ホーム 製品情報 ダウンロード FAQ ご購入 お問い合せ
プレスルーム

 



HOME / プレスルーム / プレスリリース
2009年3月25日
株式会社ライフボート
 

Windows Server 2008に対応したサーバOS用バックアップツールの新バージョン

『LB イメージ バックアップ9 Server』を4月1日より販売開始

 

システムソフトウェア販売の株式会社ライフボート(代表取締役社長 山﨑高弘、住所 東京都千代田区、TEL 03-3265-1250、URL http://www.lifeboat.jp/) は、独Paragon Software Group(独Freiburg)が開発したサーバOS用バックアップツールの新バージョン「LB イメージ バックアップ9 Server」の販売を2009年4月1日より開始します。標準価格は71,400円(本体価格68,000円)。パートナーや販売代理店、SIer、流通各社を通じて販売し、初年度の売上として1億円を見込んでいます。

「LB イメージ バックアップ9 Server」は、ハードディスクのイメージバックアップツール「LB イメージ バックアップ シリーズ」のサーバOS対応版にあたり、「LB Image Backup 8 Server」の新バージョンになります。新バージョンでは、Windows Server 2008や64ビット版のWindows Serverに対応したほか、Blu-rayディスクへのバックアップもサポートしました。

また、後日発売予定のオプション機能「スマートリストア」を使用することで、異なるハードウェア環境への復元や、仮想環境と物理環境間の復元も可能となります。


バックアップの手法としては、ハードディスク全体をイメージファイルとしてネットワークドライブや外付けドライブ、CD/DVD/Blu-rayへバックアップ可能な「イメージバックアップ」と、ハードディスク全体を他のハードディスクに丸ごとコピーし、ハードディスクの複製を作成できる「ハードディスクコピー」の2通りの手法を選択することができます。ハードディスククラッシュやシステム障害時には、作成したイメージからハードディスクの内容をバックアップ時点に復元することも、ハードディスクをコピーした内蔵ハードディスクに入れ替えることで、すぐにバックアップ時点と同じ環境でシステムを起動することも可能です。


バックアップの方法としては、稼働中のWindows Serverのシステムボリュームをオンラインでバックアップできる「ホットバックアップ」、製品CDから起動してバックアップを行う「コールドバックアップ」の他、VSS(Volume Shadow Copy Service)に対応したバックアップにも対応しています。VSSを使うことで、Microsoft SQL ServerやMicrosoft Exchange Server、Oracleなども一時停止することなく、稼働中のWindows Serverをバックアップすることが可能です。

LB イメージ バックアップ9 Serverは次のような特長を持っています。

【 LB イメージ バックアップ9 Serverの主な機能 】

◇Windows Serverのハードディスク全体をイメージバックアップ
   ・ホットバックアップ - 稼働中のWindows Serverのシステムボリュームをオンラインでバックアップ
   ・VSS対応 - Windows Server 2008/Windows Server 2003などに搭載されているVSSに対応したバックアップ
   ・コールドバックアップ – 製品CDから起動することでシステム全体をバックアップ
◇Windows PE2.0に対応したバックアップ
◇Windows Serverのハードディスク全体をコピー
   ・ホットコピー - 稼働中のWindows Serverのシステムボリュームをオンラインでコピー
   ・コールドコピー - 製品CDから起動することでシステム全体をコピー
◇Windows Server 2008対応
◇64ビット版のWindows Server対応
◇ウィザードによる操作
◇差分バックアップ機能
◇差分コピー機能
◇サイクルバックアップ - バックアップの世代管理
◇バックアップイメージのマウント機能
◇ワンクリックでコピー - ワンクリック ウィザード
◇万一に備えたリカバリーCD/DVD/BDの作成
◇ハードディスク内にリカバリー専用領域を作成 - バックアップカプセル
◇スケジューリング機能(バックアップ/コピー)
◇ダイナミックボリュームのバックアップ/コピー
◇対応ファイルシステム
   FAT16/32、NTFS4/2000/5.1、Linux Ext2/Ext3、Linux Swap、ReiserFS、HPFSなどのファイルシステムに対応
◇さまざまなハードディスクへ対応
   E-IDE/IDE、SCSI、SAS、シリアルATA、USB、IEEE1394に対応
◇バックアップ先
   NASなどのネットワークドライブ、内蔵/外付けハードディスク、CD/DVD/Blu-ray

●LB イメージ バックアップ9 Serverの詳細は、http://www.lifeboat.jp/products/ib9s/ib9s.html をご覧ください。


●LB イメージ バックアップ9 Serverのパッケージ画像、画面データは、下記サイトよりダウンロードが可能です。
http://support.lifeboat.jp/archives/ib9s/ib9s_Img.zip

 

【 株式会社ライフボートについて 】
ライフボートでは、ユーティリティとセキュリティという2つの市場にパソコンソフトを提供しています。ユーティリティ製品は、Paragon社の「LB パーティションコマンダー11」、「LB パーティションワークスシリーズ」、「LB イメージ バックアップシリーズ」、「LB コピー ワークスシリーズ」、「LB デリート ワークス8」の他、Avanquest USA社の「LB システムコマンダー9」、「LB オートセーブ2」、「LB デリート コマンダー8」、「LB Win軽快ツールズシリーズ」などを発売しており、今後も新製品を順次発売する予定です。また、セキュリティ市場には、「ServersCheckシリーズ」、「AccessBlockerシリーズ」、「簡単セキュリティシリーズ」、「USB HardLockerシリーズ」、「キチッと秘密メディアロック2」、「カチャッとUSBパソコンロック3」、「カチャッとUSB秘密のドライブ2」、「シッカリ記録アクセスログ」などを提供しており、今後も順次発売を予定しています。

【 Paragon Software Groupについて 】
独Paragon Software Group (PSG)は、Konstantin Komarov氏により1994年に、IT市場に高品質なシステムユーティリティを開発、提供する目的で設立されました。PSGは、Windowsや Linux、 Symbian、Palm OSをベースとしたソフトウェア ソリューションを提供することで、世界的規模の持続的な成長と、広範なマーケットでの成功を収めています。PSGは、現在250名を超える従業員とともに、ヨーロッパを核として世界各国で事業を展開しています。日本法人も2007年7月に設立されました。



【 お問い合わせ先 】
  ◆読者お問い合わせ先
     株式会社ライフボート ユーティリティ・プロダクト部
     TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251
    

      http://www.lifeboat.jp/


  ◆製品に関するお問い合わせ
     株式会社ライフボート ユーティリティ・プロダクト部
     TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251
    

  ◆この記事に関するお問い合わせ  
    株式会社ライフボート 広報室 阿子島(あこじま)
    TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251
    クリックすると、ライフボート広報宛のお問合せフォームに移動します。

※ 社名について:当社の社名は「ライフボート」です。ライフボードではありません。

 
▲ UP