ホーム 製品情報 ダウンロード FAQ ご購入 お問い合せ
プレスルーム

 



HOME / プレスルーム / プレスリリース
2007年5月8日
株式会社ライフボート
 

独Paragon Software Groupと合弁会社設立を発表

 

システムソフトウェア販売の株式会社ライフボート(代表取締役社長 山﨑高弘、住所 〒101-0051東京都千代田区神田神保町2-2-34、TEL:03-3265-1250 FAX:03-3265-1251、URL: http://www.lifeboat.jp/) は、独Paragon Software Group(CEO Konstantin Komarov、独Buggingen、URL: http://www.paragon-software.com/)と合弁で新会社設立の基本合意に至ったことを発表しました。新会社パラゴン ソフトウェア株式会社(以下パラゴン)は、2007年7月の営業開始を予定しております。

今回の合弁会社設立に関して、株式会社ライフボート 代表取締役社長 山﨑高弘は「IT環境の発展に伴い、現状、システムの復旧作業は各企業の情報システム部門や保守受託会社へ大きな負荷となっております。今回の日本法人の設立により、Paragon Software Groupの優れたバックアップ・テクノロジーをベースとした製品群が日本市場へ供給されることは、日本市場にとっても十分なメリットがあるものと確信しております。」と述べています。

独Paragon Software Group CEO Konstantin Komarovは、「Paragon Software Groupの提供するバックアップ・テクノロジーやパッケージ製品へ寄せられる、非常に多くのリクエストに応えられる時を迎えられ、非常に喜んでおります。まず最初に、Paragon Software Groupのフラッグシッププロダクトである「Drive Backup」や「Partition Manager」に関心を持っていただけると思います。私たちは、お客様に非常に高いレベルのサポートや開発、ニーズに合ったカスタマイズなどご提供していきます。」と述べています。

新会社の概要は、下記となります。


1.合弁会社設立の目的
Paragon Software Groupの持つ最先端のバックアップ技術をベースとした製品を、ライフボートの持つ優れたマーケティング、販売力で、広く日本市場に提供することを目的とし、合弁で新会社パラゴン ソフトウェア株式会社を設立します。


2. 主な事業内容
主にコーポレート市場をターゲットとしたバックアップ、パーティション操作、マルチキャスト製品の提供と、これに付随するサポートサービスを提供します。


3. 合弁会社の概要
社名: パラゴン ソフトウェア株式会社
英語表記: Paragon Software K.K.
営業開始日: 2007年7月(予定)

【 株式会社ライフボートについて 】
ライフボートでは、ユーティリティとセキュリティという2つの市場にパソコンソフトを提供しています。ユーティリティ製品は、Paragon Software Group社の「LB Image Backupシリーズ」、「LB コピー コマンダーシリーズ」の他、Avanquest USA社の「LB パーティションコマンダー シリーズ」、「LB システムコマンダー9」、「LB オートセーブ2」、「LB デリート コマンダー8」などを発売しており、今後も新製品を順次発売する予定です。また、セキュリティ市場には、「簡単セキュリティシリーズ」、「USB HardLockerシリーズ」、「キチッと秘密メディアロック2」、「カチャッとUSBパソコンロック3」、「カチャッとUSB秘密のドライブ2」、「シッカリ記録アクセスログ」などを提供しており、今後も順次発売を予定しています。

【 Paragon Software Groupについて 】
独Paragon Software Group (PSG)は、Konstantin Komarov氏により1994年に、IT市場に高品質なシステムユーティリティを開発、提供する目的で設立されました。PSGは、Windowsや Linux、 Symbian、Palm OSをベースとしたソフトウェア ソリューションを提供することで、世界的規模の持続的な成長と、広範なマーケットでの成功を収めています。PSGは、現在140名を超える従業員とともに、ヨーロッパを核として世界各国で事業を展開しています。

【 お問い合わせ先 】
この記事に関するお問い合わせ
株式会社ライフボート 広報室 阿子島(あこじま)
TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251

クリックすると、ライフボート広報宛のお問合せフォームに移動します。

 
▲ UP