ホーム 製品情報 ダウンロード FAQ ご購入 お問い合せ
プレスルーム

 



HOME / プレスルーム / プレスリリース
 

2006年3月3日
株式会社ライフボート

   
   
   
 

ライフボートが検知率世界No.1のウイルス/スパイウェア対策ソフト

『カスペルスキー アンチウイルス5』のダウンロード販売を3月3日から開始

   
   
 

システムソフトウェア販売の株式会社ライフボート(代表取締役社長 山﨑 高弘、本社:〒101-0051東京都千代田区神田神保町2-2-34、TEL: 03-3265-1250、FAX: 03-3265-1251、URL: http://www.lifeboat.jp/)は、世界有数のセキュリティソフトウェア開発ベンダKaspersky Labs International Ltd.(CEO Natalya Kaspersky、本社:10 Geroyev Panfilovtsev St., 125363, Moscow, Russian Federation)が開発したウイルス検知率世界No.1(※1)のアンチウイルスソフトKaspersky Anti-Virus Personal5.0について、同社の日本法人である株式会社Kaspersky Labs Japan(代表取締役社長 川合 林太郎、本社:〒101-0032東京都千代田区岩本町3-2-3千代田岩本ビル4F、TEL: 03-5687-7839、FAX: 03-5687-7804、URL: http://www.kaspersky.co.jp/)との間で同製品に関する日本国内での独占的なライセンス販売契約を結んでいるライフボートが日本語化して昨年10月末の発売開始以降すでに12万本以上の出荷実績(※2)がある『カスペルスキー アンチウイルス5』のダウンロード販売を2006年3月3日より開始します。ライフボートでは、まず株式会社ベクターが運営するPCショップ プロレジ(http://shop.vector.co.jp/service/catalogue/sr077622/)にて2006年3月30日まで期間限定のキャンペーン販売(特別価格3,990円、本体価格3,800円)を開始し、順次国内主要オンラインショッピングサイトでの販売を開始します。

(※1)AV-Comparatives(http://www.av-comparatives.org/)、2006年2月調べ
(※2)パッケージ商品のみ、試用版やプリインストール版は含まれません

   
  昨年2005年には1ヶ月平均6,368個の悪性プログラム(ウイルスやスパイウェア)が新規に出現しました(http://www.lifeboat.jp/products/kav5/news/news20060210001.html)。1時間当たり約8.7個の割合で新規に出現する悪性プログラムに対抗するには、対応の早さが何よりも重要です。
   
 

『カスペルスキー アンチウイルス5』には次の特長があります:
◎ ウイルス検知率世界No.1(AV-Comparatives、2006年2月調べ)
◎ 新規ウイルス対応世界最速(AV-Test GmbH、2005年12月調べ)
◎ あらゆるスパイウェアに対応
◎ アップデート回数1日平均24回以上
◎ 対応圧縮・アーカイブ方式900種類以上
◎ 権威ある110種類以上の賞を受賞(2006年2月現在)

『カスペルスキー アンチウイルス5』は、新規悪性プログラム出現時のアップデート対応が平均で1時間26分(Response times of antivirus vendors to outbreaks during Q1-Q2 2005, AV-Test GmbH)と世界最速であり、他社の追随を許しません。このスピードを生かした1日平均24回以上のアップデートにより、次々に現れるウイルス/スパイウェアに対してきめ細かい対策を実現可能にします。

   
  ■『カスペルスキー アンチウイルス5』の機能
  ◎ ウイルス、ワーム、トロイの木馬対策
    標準データベースにより以下の悪性コード対策が可能:
◆ ウイルス(成りすまし型/追加型/挿入型/EPO型/コンパニオン型ファイルウイルス、ブートセクタウイルス、マクロウイルス、スクリプトウイルス、他)
◆ ワーム(Emailワーム、インスタントメッセージンングワーム、インターネットワーム、IRCワーム、NETワーム、PtoPワーム、ファイル共有ネットワークワーム、他)
◆ トロイの木馬(バックドア、トロイの木馬、パスワード型トロイの木馬、トロイの木馬型ダウンローダ、トロイの木馬型ドロッパ、トロイの木馬型クリッカ、トロイの木馬型プロキシ、トロイの木馬型スパイウェア、トロイの木馬型ノーティファイア、アーカイブ爆弾、他)
  ◎ スパイウェア対策
    拡張データベースにより以下の悪性コード対策が可能:
◆アドウェア(広告関連のプログラム)
◆リスクウェア(リモート管理プログラム、キーボードスパイ、パスワード盗聴、有料サイトへの自動ダイアルアップ)
◆ポルノウェア(ポルノサイトへの自動ダイアルプログラム、性的に露骨な出版物の自動ダウンロードプログラム)
  ◎ オンデマンドスキャン
    3段階のスキャンレベル、スキャン対象選択、スケジュール機能、ログ機能
  ◎ リアルタイム保護
    3段階の保護レベル、ファイル保護、Email保護(POP3、SMTP)、ネットワーク攻撃保護(攻撃元ブロック、ステルスモード)、スクリプトモニタ、ログ機能
  ◎ アップデート
    1日平均24回以上に及ぶ世界一のアップデート頻度(AV-Test GmbH、2004年8月調べ)により、出現したばかりのウイルスにもすぐに対応。平均50KB以下のネットワークに負荷をかけない小さなアップデートファイル。
  ◎ 隔離・バックアップ
    第2世代ヒューリスティック解析により検出したデータベース未登録のコードを隔離。
  ◎ 高速化テクノロジー
    iARC(TM)(多重アーカイブ処理技術)、iChecker(TM)(スキャン高速化技術)、iCure(TM)(アーカイブファイルを展開せずに処理する技術)、iStreams(TM)(NTFSストリームのウイルスチェックをするための新技術、特殊なファイル傍受ドライバによる不正アクセス傍受)
  ◎ 詳細なレポート機能
    ◆レポートの種類
リアルタイムメール保護レポート、リアルタイムスクリプトモニタリングレポート、リアルタイムファイル保護レポート、リアルタイムネットワーク保護レポート、データベースアップデートレポート、スタートアップオウジェクトスキャンレポート、フルスキャンレポート、オブジェクトスキャンレポート
◆レポート内容
統計情報(開始時刻、終了時刻、実行時間、アップデートサイズ、ダウンロードサイズ、スキャンしたオブジェクトの総数、検出された危険なオブジェクトの数、駆除されたウイルスの数、削除されたオブジェクトの数、隔離されたオブジェクトの数、確認された攻撃の数、スキャンされたスクリプトの数、検出された疑わしいスクリプトの数、ブロックされたスクリプトの数)、レポート内容(オブジェクト)、設定情報
◆オプション
異常のみ表示、正常・異常を両方表示、レポートのエクスポート機能、サポートセンターへのレポート転送機能
  ◎運用支援機能
    システム情報取得機能、隔離されたウイルスの解析依頼、ウイルス百科事典
   
   
   
 
   
  【Kaspersky Labs International Ltd.について】
  Kaspersky Labは1997年6月に設立され、情報セキュリティソフトウェアを提供している国際的なコンピュータソフトウェアベンダーです。
Kaspersky Labsは、ロシア(本社)、フランス、イギリス、ドイツ、オランダ、ポーランド、アメリカ合衆国、日本、中国に事業所を展開し、優れたパートナーネットワークを通して世界60カ国以上に対してウイルス、ハッカー、スパム対策製品を提供しています。
Kaspersky Labはこれまで、アーカイブ・圧縮ファイル用ウイルス検出ソフト、Sendmail、Qmail、PostfixのためのLinux、FreeBSD、BSDi用アンチウイルスソリューション、マクロウイルス対策ソフト、Palm OSやWindows CEが稼動するフルスケールのPDAやモバイルデバイスの保護、SymbianおよびWindowsモバイルプラットフォーム上のウイルス除去に関する技術を世界で初めて提供した、世界のウイルス対策分野におけるリーダー的存在です。
Kaspersky Labのアンチウイルス研究所には、同社の創業者でありウイルス対策における世界的なカリスマであるEugene Kaspersky(ユージン・カスペルスキー)所長以下250名の才能豊なスペシャリストを擁し、内9名がMBA(経営修士)、15名がPhD(博士号)を取得しています。さらに2名は CARO(Computer Anti-Virus Researchers Organization) のメンバーとなっています。
ウイルスに関する情報を集めた「ウイルス百科事典」(http://www.viruslistjp.com/)は世界最大規模(Kaspersky Labによる、2006年2月現在の登録データベース件数約18万件)を誇ります。
   
  【株式会社Kaspersky Labs Japanについて】
 

Kaspersky Labs International Ltd.の日本市場進出を目的として2004年2月に設立されました。日本国内の官公庁や教育機関に対するライセンス販売とサポートを提供しています。国内で現在4台が稼動中のデータベース配信サーバは株式会社Kaspersky Labs Japanが運用・管理しています。

URL http://www.kaspersky.co.jp/

   
  【 株式会社ライフボートについて 】
  ライフボートでは、これまでにKaspersky Lab社の「カスペルスキー アンチウイルス5」、エスコンピュータ社の「キチッと秘密メディアロック2」、「USB HardLocker」、「カチャッとUSBパソコンロック2」、「サクッとチェックおでかけメール」、トムキャットコンピュータ社の「パスワードCD/DVD」などのセキュリティ製品を発売しており、Paragon社の「LB コピー コマンダー8」、「LB Image Backup 7 Basic」、Avanquest USA社の「LB オートセーブ2」、「システムコマンダー8」、「ドライブワークス8」、「パーティションコマンダー8」、「デリート コマンダー8」、「Win軽快ツールズ5」などのユーティリティ製品も発売しております。今後も新製品を順次発売する予定です。
   
   
 

このプレスリリースについてのお問い合わせ

読者お問い合わせ先

株式会社ライフボート インターネット&セキュリティ プロダクト部
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251

クリックすると、問合せフォーム(ご購入されていないお客様用)に移動します。

製品に関するお問い合わせ

株式会社ライフボート インターネット&セキュリティ プロダクト部
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251

クリックすると、問合せフォーム(ご購入されていないお客様用)に移動します。

この記事に関するお問い合わせ

株式会社ライフボート 広報室 阿子島(あこじま)

TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251

クリックすると、ライフボート広報宛のお問合せフォームに移動します。

※ 記事等ご掲載いただく際は、貴誌名、発売日等事前にご一報いただけますようお願いいたします。

※ 社名について:当社の社名は「ライフボート」です。ライフボードではありません。

   
  ▲ UP