1. ホーム
  2. サポート
  3. よくある質問(FAQ)

よくある質問(FAQ)

006070801011
  • 作成日;2007.08.01
  • 修正日;2016.09.14
  • 対象製品
  • USB HardLocker シリーズ
  •  
  •  
  •  
  •  
Q USB HardLocker の最新バージョン情報
A

お持ちの製品のバージョンアップやアップデートのための参考にご活用ください。

 

■各バージョンの情報(クライアントOS対応製品) サーバーOS対応製品はこちら

 

製品名
販売
サポート期限

アップデート、

バージョンアップ

個人向け  

USB HardLocker 4

販売中
-

4.2.9

-
USB HardLocker for ネットブック
販売中
-
-
USB HardLocker Standard Version 3.0/+USB Version 3.0
販売終了

2012年

1月7日

USB HardLocker/ Plus(Ver. 1.0)
販売終了

2007年

6月22日

-
法人向け  
USB HardLocker 4
販売中
-
-

USB HardLocker

Professional Version 3.0

販売終了

USB HardLocker

コーポレートエディション

(Ver. 1.0、2.0)

販売終了
-

USB HardLocker

PUPPY版(Ver. 2.0)

販売終了

2007年

6月22日

USB HardLocker

セット販売(Ver. 1.0)

OEM
-
-
 

■各製品バージョンの機能比較

各バージョンの違いにつきましては、こちらをご参照ください

 USB HardLocker各製品の機能比較


■バージョンの確認方法

「USB HardLocker ユーティリティ」画面より「ヘルプ」-「バージョン情報」で

確認できます。

関連項目:「各製品の最新バージョン情報」(ID= 006070801001)

関連項目:「バージョンアップとアップデートの違いについて教えてください」(ID=013110106001)

 

■製品バージョンとアップデートの内容

4.2.8 -> 4.2.9

○ハードウェアの追加と削除ログに「ポータブルデバイスの追加・削除」を追加
○一部のログでハンドル数が増大する現象を修正
○ドライバへの電子署名方法を変更
○ログ設定のレイアウトが一部ずれる現象を修正

 

4.2.7 -> 4.2.8

○ システムのシャットダウン時、まれに最後にメモリに残っているログが保存されない場合がある現象を修正。

 

4.2.5 -> 4.2.7

○ 印刷ログ記録モジュールの改善
(一部の環境で印刷ログが記録されない現象に対応)

○ Windows Liveメールが動作する環境にて、メール添付ファイルの操作に問題が発生する現象に対応

○ Windows SCPが動作する環境にて、左記ソフト経由のファイル操作に問題が発生する現象に対応

○ 4.2.2以前のバージョンに上書きした場合、以前のバージョンの不具合の一部が修正されない問題を修正

※ Configurator の最新バージョンは4.2.5となります。以前のバージョンをお使いの場合はアップデートして下さい。

 

4.2.4 -> 4.2.5

○「一定時間PCを操作していない時ロックする」機能を追加

○「Webアップロード」ログが記録されない現象を改善

(OSの種類やクラウドサービス側の仕様によりログが記録されない場合がありますが、対応状況を改善しています。)

 

4.2.3 -> 4.2.4

○USB機器が一切接続されていない状態で、設定ファイル(cfg)を使用するインストールを実行すると、Windowsエラーメッセージが表示される現象に対応

※ 設定ファイル(cfg)を利用しないインストール(シングルライセンス)では、この現象は発生しません。

 

4.2.2 -> 4.2.3
○ ネットワーク共有フォルダにドライブレターを割り当てると、ファイルアクセスログが記録されない現象を修正目を追加

○ タブレットPC(Windows 8/8.1 32ビット)版にインストールするとWindowsが起動できない現象に対応

 

4.1.0 -> 4.2.2
○ Windows 8.1に対応※(ROCKEY2等の一部のデバイスを鍵にした場合、鍵を装着した状態でロックがかかる現象を修正)
 ※ Windows 8.1の環境ではModern UI版IEのインターネットアドレスは記録されません
○ ログの管理機能を強化(CSV形式による保存、自動コピー、LB ファイルロック2形式による暗号化を選択可能)
○ ログの記録項目を追加
ファイル操作(「コピー」、「移動」、「リネーム」、「削除」、「実行」、 印刷、Webアップロード

4.0.3 -> 4.1.0
○ Windows 8に対応

4.0.2 -> 4.0.3
○ 「ストレージ以外のUSB機器も禁止する」をチェックせず、かつスクリーンロックを使用しない場合、ストレージ追加禁止設定時に新規ストレージにアクセスできるケースが発生する問題を修正

 

4.0.1 -> 4.0.2
○ 一部の環境で、USB3.0ポートに接続されたUSBデバイスを鍵として認識できない現象を修正
○ USBデバイスのシリアルナンバーに記号( = 等)が含まれる場合、そのデバイスを鍵に設定できない現象を修正


4.0.0 -> 4.0.1
○ ストレージ追加禁止設定に「ストレージ以外のUSB機器も禁止する」オプションを追加

 

3.0.* -> 4.0.0
○ Windows Vista/7 64ビット版対応
○ ネットワークロック機能を追加
○ 秘密領域の暗号化アルゴリズムをAES256ビットに強化
○ USB機器の追加禁止対象から、マウス・キーボード等を除外
○ バックアップツールのバックアップ対象にログを追加
○ Professional/Standardを統合(法人向けにはボリュームライセンス