2012年5月1日

LB メディアロック3の秘密領域を様々な環境で使用する

カテゴリー 暗号化, 製品関連 — フラット @ 9:47 AM

「LB メディアロック3」を利用して、USBメモリーや外付けHDDに秘密領域を作成すると、盗難や紛失時のデータ流失を心配せずにデータ持ち歩くことができて便利です。
新しいOSや仮想環境を利用して秘密領域を使用したいユーザも増えているので、手近なものを試してみました。

※以下の使用例は動作を保証するものではありません。お試しになる場合は、秘密領域や保存したデータを予めバックアップしておくことをお勧めします。

(1)Windows 8 Consumer Preview
年内には正式に販売開始される予定のOSですが、最近、ベータ版が一般公開になりました。

Windows8で秘密領域を認証
Windowsのログオン後、デスクトップ画面を表示させれば、Windows 7とほぼ同じ感覚で操作できます。特に問題はありません。

(2)仮想環境(VMware Player 4.0.2)
古いバージョンではUSBの扱いに問題があったようで、秘密領域を保存した外付けディスクをホスト⇔ゲストOS間で付け替えていると仮想マシンがハングしたりしました。最新版では特に問題はみられませんでした。

vmwareで秘密領域を認証

秘密領域を保存したUSB外付けディスクを仮想OSにマウントすると、秘密領域を使用できます。

USBを仮想OSにマウント

※「LB フリーレシーバー」もLB メディアロック3本体同様に使用することができました。

(3)仮想環境(Oracle VM VirtualBox 4.1.12)

こちらも問題無く使用できました。

VirtualBox

(4)Windows XP mode

Windows XP mode

※USB外付けストレージの秘密領域を使用する場合は「統合機能」による共有は使用せず、仮想PCにUSBストレージとして接続する必要があります。「統合機能」による共有を使用すると、「LB メディアロック3」が秘密領域の存在を認識できません。

USBの接続

「LB メディアロック3」はWindows以外のOSには対応していませんが、仮想環境ソフトウェアは様々なOS用のプログラムがあるので、LinuxやMachintosh等で秘密領域を使用したい場合に、便利かもしれません。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。


 

コメントフォームは現在閉鎖中です。