ホーム 製品情報 ダウンロード FAQ ご購入 お問い合せ
プレスルーム

 



HOME / プレスルーム / プレスリリース
2009年4月13日
株式会社ライフボート
 

外部へ持ち出したメディアの内容を保存させないソフト

『メディアシールドPro Version 2.0』を5月29日に発売

 
システムソフトウェア販売の株式会社ライフボート(代表取締役社長 山﨑 高弘、本社 〒101-0051東京都千代田区神田神保町2-2-34、TEL 03-3265-1250 FAX 03-3265-1251、URL http://www.lifeboat.jp/) は、株式会社エスコンピュータ(代表取締役社長 長谷部 暁、本社:〒530-0055大阪府大阪市北区野崎町6-8)と共同開発した、メディア/ドライブの閲覧とコピーを制限するツール『メディアシールドPro Version 2.0』(基本セット税別標準価格:120,000円より)を、国内大手SIerおよびリセラーを通じて2009年5月29日より販売開始します。
 
■ なくならない情報漏えい事件

NPO 日本ネットワークセキュリティ協会の2009年2月20日付の報告によると、2008年上半期に起きた情報漏えいの件数は643件と前年を大きく上回るペースで発生し、媒体・経路の種類別では、紙媒体、USB等可搬記録媒体、Web・Netを通じた漏えい件数が合わせて75.4%と、2003年以降最も大きな比率を占めていると伝えられています。

一方、警察庁生活安全局情報技術犯罪対策課『不正アクセス行為対策等の実態調査 調査報告書』(平成21年3月)によると、暗号化を全くしていない回答者の比率が33.5%もあり、ファイルの暗号化、PCの持ち込み/持ち出し制限、USBメモリ等の記録媒体の持ち出し制限をしているという回答者の比率がそれぞれ30.6%、66.2%、37.5%と、高いとは言えない比率にとどまっています。

 
■ 持ち出したメディアからの情報漏えいを防ぐ

メディアシールドPro Version 2.0は、ドライブ/メディアの暗号化による盗難対策に加えて、持ち出した媒体からのデータのコピーや印刷、ネットワークアクセスを遮断することによって、業務上やむを得ず持ち出した媒体からの不注意に
よる情報漏えいを防ぎます。

メディアシールドPro Version 2.0は、当初個別案件として受託開発し昨年弊社から出荷して、既に稼動実績のあるソフトウェアをさらにブラッシュアップしてパッケージ化したものです。

ライフボートでは、このようなニーズをもつ官公庁や教育機関、一般企業を主なターゲットとして、初年度5千万円の売上を見込んでいます。

 
■ メディアシールドPro Version 2.0の主な機能と特長
ドライブ/メディアに、見えない領域(秘密領域)を作成
  ドライブやメディアの空き領域に、通常はアクセスできない見えない領域(秘密領域)を作成する機能。
パスワードによる秘密領域へのアクセス
外出先のPCでも要塞ポーターで安全なアクセス
  メディアの外へのコピーや保存の禁止
    要塞ポーターによる秘密領域アクセス中に、許可プロセスによる秘密領域外への書き込みを不能にする機能。
  許可プロセスのみアクセス許可
    予め許可されたプロセスのみ秘密領域へのアクセスを許可する機能。
(初期状態ではエクスプローラ、メモ帳、ペイント、Microsoft Officeの 一部アプリケーション、Adobe Reader、一太郎、花子を許可)
  ネットワーク接続強制切断
    要塞ポーターによる秘密領域アクセス中に、全てのネットワーク接続を強制的に切断する機能。
  印刷の強制遮断
    要塞ポーターによる秘密領域アクセス中に、全てのプリンタを強制的に使用不能にする機能。
強力な盗難・紛失対策
  AESによる強力な暗号化
  パスワード総当り攻撃時に自己破壊
    指定回数分パスワード入力を間違えると、秘密領域を自動的に破壊する機能。
秘密領域アクセス中の操作ログを収集
  秘密領域アクセス中に、操作状況をログとして秘密領域の中に保存する機能。マネージャーによるログの閲覧。
 

■ 関連URL
・製品情報
  http://www.lifeboat.jp/products/msp/msp.html

・ロゴ、パッケージ、スクリーンショット
  http://support.lifeboat.jp/archives/msp/MSP_Img.zip

 

【 株式会社ライフボートについて 】
ライフボートでは、これまでにServersCheck社の「ServersCheck Business Edition」、「ServersCheck Monitoring Appliance」、EagleEyeOS社の「AccessBlocker」シリーズ、「AccessBlocker Pro」シリーズ、エスコンピュータ社の「USB HardLocker」シリーズ、「簡単フォルダーロック+FL」、「キチッと秘密メディアロック」シリーズ、「シッカリ記録アクセスログ」、「カチャッとUSB秘密のドライブ」、「カチャッとUSBパソコンロック」、「サクッとチェックおでかけメール」、トムキャットコンピュータ社の「パスワード CD/DVD」などのセキュリティ製品を発売しており、一方、「LB パーティションワークスシリーズ」、「LB イメージ バックアップシリーズ」、「LB コピー ワークスシリーズ」、「LB デリートワークス8」の他、Avanquest USA社の「LB システムコマンダー9」、「LB オートセーブ2」、「LB デリートコマンダー8」、「LB Win軽快ツールズシリーズ」などのユーティリティ製品を発売しており、今後も新製品を順次発売する予定です。

【 株式会社エスコンピュータについて 】
株式会社エスコンピュータは、1992年に設立されたパソコンの周辺機器関連のソフトウェア開発を専門に手がけているソフトハウスです。従来、複雑でわかりにくかったセキュリティソフトウェアの市場に、初心者でも理解できる商品を投入するという意図で設計した「キチッと秘密メディアロック」、「カチャッとUSB秘密のドライブ」、「カチャッとUSBパソコンロック」、「サクッとチェックおでかけメール」などの個人向けソフトウェア製品を開発してライフボートに供給する他、法人向けには本格的な情報漏えい対策ツール「USB HardLocker」をライフボートと共同開発しています。

 

【 お問い合わせ先 】
  ◆読者お問い合わせ、製品に関するお問い合わせ
  株式会社ライフボート インターネット&セキュリティ プロダクト部
  TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251
   クリックすると、問合せフォーム(ご購入されていないお客様用)に移動します。
 

  ◆この記事に関するお問い合わせ  
    株式会社ライフボート 広報室 阿子島(あこじま)
    TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251
    クリックすると、ライフボート広報宛のお問合せフォームに移動します。

※ 社名について:当社の社名は「ライフボート」です。ライフボードではありません。

 
▲ UP