2012年9月27日

LB ブートマネージャーで「DOS」や「Windows9*」系の対応は?

カテゴリー OS関連, 製品関連 — miso-Oden @ 9:23 AM

「システムコマンダー」シリーズはWindows XP/Vistaだけでなく、DOS やWindows 95/98/98SE/ME系、Linux、Solaris 等にも対応していました。

「LB ブートマネージャー…」は Windows以外の OSは対応はしませんし、Windows XP/Vista/7のOSだけが正式なサポート対象です。

もっともWindows 7が動作するマシンでは、スペックが高機能過ぎてWindows 95/98/98SE/ME 系や DOS はインストールできても動作はできませんので、同時にインストールする事は殆どありません。

それでも、スペックギリギリのWindows XPとWindows95/98/98SE/ME 系のマルチブートは可能でしょうか。果たして切り替えは可能なのでしょうか。

…という訳で試してみました。

Windows ME と Windows XP (システムコマンダー9「OS選択メニュー」画面)

Windows ME と Windows XP
(LB ブートマネージャー+LB パーティションワークス13「OS選択メニュー」)

LB ブートマネージャー+LB パーティションワークス13で、Win95行を選択すれば「Windows ME」は起動しました。

「OS選択メニュー」の名称は、ボリュームラベルをWindows上で付けても ” NO NAME ” となり、反映されません。MSーDOSでは「Win95」の表記が「DOS」になりました。選択すれば、それぞれ起動は出来ました。
(が、起動後の動作ではビデオドライバがなかったり、もろもろエラーが多発しましたので、やはりスペック的に9*系は厳しいですね)

結論、起動はできるものの、「OS選択メニュー」でOS名は出せない。

古いOSは使用する事は少なくなりましたが、それでも使う必要に迫られる場合もあります。そんな時は最近のパソコンでしたら、仮想化PCでゲストOSにDOS、Windows95/98/98SE/ME 系をインストールして使用した方が簡単です。

▲UP