2012年3月2日

Windows7のRAID機能

カテゴリー OS関連 — 小人 @ 9:50 AM


Windows7の RAID機能を試してみました。


「未割り当て」(未使用)のディスクを右クリックすると、
ミラー、
ストライプ、
スパン  などを選んで、設定できます。


ミラー
・・・2台のドライブに同時に同じデータを書き込む。安全性向上目的。

ストライプ
・・・2台のドライブを1台のドライブとして処理する。高速化目的。

スパン
・・・空き領域およびドライブ文字を有効活用目的。



選ぶと自動的に 「ダイナミックディスク」に変換されますが、
あらかじめ変換しておいたほうが、設定しやすいようです。





カラフルな 「ディスクの管理」♪




実際はこんな使い方はしませんね・・・・・。
(また遊んでしまいました)

ちなみに赤がミラー、
紫がスパン、
青緑がストライプです♪ c(*゚ー^)ノ*・’゚☆

コメントはまだありません

コメントはまだありません。


 

コメントフォームは現在閉鎖中です。