「回復パーティション」を挟んだパーティション操作

Windows7/8からWindows10へアップデートしたPCでは、下図のようにCドライブとDドライブの間に「回復パーティション」が作成されることがあります。

そのような環境でのCドライブの拡大を以前もご案内していますが、手順も含めて改めてご紹介します。
Windows10アップグレード環境のパーティション操作
https://www.lifeboat.jp/newblog2/?p=6594

            

この例では、Windows7からWindows10へアップデートしたPCで、CとEの間に「回復パーティション」があり、Eの隣に「未割り当て」領域が123GBあります。

この「未割当て」領域を、Cドライブにくっつけて拡大したいです。

※ 「未割り当て」領域が無く、単にCドライブを大きくEドライブを小さくしたい場合は、
  「空き領域の移動」ウィザードで簡単に操作できます。(マニュアル操作は不要です。)                  

        

少々複雑な構成になっているため、『LBパーティションワークス15』でマニュアル操作を行います。
1、 E:を右に移動する
2、 回復パーティションを右に移動する
3、 C:を拡大する、 の手順になります。

「適用」ボタンを押すまで、実際の処理は行われませんので、途中まで実際にやってみても安全です。

        

まず最初にEドライブを右に移動させます。
Eドライブを右クリックし、「パーティションの移動/サイズ変更」をクリックしてください。

Eドライブの編集画面が表示されます。
「後の空き領域」に「0」を入力し、Enterしてください。

するとEが右に移動しました。「はい」をクリックします。

続いて回復パーティションを右に移動します。 同様に、右クリック「パーティションの移動/サイズ変更」を選択。
回復パーティションは小さいので、画面上でも小さく表示されています。選択する際にご注意ください。

「後の空き領域」に「0」を入力し、Enterしてください。 回復パーティションが右に寄ったら「はい」をクリックします。

続けて Cドライブを拡大します。
Cを右クリック「パーティションの移動/サイズ変更」をお選びください。

数値を入力しても可能ですが、Cドライブの端を右にドラッグすると、拡大できます。最大まで広げてください。

「はい」をクリックします。

元の操作画面に戻ります。確認し、よろしければ「適用」ボタンをクリックしてください。パーティション処理が開始されますので、完了するまでお待ちください。

操作完了後。「未割り当て」領域がなくなり、Cドライブが357GBになりました。c(*゚ー^)ノ*・’゚☆

Sticky Password がEdgeに対応 ◇ 無料体験可!

Microsoft Edge プレビュー ビルドが公開され、Sticky Password プレミアムがこのChromiumベースのEdgeに対応しました。

現在、Edgeはまだ ベータ版 ですが、Sticky Passwordと合わせてどなたでもお試しいただくことができます。よろしければご覧ください。

※ Sticky Password プレミアム とは
『Sticky Password』は、Webサイトやアプリケーションで入力されたユーザIDやパスワードを暗号化して安全に保管し、次回以降は、自動で入力、ログインできるパスワード管理ツールです。マスターパスワードさえ覚えておけば、あらゆるログイン情報、個人情報を一元管理でき、同期機能でタブレットやスマホでもパスワードを安全に簡単に持ち運べるようになります。

               

■ Microsoft Edge ベータ版

Edge ベータ版は、こちらからダウンロードいただけます。
https://www.microsoftedgeinsider.com/ja-jp/ 

画面にそって、インストールを完了してください。









「完了」をクリックすると、Edge ベータ版のインストールが完了です。


■ Sticky Password プレミアム Edge対応版 無料体験可

Sticky Password プレミアム Edge対応版(Ver. 8.2.3.24)
https://www.lifeboat.jp/products/spp/spp_update.php

Sticky Password プレミアムは初めてのお客様
→ 30日間の無料体験版としてお使いいただけます。
インストールの詳細は、利用ガイド9ページ~をご参照ください。
http://www.support.lifeboat.jp/docs/spp/SPP_guide.pdf

すでに『Sticky Password プレミアム』をご利用のユーザー様
→ アップデートのポップアップが表示された場合は、案内にそってVer8.2.3.24を適用していただくか、上記URLよりダウンロードし実行していただくとアップデートできます。

        

Sticky Passwordのインストールが完了するとEdgeベータ版が起動し、EdgeにSticky Passwordの機能を組み込む手順が表示されます。Webストアにアクセスするメッセージが表示されますが、料金はかかりません。

画面の表示にそってクリックし、完了してください。


似た画面が数回出ますが、画面にそってクリックし、追加を完了してください。

       

組み込みが完了すると、Edgeベータ版を起動した際に、右上にSticky Passwordのアイコンが表示されるようになります。

                     

                               

Sticky Password プレミアム

一度使うと手放せなくなる大変便利なツールです・・・・・・・・・c(*゚ー^)ノ*・’゚☆

「WebDav」とは? Air Live Drive Pro 

Air Live Drive Proは、クラウドストレージをローカルドライブのように使用することができるツールです
https://www.lifeboat.jp/products/aldp/index.php

使用するクラウドストレージを一覧から選択しますが、一覧にない場合、SFTP、またはWevDavによるアクセスに対応しているストレージであれば、手動で設定することが可能です。

WebDavを使用した設定の一例をご紹介いたします。

WebDavとは?

WebDAVとは、インターネットでWebアクセスに使われる標準プロトコル「HTTP」を利用して、ファイル共有を可能にする仕組みです。 https://www.rapidsite.jp/support/guide_migration/reference/webdav/e_11370.html  より。

・・・等々、きちんと理解するのはむずかしそうですが、 クラウドストレージが「 WebDAV 」に対応していると、Windowsの「ネットワークドライブの割り当て」を行って、ローカールドライブのように使用することができるようです。


            ↓ ↓ ↓ ↓


・・・これがあれば、『Air Live Drive Pro』は不要なのでは??と思いますが、 WebDavは、クラウドストレージ側で対応していないと使用できません。 Dropbox、GoogleDrive等、メジャーなところでは専用アプリも出ていますし、対応していませんでした。

http://free.arinco.org/storage/feature.html より↓↓

Air Live Drive Proの一覧になく、WebDavに 対応しているストレージを一例として試してみました。「4shared」でやってみます。

4shared
https://www.4shared.com/?locale=ja 

      

設定手順

1、何はさておき、まずは4sharedのアカウントを作成します。


2、TwitterやGoogleのアカウントが使用可能でした。


3、パスワード等の必要項目を入力して「アカウント作成」


4、「その他のユーザーが自分のファイルを検索するのを許可」は一応チェックを外し「OK」


5、4shared 15GB使用できるようになりました!


6、Air Live Drive Pro側の設定は簡単です。「クラウドストレージを追加」をクリック。

7、「WebDav」をクリック。



8、「3」で設定したユーザー情報を入力してOKをクリックしてください。

9、「WebDav、4shared」がH:ドライブとして使用できるようになりました!c(*゚ー^)ノ*・’゚☆





クラウドストレージMEGA 50GBを『Air Live Drive Pro』で使う!

こちらからの続きです。

前回 アカウントを作成したMEGAを、Air Live Drive Proで使えるようにしてみます。

Air Live Drive Pro は、下記のようにいろいろなクラウドストレージをローカルディスクと同様に操作できるようにするツールです。

手順は下記の通りです。

1、Air Live Drive Proを起動し、「+ クラウドストレージを追加」をクリックします。

 

2、 一覧からMEGAを選択します。

3、登録したMEGAのログイン情報を入力します。「2 Factor Pin:」は特に設定していませんので、空欄で構いません。「OK」をクリックしてください。

4、Air Live Drive Proに「MEGA」が追加されました。「接続する」をクリックします。

5、コンピュータ画面にMega(M:)が出てきます。50GBと表示されています。

7、CドライブやDドライブと同じように使用できます。

           

            

PC起動時にクラウドストレージに自動接続する

通常ですと、Air Live Drive Proを立ち上げて、使用するクラウドストレージを「接続する」ボタンで接続するのですが、PCを立ち上げた段階で自動的に接続しておきたい場合は、下記の設定を行ってください。

1、Air Live Drive Proの「設定」(歯車のアイコン)をクリックし、下記の2か所にチェックを入れます。

2、続いて、自動接続したいドライブの「設定」をクリックし、「起動時に自動接続」にチェックを入れます。
   ↓ ↓ ↓

設定したら閉じてください。

3、試しにPCを再起動します。
起動後コンピュータ画面を開くと、自動的にMEGAドライブがスタンバイして使用可能になっています。c(*゚ー^)ノ*・’゚☆

便利ですのでぜひお試しください!

パソコンの領域を無料で50GB増やす!?

「クラウドストレージ」、ご活用されていますか?
インターネットを介した、雲の上の保存ドライブ、と言えますね。

クラウド については こちらをご参照ください!

「 Dropbox」や「Google Drive」、「One Drive」 など、有名だと思います。

ハードディスクの空き容量が少なくなってきたときや、外付ハードディスクの持ち運びが面倒、という場合など、どなたでも登録をすれば無料で使用することができます。

<例>  Dropbox の使用方法はこちら(他社サイト)
https://techacademy.jp/magazine/10852

クラウドストレージを提供している会社はたくさんありますが、ほとんどどこの会社でも、メールアドレスと名前(ニックネーム)を登録する(=アカウント作成)ことで使用できます。


無料だと、大きい所で15GBほどになるようです。 比較しているサイトも多いので、見比べてみるとよいかもしれません。一例↓↓
https://synclogue-navi.com/online-storage
https://imitsu.jp/matome/online-storage/4925350834707935

MEGA」というところは無料で50GBとあるので試してみました。

「MEGA」は、ニュージーランドのクラウドストレージですが、日本語で利用可能です。
無料で50GBのストレージを使用でき、さらにMEGA製アプリをインストールしたり、知り合いを紹介したりすることで、使用領域を拡大できるようです。

* * *
といっても、50GBは最初の30日間のみ、のようです。
また、数か月ログインがないとアカウントを削除される、など、
無料サービスならではのご注意が必要です・・・
* * *

     

MEGA 新規アカウント作成

1、MEGA(https://mega.nz/) にアクセスし、「アカウント作成」をクリック

2、お名前、メールアドレス、パスワードを決めて「アカウント作成→」をクリック

3、登録したメールアドレスに確認メールが届くので、メールを開いて、メール本文のURLをクリックします。初回のログインをします。

4、メールからログインすると、プラン選択画面が表示されます。「無料」をクリック

5、無料で大容量を提供されているので、パスワードを忘れてしまったら、下記のキーが無いとアクセスできなくなるようです。

万一に備えこのキーをどこかに保管しておく必要があります。「キーをダウンロード」をクリックすると、「ダウンロード」フォルダにテキストで保存されます。


OKをクリックしてください。

6、Web上でログインをした画面は下記のようになります。これでMEGAのクラウドストレージを使用できるようになりました。

Webでログインして使用したり、MEGAのアプリをインストールすれば、50GBの領域を自由に使用できます。

           

           

Dropbox、GoogleDrive、One Drive、MEGA、その他・・・・・

無料なのでついつい活用していると、使用するたびにログインしたり、それぞれのストレージで使い勝手が違って覚えられず、効率が悪い・・・
それぞれの専用アプリをインストールしてそれぞれ立ち上げる?

何より、専用アプリを使用すると、ローカルドライブを消費するではありませんか!

などなど、何かと面倒な点が増えてきます。


Air Live Drive Pro』(エアー ライブ ドライブ プロ)をインストールすると、ログイン操作が不要になり、 Dropbox、GoogleDrive、One Drive も、同様に操作できるようになります。専用アプリは不要です。ローカルドライブを消費しません。

クラウドストレージをますます活用しやすくなる『Air Live Drive Pro』について、次回ご紹介いたします! c(*゚ー^)ノ*・’゚☆