ホーム 製品情報 ダウンロード FAQ ご購入 お問い合せ
プレスルーム

 



HOME / プレスルーム / プレスリリース
2008年9月29日
株式会社ライフボート
 

ネットブック用セキュリティソフト
『USB HardLocker for ネットブック』を10月16日より販売開始

 

システムソフトウェア販売の株式会社ライフボート(代表取締役社長 山﨑高弘、住所 東京都千代田区、TEL 03-3265-1250、URL http://www.lifeboat.jp/) は、株式会社エスコンピュータ(代表取締役社長 長谷部暁、本社 大阪府大阪市)が開発した、ネットブック用の情報漏えい防止セキュリティソフト『USB HardLockerfor ネットブック』を、メガソフト株式会社(大阪府吹田市)を通じて2009年10月16日より販売を開始します。標準価格は6,825円(本体価格6,500円)で、全国のパソコンショップ、販売代理店を中心に販売します。

『USB HardLocker for ネットブック』は、これまでに多くの導入実績のある『USB HardLockerシリーズ』をネットブック用に最適化した製品として、新たにラインナップされました。

これまで、ネットブックは、インターネットやメールを主な用途として、リーズナブルな価格設定と持ち運びに便利なコンパクトな形状により急速に販売数を拡大してきましたが、気軽に使えるモバイル端末としてのメリットの反面、セキュリティ面での不安も指摘されていました。今回、『USB HardLocker for ネットブック』では、ネットブックユーザが即効性の高い情報漏えい対策ツールを簡単に導入できるツールとして製品化しました。

また、『USB HardLocker for ネットブック』は、ネットブックユーザがすぐに導入できるようパッケージに同梱したUSBメモリ内にソフトウェアを収録し、インストール後は、USBメモリをそのままネットブックの鍵として使用する事ができます。

『USB HardLocker for ネットブック』はいち早く、Windows7にも対応しており、ライフボートでは、『USB HardLocker for ネットブック』に関して初年度10000本の販売を見込んでいます。

 
【USB HardLocker for ネットブックの主な機能】
(1) ネットブックの不正な操作防止
  パソコンに鍵をかけて第三者による操作ができないようにします。施錠された状態でログオンすると、スクリーンロックが自動的にかかり操作が一切できなくなります。鍵として設定したUSBメモリを装着するとスクリーンロックが解除されます。セーフモードによる起動にも対応しています。
(2) ネットブック内データの流失防止
  内蔵ハードディスク上の空き領域に、鍵を装着しないと見えない暗号化領域(秘密領域)を作成することができます。予め登録された鍵により解錠されたときにだけ、仮想ドライブとして秘密領域にアクセスができるようになります。秘密領域は暗号化されているため、隠したいファイルや外部に漏れては困るデータを秘密領域に保存しておけば、鍵を持たない第三者にデータを読み取られる心配もありません。
(3) 鍵の紛失、盗難時の復旧対策
  鍵は管理者鍵(パスワードによる認証)と利用者鍵(USB機器またはパスワード)の用途の異なる2種類の権限が用意されており、利用者鍵として登録していたUSB機器が紛失、破損した場合でも管理者モードでログインすることにより、他のUSB機器を利用者鍵の合鍵や新規の鍵として登録することができます。
(4) データの不正持ち出し防止
  許可されていないデバイスを検出すると自動的にスクリーンロックがかかり、操作が一切できなくなります。そのデバイスを取り外すと、スクリーンロックが解除されます。ドライブレターまたはUSB機器を検出して禁止または許可します。
(5) 管理者鍵と利用者鍵の権限
  管理者鍵の権限は、鍵の登録/設定変更、合鍵作成/削除、スクリーンロックの使用有無、利用デバイスの禁止/許可、アンインストール、その他の設定全般の操作が可能です。又、利用者鍵は、管理者権限(鍵)により定めた権限範囲内でのみ施錠、開錠が可能となります。
(6) 外部へ持ち出すデータの保護
  鍵として設定したUSBメモリやリムーバブルメディア等にデータを保存する際に専用アイコンにドラッグ&ドロップするだけで簡単にファイルやフォルダ単位の暗号化が可能な暗号化ツールを搭載しています。
暗号化ツールをUSBメモリ内に収録しておくことにより、持ち出し先で暗号化データを簡単に復号化することができ、持ち出し先のPCでは、復号化用ソフトのインストールや管理者権限も必要ありません。
 
■ 関連URL

・USB HardLocker for ネットブックのパッケージ画像、画面データは、下記サイトよりダウンロードが可能です
  http://support.lifeboat.jp/archives/uhl3/uhln_Img.zip

USB HardLocker for ネットブックの詳細は、
http://www.lifeboat.jp/products/uhl3/uhln.htmlをご覧ください。

※ USB HardLocker は株式会社ライフボートの登録商標です。

 

【 株式会社ライフボートについて 】
ライフボートでは、これまでにServersCheck社の「ServersCheck Business Edition」、「ServersCheck Monitoring Appliance」、EagleEyeOS社の「AccessBlocker」シリーズ、「AccessBlocker Pro」シリーズ、エスコンピュータ社の「USB HardLocker」シリーズ、「簡単フォルダーロック+FL」、「キチッと秘密メディアロック」シリーズ、「シッカリ記録アクセスログ」、「カチャッとUSB秘密のドライブ」、「カチャッとUSBパソコンロック」、「サクッとチェックおでかけメール」、トムキャットコンピュータ社の「パスワード CD/DVD」などのセキュリティ製品を発売しており、一方、「LB パーティションワークスシリーズ」、「LB イメージ バックアップシリーズ」、「LB コピー ワークスシリーズ」、「LB デリートワークス8」の他、Avanquest USA社の「LB システムコマンダー9」、「LB オートセーブ2」、「LB デリートコマンダー8」、「LB Win軽快ツールズシリーズ」などのユーティリティ製品を発売しており、今後も新製品を順次発売する予定です。

【 メガソフト株式会社について 】
メガソフトは、1983年に「パソコンの利用技術の開拓」を目的としたパッケージソフトウェア専業のソフトハウスとして創業しました。以来現在まで、パソコンの新しい使い方のアイディアを、具体的に使える形=ソフトウェアプロダクツにして提供しています。代表的な製品として、3Dマイホームデザイナー、3Dオフィスデザイナー、MIFES、STARFAXなどがあります。今後も、「誰にでも迷わずに使い始められる使いやすさと安心して使いつづけられる信頼性(=ユーザビリティーの高さ)」の向上を目指し、「使いやすさと信頼性」に裏打ちされた先進の技術で、「便利」・「快適」そして「感動」を提供できるソフトウェア開発を進めています。

【 株式会社エスコンピュータについて 】
株式会社エスコンピュータは、1992年に設立されたパソコンの周辺機器関連のソフトウェア開発を専門に手がけているソフトハウスです。従来、複雑でわかりにくかったセキュリティソフトウェアの市場に、初心者でも理解できる商品を投入するという意図で設計した「キチッと秘密メディアロック」、「カチャッとUSB秘密のドライブ」、「カチャッとUSBパソコンロック」、「サクッとチェックおでかけメール」などの個人向けソフトウェア製品を開発してライフボートに供給する他、法人向けには本格的な情報漏えい対策ツール「USB HardLocker」をライフボートと共同開発しています。

 

【 お問い合わせ先 】
  ◆読者お問い合わせ先、製品に関するお問い合わせ
     株式会社ライフボート 第2製品企画部部
     TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251
    

      http://www.lifeboat.jp/

  ◆この記事に関するお問い合わせ  
     株式会社ライフボート 広報室 阿子島(あこじま)
     TEL: 03-3265-1250 FAX: 03-3265-1251
     クリックすると、ライフボート広報宛のお問合せフォームに移動します。

※ 記事等ご掲載いただく際は、貴誌名、発売日等事前にご一報いただけますようお願いいたします。

 
▲ UP