ホーム 製品情報 ダウンロード FAQ ご購入 お問い合せ
プレスルーム

 



HOME / プレスルーム / プレスリリース
2008年5月26日
株式会社ライフボート
 

特定のプログラムを検知して自動的にアクセスを遮断するツール

『簡単フォルダーロック+FL』を6月27日に発売

 

システムソフトウェア販売の株式会社ライフボート(代表取締役社長 山﨑 高弘、本社 〒101-0051東京都千代田区神田神保町2-2-34、TEL 03-3265-1250 FAX 03-3265-1251、URL http://www.lifeboat.jp/) は、EagleEyeOS Commercial and Service Provider LLC.(CEO Robert Tari、本社 ハンガリー共和国 ブダペスト、URL http://www.eagleeyeos.com/)が開発したアクセス制御用のソフトウェアをベースに、株式会社エスコンピュータ(代表取締役社長 長谷部 暁、本社 大阪市、URL http://www.escom.co.jp/)が開発した2種類のソフトウェアを組み合わせてオールインワンで提供する『簡単フォルダーロック+FL』(カンタンフォルダーロックプラスエフエル、標準価格8,190円 本体価格7,800円)を製品化し、メガソフト株式会社(代表取締役 井町 良明、本社 〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-38 西谷東急ビル、TEL: 06-6386-2058 FAX: 06-6386-4697、URL: http://www.megasoft.co.jp/)を通じて2008年6月27日より店頭販売を開始します。

WinnyやShareに代表されるプログラムによるファイル共有ネットワークへの情報漏えいは数年前より大きな社会問題となっており、依然として発生が絶えることはありません。その原因のひとつに、組織のセキュリティポリシーは組織外では適用されないという点が挙げられると考えられます。ある担当者が機密情報を自宅に持ち帰ることが許される場合、組織が所有するものではない担当者の自宅にある個人所有のコンピュータについて、例えば、業務用アプリケーション以外の使用禁止等、組織内部と同様の強力なポリシーを徹底するのは難しく、情報漏えいの危険性が高まると考えられます。

『簡単フォルダーロック+FL』は、特定プログラムを検知して、あらかじめ指定されたフォルダーへのアクセスを自動的にブロックする機能を提供します。これにより、情報漏えいの観点から使用が望ましくないと考えられるアプリケーションを削除せずに、安全に機密情報へのあらゆるアクセスを遮断します。さらに、万が一のための暗号化機能を提供する『キチッと秘密ファイルロック』、および実際のファイルアクセスログ収集機能を提供する『シッカリ記録アクセスログ Version 1.5』を同梱し、3重の情報漏えい対策を無理なく施すことができます。
 

■ 『簡単フォルダーロック+FL』の主な機能と特長
◎ 特定アプリケーションが起動すると自動的にフォルダーをロック(簡単フォルダーロック)
 ・ 指定されたプロセスが一つも起動していないとき、指定されたパスへのアクセスは制限されません。
 ・ 指定されたプロセスのうち、少なくとも一つが起動すると、指定されたパスへの任意のプロセスによるアクセスはブロックされます。
◎ フォルダーへの特定アプリケーションによるアクセスをブロック(簡単フォルダーロック)
 ・ 指定されたプロセスによる、指定されたパスへのアクセスをブロックします。
◎ アーマーモードによる自己防衛(簡単フォルダーロック)
 ・ 「簡単フォルダーロック」の強制終了や使用するファイルを削除しようとする操作をブロックします。
◎ 万一のための暗号化機能(キチッと秘密ファイルロック)
 ・ 任意のファイルやフォルダーをそのまま暗号化できます。
◎ ログによる安全確認(シッカリ記録アクセスログ)
 ・ ログオンとログオフ、ハードウェアの追加と削除、ファイルアクセス、インターネットアクセス、キーボード操作、ウィンドウ、プロセスの起動に関する記録が可能です。

<初期状態での監視対象>
インストール直後の初期状態では以下のプログラムの起動を検知して、指定フォルダーに対する未指定のものを含む任意のプロセスによるアクセスをブロックします:

Amule、Azureus Vuze、BearShare、Becky! 、BitComet、BitTorrent、Cabos、eMule、Eudora、Gnucleus、IBM Lotus Notes、iMesh、Internet Explorer、Kazaa、KCeasy、LimeWire、Morpheus、Mozilla Firefox、Mozzila Thunderbird、MS Outlook、Opera、OutlookExpress、perfect dark、Safari、Share、Shareaza、Shuriken 2008、Skype、slepnier、Windows Live Messenger、Windows Mail、Windows Messenger、WinMX、Winny、Winnyp、Zultrax P2P、電信八号

※ 設定により監視対象となるアプリケーションの追加や削除が可能です。

■ 『簡単フォルダーロック+FL』の導入効果
『簡単フォルダーロック+FL』の導入により、例えば以下のような効果が期待されます:
 ・ 他人に見られたくない情報を含むファイルをうっかり外部に送信することを防ぐ
 ・ 通信ソフトをアンインストールする必要がない
 ・ 将来インストールされるかもしれない通信ソフトへの対策を予め講じておくことができる
 ・ 組織のセキュリティポリシーを強制しづらい個人用のコンピュータでの漏えい対策が進めやすくなる
 ・ 設定変更により、フォルダーへのアクセスブロックではなく、特定アプリケーションのインストール阻止や起動のブロックへの切り替えが可能になる

ライフボートでは、店頭販売用の製品『簡単フォルダーロック+FL』のほか、企業向け一括導入のための製品『簡単フォルダーロック コーポレート』を合わせて販売し、初年度5,000万円の売上を見込んでいます。

■ 製品関連URL
・製品紹介
  http://www.lifeboat.jp/products/ef/effl.html
・パッケージ画像、画面キャプチャ
 http://support.lifeboat.jp/archives/ef/EFFL_Img.zip

【 ライフボートの簡単セキュリティシリーズについて 】
スパイウェアやフィッシングの蔓延、詐欺まがいの巧妙な手口により、他人に知られたくない情報が盗まれてしまう危険性が年々高まっています。官公庁や中規模以上の企業の対策が進む一方、個人ユーザ向けの対策が進まないことが原因で発生する大規模な情報漏えい事件が多発しています。専門知識を持たない個人ユーザが被害にあわないためには、簡単で強力なセキュリティ対策が必要です。
株式会社ライフボートは、個人ユーザ様でも気軽に強力なセキュリティ機能をご利用いただくためのソフトウェアを『簡単セキュリティシリーズ』としてラインナップ化し、容易に情報漏えいに対する対策が取れるよう、新たな市場作りに取り組んで参ります。

【 株式会社ライフボートについて 】
ライフボートでは、これまでにEagleEyeOS社の『AccessBlocker』シリーズ、『AccessBlocker Pro』シリーズ、エスコンピュータ社の『USB HardLocker』シリーズ、『キチッと秘密メディアロック2』、『シッカリ記録アクセスログ』、『カチャッとUSB秘密のドライブ2』、『カチャッとUSBパソコンロック3』、『サクッとチェックおでかけメール』、『簡単セキュリティSuperパック』、トムキャットコンピュータ社の『パスワード CD/DVD』などのセキュリティ製品を発売しており、Paragon社の「LB パーティションコマンダー11」、「LB パーティションワークス11」、「LB Image Backupシリーズ」、「LB コピーワークスシリーズ」の他、Avanquest USA社の「LB システムコマンダー9」、「LB オートセーブ2」、「LB デリートコマンダー8」、「LB Win軽快ツールズ7」などを発売しており、今後も新製品を順次発売する予定です。

【 メガソフト株式会社について 】
メガソフトは、1983年に「パソコンの利用技術の開拓」を目的としたパッケージソフトウェア専業のソフトハウスとして創業しました。以来現在まで、パソコンの新しい使い方のアイディアを、具体的に使える形=ソフトウェアプロダクツにして提供しています。代表的な製品として、3Dマイホームデザイナー、 3Dオフィスデザイナー、MIFES、STARFAXなどがあります。今後も、「誰にでも迷わずに使い始められる使いやすさと安心して使いつづけられる信頼性(=ユーザビリティーの高さ)」の向上を目指し、「使いやすさと信頼性」に裏打ちされた先進の技術で、「便利」・「快適」そして「感動」を提供できるソフトウェア開発を進めています。

【 EagleEyeOS社について 】
EagleEyeOS 社は、様々な規模の組織に合わせたセキュリティポリシーを実行するための製品を開発するソフトウェアベンダーです。2002年に設立されハンガリー共和国の首都ブダペストに本社を構えています。ハンガリー国家安全保障局やNATOへの導入実績に裏打ちされた同社の信頼性の高いソフトウェアを通じて、可用性を損なうことなく情報漏えいや権限の無いアクセスを防ぎ、攻撃者の特定をするためのソリューションを提供することが可能になります。

【 株式会社エスコンピュータについて 】
株式会社エスコンピュータは、1992年に設立されたパソコンの周辺機器関連のソフトウェア開発を専門に手がけているソフトハウスです。従来、複雑でわかりにくかったセキュリティソフトウェアの市場に、初心者でも理解できる商品を投入するという意図で設計した『キチッと秘密メディアロック2 Version 2.5』、『カチャッとUSB秘密のドライブ2』、『カチャッとUSBパソコンロック3』、『シッカリ記録アクセスログ』、『サクッとチェックおでかけメール』などの個人向けソフトウェア製品の他、法人向けの本格的な情報漏えい対策ソフト『USB HardLocker』など複数の製品を開発してライフボートに供給しています。
 

【 お問い合わせ先 】
  ◆読者お問い合わせ、製品に関するお問い合わせ
  株式会社ライフボート インターネット&セキュリティ プロダクト部
  TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251
   クリックすると、問合せフォーム(ご購入されていないお客様用)に移動します。
 

  ◆この記事に関するお問い合わせ  
    株式会社ライフボート 広報室 阿子島(あこじま)
    TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251
    クリックすると、ライフボート広報宛のお問合せフォームに移動します。

※ 社名について:当社の社名は「ライフボート」です。ライフボードではありません。

 
▲ UP