2016年9月15日

字幕や音のズレを直す-ConvertX to Video

カテゴリー 動画/録画/録音関係, 製品関連 — miso-Oden @ 1:55 PM

ConvertX to Videoでは、字幕を付けることができます。

デジタルビデオカメラの旅行記等に字幕を入れられたりします。各方法は、こちらの記事をご参考下さい。

ConvertX to Videoで字幕を追加

および

動画の回転、カット、BGM追加 ― ConvertX to Video

字幕付けてみたら、もう少しタイミング早くしたい、遅くしたい。微妙にずれてしまったなんて事もあります。字幕の場合、元の字幕用テキストを全部時間書き換えるのはとても面倒ですね。

このような場合、ConvertX to Videoには「時間オフセット」という機能で、「ミリ秒単位」で微調整できますので、ご利用ください。(一部の字幕だけ早くする等はできません。全体の開始位置です)

1. 作成手順に従い、字幕を追加。「詳細編集」をクリックします。

2. 「詳細編集」画面で「字幕」が「黄色の帯」で追加されています。「黄色」の帯部分をクリックします。左側に「詳細編集」用のメニューが表示されます。
「言語の識別子」を「日本語」にします。その下の「時間オフセット」にて開始位置の調節が可能です。

3. 「時間オフセット」はミリ秒単位となります。1000が1秒です。500なら0.5秒となります。
下記例では15秒(-15000ミリ秒)開始を遅らせてみました。

4. 「音声トラック」(緑色の枠)を指定すれば、音声でも同様の「時間オフセット」が可能です。

▲UP