメールアドレスから英語のEメールが届くようになった。そのEメールを開くとわいせつな内容が書かれていた。」
⇒悪質なWebサイトでは、そこを訪れた人のコンピュータにスパイウェアと呼ばれる盗聴プログラムを仕掛ける場合があります。スパイウェアが収集する電子メールなどの個人情報を勝手にDMに利用する好意はスパムメールとして社会問題化しています。『インターネット見張り番』はトラップとして分類されるWebサイトへの閲覧を禁止することができます。

■「有害なホームページは毎日新しく作られるのだからサーチエンジンを使って有害な単語に関連する情報を検索されたらお手上げではないのだろうか。」
⇒サーチエンジンへのキーワード送信前にブロックをします。また、決められたホームページしか利用できないホワイトリスト方式を利用することができますので、できたばかりのホームページへの対応漏れやタイムラグが発生する心配がありません。

 
 
インターネット見張り番』には次の4つの特長があります。
《 こどもに危険なホームページを見せない!! 》

◎ 危険な情報を発信しているホームページをお子様から見えないようにすることができます。
◎ 有害なキーワードでの検索を阻止できます。
◎ 32種類合計約16万件約3万語の豊富な国産のデータベースを利用できます。

《 インターネットやコンピュータの利用時間を制限 》

◎ 曜日と時間を指定してインターネットの利用時間を制限することができます。
◎ 他人がコンピュータを勝手に利用できないようにロックをかけることができます。

《 情報漏えい対策も万全 》

◎ インターネット掲示板への不適切な書き込みができないようにします。
◎ Webメールで不適切な言葉を送信できないようにします。
◎ 個人名やクレジットカード番号、住所など、個人情報をインターネットに送信できないようにします。

《 実際のインターネット利用状況を把握 》

◎お子様が実際にどのホームページを見ていたか、後で確認することができます。
◎ 見せたくない情報を実際に見ようとしたかどうかがわかります。

 
 
【 優待販売について 】

インターネット見張り番』の発売に当たり、ライフボート登録ユーザに対して、優待販売を行います。詳細は、別途登録ユーザに対してメールDMでお知らせする予定です。

 
【 株式会社アイキュエスについて 】
株式会社アイキュエスは1997年に設立されたソフトウェアベンチャーです。学校・教育機関向けのソフトウェア、特にWeb利用管理についてのソフトウェア開発技術には定評があります。2004年2月にライフボートとOEM契約を締結し、『インターネット見張り番』のWeb利用管理機能のためのモジュールを開発し、ライフボートに対してOEM供給しています。
 
【 株式会社エスコンピュータについて 】
株式会社エスコンピュータは、1992年に設立されたパソコンの周辺機器関連のソフトウェア開発を専門に手がけているソフトハウスです。2004年2月にライフボートとOEM契約を締結し、『インターネット見張り番』のパソコンロック機能のためのモジュールを開発し、ライフボートに対してOEM供給しています。
 
【 株式会社ライフボートについて 】

ライフボートでは、これまでに、HAURI社のウイルス対策ソフト インターネット ウイルス プロテクターV4などのセキュリティ対策製品を発売しており、V Communications社のコピー コマンダー、システムコマンダー 7 Plus、パーティションコマンダー8、Fix-It Utilitiesシリーズ、デリート コマンダー8などのユーティリティ製品も発売しております。今後も新製品を順次発売する予定です。

 
【 メガソフト株式会社について 】

メガソフトは、 1983年に「パソコンの利用技術の開拓」を目的としたパッケージソフトウェア専業のソフトハウスとして創業しました。以来現在まで、パソコンの新しい使い方のアイディアを、具体的に使える形=ソフトウェアプロダクツにして提供しています。代表的な製品として、3Dマイホームデザイナー、3Dインテリアデザイナー、MIFES、STARFAXなどがあります。今後も、「誰にでも迷わずに使い始められる使いやすさと安心して使いつづけられる信頼性(=ユーザビリティーの高さ)」の向上を目指し、「使いやすさと信頼性」に裏打ちされた先進の技術で、「便利」・「快適」そして「感動」を提供できるソフトウェア開発を進めています。

 
 
 

このプレスリリースについてのお問い合わせ


読者お問い合わせ先

株式会社ライフボート インターネット&セキュリティ プロダクト部
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251

ispアットマークlifeboat.jp

http://www.lifeboat.jp/

製品に関するお問い合わせ

株式会社ライフボート インターネット&セキュリティ プロダクト部
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251

ispアットマークlifeboat.jp

この記事に関するお問い合わせ

株式会社ライフボート 広報室

TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251

E-Mail: pr@lifeboat.jp



※ 社名について:当社の社名は「ライフボート」です。ライフボードではありません。
 
▲ UP