ホーム 製品情報 ダウンロード FAQ ご購入 お問い合せ
ユーティリティ製品情報


  / Windows AIKのダウンロード

 

LB パーティションワークス、LB コピー ワークス、LB イメージ バックアップ シリーズ、Paragon Hard Disk Manager シリーズでは、ユーザー自身でマイクロソフト社が提供している「Windows PE」ベースの起動CDを作成することができます。ただし、作成には、Winodws 8/7環境では、Windows ADK(Windowsアセスメント&デプロイメントキット)が、Windows Vista/XP環境では、Windows AIK(Windows 自動インストール キット)のダウンロードとインストールが事前に必要となります。ここでは、Windows ADK、Windows AIKのダウンロード、インストール方法をご紹介します。

 

(1) ご使用のOSが、Windows 8/7、Windows Server 2012/2008 R2/2008の場合は、こちら からWindows ADKをダウンロードしてください。

   

(2) 上記ページにアクセスし、[ダウンロード]をクリックします。


(3) 画面の下部に実行するか、保存するかの確認メッセージが表示されます。「保存」ボタン右側の ▼ をクリックします。

(4) 「名前を付けて保存」をクリックし、ファイルを任意の場所に保存します。

(5) 保存先を開いて「adksetup.exe」を実行し、インストール画面を起動します。

※Windows 7では、以下の画面が表示されます。

この画面が表示された場合は、[Microsoft.NET Frameworkのライセンス条項に同意します]にチェックを入れ、[同意してインストールする]をクリックして.NET Frameworkをインストールしてください。


(6) インストール画面が表示されたらインストール先を選択します。通常は変更せずにこのまま「次へ」をクリックします。

(7) 「カスタマー エクスペリエンス向上プログラム(CEIP)への参加」の画面が表示されます。参加は任意ですが、ここでは「いいえ」を選択し、「次へ」をクリックします。


(8) 「使用許諾契約」の画面が表示されます。「同意する」をクリックします。

(9) インストールする機能を選択します。「Deployment Tools」と「Windows Preinstallation Environment (Windows PE)」を選択し、「インストール」をクリックします。


(10) インストールが開始されるので、完了まで待ちます。

(11) 「アセスメント & デプロイメント キットへようこそ」の画面が表示されたら「閉じる」をクリックします。

これでADKのインストールは完了です。この後は、各製品のブート メディア ビルダーを使用して、起動メディアの作成してください。

 

(1) ご使用のOSが、Windows Vista/XP、Windows Server 2003の場合は、こちら からWindows AIKをダウンロードしてください。

(2)下記のページが表示されるので、[ダウンロード]をクリックして任意の場所に保存します。

(3) 以下の画面が表示されますので、「保存」または「名前を付けて保存」をクリックします。(   をクリックすると、操作を選択できます。)

※ 「保存」をクリックした場合は、C:\Users\(ユーザ名)\Downloadsにダウンロードしたファイルが保存されます。「名前を付けて保存」をクリックした場合は、任意の場所に保存できます。

※「ダウンロード」をクリックした後、以下のような画面が表示された場合は、「いいえ、インストールしません」を選択し、「次へ」をクリックします。その後で再度「ダウンロード」をクリックしてください。


(4) ダウンロードしたファイルをDVDに書き込みます。ISOイメージの書き込みに対応したソフトがインストールされている場合は、そのソフトをご利用ください。

※ Windows XP/Vistaの場合は、標準機能ではISOイメージの書き込みに対応していないため、書き込みに対応したソフトが別途必要です。メーカ製PCの場合、購入時点で最初からインストールされているものもあります。詳細はPCメーカにご確認ください。

(5) 作成したDVDをセットすると、以下の画面が表示されるので、「Windows AIK セットアップ」をクリックします

※ Windows XPをご利用の場合、以下の画面が表示されて、インストールが中断される場合があります。

Windows AIKのインストールには、.NET Framework 2.0とMSXML 6.0が必要です。この画面が表示される場合は、(5)の画面で、[.NET Framework セットアップ]と[MSXML 6.0 SP1のセットアップ]をクリックして.NET Framework 2.0とMSXML 6.0をインストールしてください。

(6) セットアップウィザードの開始画面が表示されたら「次へ」をクリックします。

※ 既にWindows AIKがインストール済みの場合は、以下の画面が表示されます。

この画面が表示される場合は、キャンセルをクリックして画面を終了し、各製品のブート メディア ビルダーを使用して、起動メディアを作成してください。

(7) ライセンス条項が表示されたら「同意します」を選択し、「次へ」をクリックします。

(8) インストールフォルダとインストールするユーザの選択画面が表示されます。特に変更が必要なければそのまま「次へ」をクリックします。

※ この後、Boot Media Builderで起動CDを作成する際、Windows AIKがインストールされたフォルダを選択する操作があります。特に必要がない限り、インストール先は変更しないことを推奨します。


(9) インストール前の確認画面が表示されます。「次へ」をクリックするとインストールが開始されます。

(10) 完了の画面が表示されたら「閉じる」をクリックします。

以上でWindows AIKのインストールは完了です。この後は、各製品のブート メディア ビルダーを使用して、起動メディアを作成してください。