ホーム 製品情報 ダウンロード FAQ ご購入 お問い合せ
プレスルーム

 



HOME / プレスルーム / プレスリリース
 

2006年6月27日
株式会社ライフボート

   
   
   
 

ライフボートが

指紋認証トークン『FIU-810-N03』に対応した

個人情報漏えい防止ツール『USB HardLocker PUPPY版』を新発売


第一弾として、
日本テレコム社の

ULTINAマネージドサービス指紋認証「PUPPY」 プランの

オプションとして販売開始

   
   
 

システムソフトウェア販売の株式会社ライフボート(代表取締役社長 山﨑 高弘、本社:〒101-0051東京都千代田区神田神保町2-2-34、TEL: 03-3265-1250、FAX: 03-3265-1251、URL: http://www.lifeboat.jp/)は、国内有数の周辺機器用ソフトウェア開発ベンダ株式会社エスコンピュータ(代表取締役社長 長谷部 暁、本社:〒530-0055大阪府大阪市北区野崎町6-8)とライフボートとの共同開発により、ソニー製ストレージ付指紋認証トークン『FIU-810-N03』に対応に対応した個人情報漏えい防止ツール『USB HardLocker PUPPY版』(標準価格:10クライアント86,100円~)を製品化し、第一弾として日本テレコム株式会社(取締役代表執行役社長 倉重英樹、本社:〒105-7316 東京都港区東新橋1-9-1)のULTINAマネージドサービスの指紋認証「PUPPY」プランのオプションとしての販売を開始し、順次MSP、SSPおよびVAR/SIerを通じて販売いたします。ライフボートでは『USB HardLocker PUPPY版』について初年度1億2千万円の売上を見込んでいます。

   
  『USB HardLocker』は、ライフボートとエスコンピュータが共同開発した、任意のUSB機器を鍵にして、パソコンのロック、秘密領域、ストレージ追加禁止、ログ監視によって情報漏えい対策を実現するソフトウェアであり、昨年2月の発売以来4千社以上の導入実績があります。
   
 

今回ライフボートが製品化した『USB HardLocker PUPPY版』では、ストレージ付指紋認証トークンFIU-810-N03を鍵にする場合、単にUSB機器としてだけでなく『FIU-810-N03』の指紋認証を利用することが可能になります。USB機器としてのシリアル番号が合致しても指紋認証が成功しなければ鍵として認識しないため、指紋を登録した本人以外による開錠を防ぎ、より強固なセキュリティを簡単に実現します。

   
   
  ■『USB HardLocker PUPPY版』の主な機能:
  ◎パソコンのロック
    ・第三者にパソコンの操作をさせない(USB機器によるロック)
  ◎秘密領域
    ・暗号化された秘密領域作成により外部に流出させたくないデータの流出を阻止(USB機器によるロック)
・米国標準技術局(NIST)による次世代標準暗号化方式AESを採用(AESは、総務省・経済産業省が発行する電子政府 推奨暗号リストに記載されています)
  ◎ストレージ追加禁止
    ・許可されていない外部記憶装置の使用を阻止(USB機器とドライブレターの監視)
  ◎ログ監視
    ・接続されたUSB機器の履歴をチェック
  ◎ハードウェアの鍵
    ・任意のUSB機器を鍵として登録することができ、管理者鍵/一般ユーザ鍵、合鍵としての登録が可能(鍵にする USB機器は複数登録可能)
・ストレージ付指紋認証トークン『FIU-810-N03』を鍵として登録する場合は、USB機器としてだけでなく『FIU-810-N03』の指紋認証を利用可能(シリアル番号が合致しても指紋認証が成功しなければ鍵として認識しない)
   
   
  ※『FIU-810-N03』は、ソニー製のストレージ付指紋認証トークンです。指紋認証とPKI(公開鍵暗号基盤)を組み合わせることで、最強の個人認証を実現し、「なりすまし」などのリスクを解消、より強固なセキュリティを実現します。
   
   
  ※『指紋認証「PUPPY」プラン』は、SONY製ストレージ付指紋認証デバイス「PUPPY」(FIU-810-N03)にお客様のユーザーID、パスワードをあらかじめ設定してご提供する、日本テレコム(http://www.japan-telecom.co.jp/)が提供するULTINAマネージドサービスのオプションサービスです。
http://www.japan-telecom.co.jp/business/managed/puppy_plan/index.html
   
   
  ※USB HardLockerは株式会社ライフボートの登録商標です。PUPPY(パピー)はソニー株式会社の商標です。
   
   
  ■製品関連URL
 

・製品情報
 http://www.lifeboat.jp/products/uhl/uhl_puppy.html

・パッケージ画像、ロゴ、スクリーンショット
 http://support2.lifeboat.jp/archives/uhl/UHLPY_Img.zip

・USB鍵判定プログラム無料ダウンロード
 http://www.lifeboat.jp/usbcheck/

   
  【 株式会社エスコンピュータについて 】
  株式会社エスコンピュータは、1992年に設立されたパソコンの周辺機器関連のソフトウェア開発を専門に手がけているソフトハウスです。従来、複雑でわかりにくかったセキュリティソフトウェアの市場に、初心者でも理解できる商品を投入するという意図で設計した「カチャッとUSB秘密のドライブ」、「キチッと秘密メディアロック2」、「カチャッとUSBパソコンロック2」、「サクッとチェックおでかけメール」などの個人向けソフトウェア製品の他、法人向けの本格的な個人情報保護対策ソフト「USB HardLocker」など複数の製品を開発してライフボートに供給しています。
   
  【 株式会社ライフボートについて 】
  ライフボートでは、これまでにエスコンピュータ社の「USB HardLocker」、「カチャッとUSB秘密のドライブ」、「キチッと秘密メディアロック2」、「カチャッとUSBパソコンロック2」、「サクッとチェックおでかけメール」、Kaspersky Labs社の「カスペルスキー インターネットセキュリティ5」、「カスペルスキー アンチウイルス5」、トムキャットコンピュータ社の「パスワードCD/DVD」などのセキュリティ製品を発売しており、Paragon社の「LB Image Backup 7シリーズ」、「LB コピー コマンダー8シリーズ」、Avanquest USA社の「LB オートセーブ2」、「システムコマンダー8」、「パーティションコマンダー8」、「ドライブワークス8」、「デリート コマンダー8」、「Win軽快ツールズ5」などのユーティリティ製品も発売しております。今後も新製品を順次発売する予定です。
   
   
 

このプレスリリースについてのお問い合わせ

読者お問い合わせ先

株式会社ライフボート インターネット&セキュリティ プロダクト部
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251

クリックすると、問合せフォーム(ご購入されていないお客様用)に移動します。

製品に関するお問い合わせ

株式会社ライフボート インターネット&セキュリティ プロダクト部
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251

クリックすると、問合せフォーム(ご購入されていないお客様用)に移動します。

この記事に関するお問い合わせ

株式会社ライフボート 広報室 阿子島(あこじま)

TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251

クリックすると、ライフボート広報宛のお問合せフォームに移動します。

※ 記事等ご掲載いただく際は、貴誌名、発売日等事前にご一報いただけますようお願いいたします。

※ 社名について:当社の社名は「ライフボート」です。ライフボードではありません。

   
  ▲ UP