ダブルクリックでいつものバックアップを実行 - LB イメージバックアップ12 Pro

『LB イメージバックアップ12 Pro』 には、スケジュールバックアップ機能がありますので、曜日や時間などを指定して自動でバックアップを行うことが可能です。

また、バックアップ元、保存先 だけあらかじめ指定しておいて、任意の時間に実行する「オンデマンド バックアップ」も設定可能です。

この記事では、「オンデマンド バックアップ」を 『LB イメージバックアップ12 Pro』 を立ち上げるというひと手間をはぶき、ダブルクリックで実行する手順をご紹介いたします。

スケジュール バックアップでは、設定時刻にPCの電源が入っている必要がありますが、その時間が読めない場合や、
      
オンデマンドバックアップで、その都度 LB イメージバックアップを立ち上げるのが面倒になってきた・・・・・という場合などにお試しください。
※ サポート外の使い方です。ご利用は自己責任の範囲でお願いします。
                  

■ 設定手順
LB イメージバックアップ12 Proのスケジュールバックアップ機能を応用して、バッチファイルを作成します。
       

1,LB イメージバックアップ12 Proを起動し、スケジュールバックアップウィザードを立ち上げます。

   


        

2,ウィザードにそって進め、バックアップ対象と保存先をそれぞれ指定します。
例では、ディスク0全体を、Hドライブにバックアップします。




3,タスクを開始するタイミングでは、「オンデマンドバックアップ」を選択してください。

  

4,ウィザードを完了すると、タスクスケジュールが作成されます。



     


5,ここでいったんLB イメージバックアップを閉じてください。

6,スタートボタンを右クリックし 「コンピュータの管理」を開きます。

         

7 , コンピューターの管理画面が開きましたら、「タスクスケジューラ」-「タスクスケジューラ ライブラリ」を開きます。「Paragonタスク・・・・」で始まるタスクがありますので右クリックし「プロパティ」を開いてください。

           

8 , 「操作」タブから「編集」をクリックします。

             

9 , 「プログラム/スクリプト」欄の内容を丸ごとコピーし、これを「メモ帳」を開いて貼り付けてください。

10 , 先頭と最後に「 “ 」を入力します。

11 ,「・・・ exe”」のあとに、半角スペースを一つ入れてください。
     
         

12 , 次に、「引数の追加」欄の内容を丸ごとコピーし、先のメモ帳に続けて貼り付けます。

     
         

13 , 下記のような内容になります。適当な名前を付けて、デスクトップに保存してください。

                 


       

14 , 保存したテキストの拡張子を「bat」に変更します。

15 , 以上でbatファイルの作成は完了です。
    
     

■ バックアップの実行   
バックアップを実行したいときに、このbatファイルをダブルクリックしてください。

ユーザーアカウント制御のメッセージが表示された場合は、「はい」で続行します。

下記の黒いDOS画面が表示される場合がありますが、進捗状況は表示されません。
(黒い画面が表示される場合は、この画面が自動的に閉じたら、バックアップ完了です。)

                 

しばらく時間をおいて、保存先ドライブをご確認ください。

   

※ バックアップを繰り返し実行する場合、batファイルをダブルクリックする
  たびに、バックアップデータは常に上書きされます。
  上書きしたくない場合は、フォルダ名をわかりやすい名称に変更してから、
  次のバックアップを実行してください。


c(*゚ー^)ノ*・’゚☆
   

次の記事では             

■ batファイル実行時のDOS画面を表示させたくない場合
■ バックアップ完了後にPCの電源を切る場合  について、ご紹介いたします。


BitLockerで暗号化されたPCのバックアップ、コピー

BitLocker(ビットロッカー)はWindowsのドライブ暗号化機能です。
BitLockerの詳細は こちら(他社サイト) をご参照ください。
 
LB イメージバックアップ12 ProはBitLockerに対応可能でバックアップやコピーが可能です。BitLocker以外の暗号化には対応いたしませんのでご注意ください。  
      

Windows 10(21H1) BitLocker有効化の環境です。


イメージバックアップ

  
LB イメージバックアップ12 Proでは、BitLockerで暗号化されたドライブには下記のような鍵のアイコンが付いて表示されます。

このままCドライブ(ディスク全体)のバックアップが可能です。
           

※ BitLocker有効化環境のバックアップは、必ずWindows上で行ってください。
  BitLockerはWindowsにログインしたときに解除(復号)され
  ます。
  CD/USBブートでバックアップした場合は、暗号化が解除されて
  いませんので、Cドライブがバックアップできません。下記は
  USBブートでバックアップしたバックアップデータです↓↓
  (Cの内容がカラになっています)

           
※ バックアップは暗号化が解除された状態で行われるため、必要に応じてデータにパスワードをかけることもできます。(復元時にパスワードが必要になります。)

                   
   
             
バックアップはWindows上で実行し、復元するときは通常通りCD/USBブートで復元します。(OS全体の復元は、Windows上ではできません)

復元ウィザードを起動し、バックアップしたデータを復元するときの画面です↓↓
復元完了後は暗号化は解除されます。復元完了後に必要に応じてBitLockerを再度有効にしてください。



           
             

コピー

BitLocker環境を丸ごとコピーし、コピー先に付け替えて起動を試しました。


     


         

******* 結 論 ****************************
 コピーは完了しましたが、RAWコピーのように非常に時間がかかりました。
 また、コピー先ディスクに付け替えて起動する際に、PCのEFI(BIOS)によって
 は、自動で何らかの調整を行う可能性があり、PCによっては起動できないこと
 もあるかもしれません。
 そのため、実際にやる場合は、暗号化を解除してからコピーのほうが確実かつ
 早い気がします。
*****************************************
     
            
コピー先HDDで起動してみます。
このテスト機のEFIの機能により、コピー元のSSD(ディスク0)をOFFにできなかったので、ディスク1を選択して起動。

            
念のため、コピー元の環境を削除しても起動できることを確認。c(*゚ー^)ノ*・’゚☆

   
             

LB イメージバックアップ11 Pro、LBコピーワークス13

LB イメージバックアップ11 Pro、LBコピーワークス13では、サポートは対象外とさせていただいております。(ご利用のPCによっては、 LB イメージバックアップ12 Proと同様に行える可能性はあります。)
BitLocker のドライブは、下記のように表示されます。
  
【LB イメージバックアップ11 Pro】
LB イメージバックアップ12 Proと同様に、Windows上でバックアップし、CD/USBブートで復元できました。復元完了後はBitLockerは解除されますので、必要に応じて再度有効にしてください。

     
       
【LBコピーワークス13】
LB イメージバックアップ12 Proと同様に時間がかかりました。BitLockerを解除してからコピーをお試しください。


クラウドストレージ間の重複ファイルを検索して削除 * 応用編

Duplicate Files Fixer 3』 (デュプリケート ファイルズ フィクサー)は、パソコン内の重複ファイルを検索して、簡単に削除できるツールです。
画像ファイルだけでなく、ドキュメント、音楽ファイル、動画ファイルなども検索できます。
特殊なファイルの場合は拡張子を追加して検索することもできるため、実質どんな種類のファイルも検索可能です。


             

バージョン3では、Googleドライブ、Dropbox内のファイルをアプリ不要で検索することができるようになりました。↓↓


※Duplicate Files Fixer 3 の正式対応 下記内のファイルを検索できます。
 Windows・Mac 3台にインストール可 
    

※ クラウドストレージのアプリをインストールしている場合は、Google
 ドライブ、Dropboxにかかわらず、
クラウド上のデータがパソコンに
 同期されて保存されており、内蔵ドライブ内を検索することになるため
 『Duplicate Files Fixer 3』で検索可能です。
 
         
        
―*―*―*―
    

下記のような場合は、『Air Live Drive Pro』(エアー ライブ ドライブ プロ)と併用していただくと(ある程度)可能です。

◆ アプリをインストールしたくない。(Googleドライブ、Dropbox以外)
◆ 複数アカウントのクラウドストレージを比較して重複ファイルを検索したい。
◆ 複数のクラウドストレージの重複ファイルを検索したい


※ 失敗したファイルもあったので、文末の<ご注意>をご参照ください。
※『Air Live Drive Pro』は、クラウドストレージをローカルドライブの使い勝手
 で使用できるようにする製品です。クラウドのアプリはもちろん不要です。
 『Air Live Drive Pro』製品詳細は こちらをご参照ください。
 

【 手順 】  

Air Live Drive Pro を設定します。
Air Live Drive Pro を使用すると、Googleドライブ、Dropbox以外のクラウドストレージも、複数アカウントのクラウドストレージも、ローカルドライブのように使用できるようになります。

         

この4つのファイルを、上記それぞれのクラウドストレージに保存して、『Duplicate Files Fixer 3』で検索してみます。

        
      
(データを保存後、)検索するドライブを、Duplicate Files Fixer 3 の画面にドラッグ&ドロップします。


    

重複ファイルの検索を実行すると、それぞれのドライブから同じデータが見つかりました。

    

※ 例ではわかりやすく同一ファイル名になっていますが、ファイル名が変更されていても、内容が同じであれば検索されます。
         

削除を実行するには、不要なファイルにチェックを入れて、「マークしたファイルを削除」ボタンをクリックします。
なお、残すフォルダを指定すれば、「オートマーク」ボタンで自動選択して削除できます。

    



                ↓ ↓ ↓


     
    

****<ご注意>****
ご参考までの使用方法です。この使い方のサポートはお受けできません。
  
●キャッシュの状況などからか?、クラウドストレージによっては、3MB程度の
 ファイルで、見つからないデータが発生することがありました。
 (必ず発生するわけではありません)
 削除もエラーで完了しないファイルもあったため、削除で失敗する場合は、
 重複ファイルの検出のみにご利用いただき、削除は手動でお願いします。
  
●大量のデータや、多くのストレージを一度にやろうとすると非常に時間がかかる
 ことが考えられます。

秘密ドライブを停止できない 2022年版

LB メディアロック3 を利用して、秘密ドライブを停止する際に、「秘密ドライブは現在使用中です。」とメッセージが表示されて停止できないことがあります。秘密ドライブ内のデータを開くために利用したアプリを終了して、開いたファイルを閉じる、ダメな場合はしばらく待ってから停止すれば、通常は停止できます。現在使用中です

通常は時間が経てば停止できるのですが、待っても停止できない場合(待てない場合も)は、ツールを使って、ロックされている秘密ドライブ内のファイルを強制的に閉じ方法があります。過去の記事参照

これでもダメな場合は、explorer が秘密ドライブ自体をロックしている可能性があります。その場合は こちらのツールですんなりロックを解除できる可能性があるので、試していただく価値はあります。

rock_hunter

編集中や開いているデータがある場合に、強制的にアプリを終了させると、データが破損したり、システムが不安定になる可能性があります。上記のツールを利用する時は開いているファイルが無いことを確認の上、自己責任でお試しください。

Windows11に慣れよう

2022年今年もよろしくお願い致します。

さて、まだまだWindows10を使用されている方が殆どですが、それでもWindows11への切り替えは進んでいます。

Windows11にすると、また画面の様々な配置や機能が変わりました。一番よく使うのに変更されて困惑する点をご案内します。

■Windows10ではタスクバー左端にあった「スタート」マークが中央になります。

Windows11が起動した瞬間に「おお!!!!!」と思う部分です。

実はこの位置、Windows10の様に左端に移動できます。

【変更方法】
タスクバーの何もないところで右クリックして「タスクバーの設定」を指定します。[個人用設定]>タスクバーの画面が表示されたら、画面下の方にある「タスクバーの動作」の後ろにある「V」を指定します。「タスクバーの配置」項目で「中央揃え」から「左揃え」に変更します。

■データを右クリックして「コピー」「貼り付け」「削除」メニューがない

この項目が右クリックしてもないんです。…「ええええ!!!‼、なんでよく使うのに」と悩みます。
実はアイコンになって大きくなっています。

■「アンインストール」が見つからない

Windows「スタート」マークを右クリックして「アプリと機能」を指定し、プログラム名を指定すれば「アンインストール」ボタンが出ました。クリックしてもなにも出ないです…「どうしちゃった??」とオロオロ。

実は、右端の縦の「・・・」が重要です。末尾の「…」部分を押すと「アンインストール」が表示されます。

■隠しファイルの「表示/非表示」切り替え 

エクスプローラーの上にあった「リボン」メニューがなくなってしまいました。
「隠しファイル」どうやって見えるようにすればいいのだろうか。「うぬぬぬ」と困惑。

実はプルダウン内で実施します。

Windows10まで
Windows11

■画面のハードコピーツール

一部部分だけキャプチャーする機能として「Windows7/8」までは「snipping Tool」として存在し、Windows10では「切り取り & スケッチ」になりました。
今度のWindows11の「プログラムの一覧」の「き」項に 「切り取り & スケッチ」が ない。(以前の裏ブログ記事)
どうすればいいのさ??「あれれ」と混乱。

実は 「snipping Tool」 に名前が戻りました。 (戻ったのか…そうなの…)

なお、Windowsキーと「PrintScreen」キーの同時押しはWindows10もWindows11も健在です。