2018年2月23日

Windowsを他のPCに引っ越ししたい

AのPCのHDDをまるごとコピーして、BのPCで引き続き使いたい、またはCのPCで使用しているWindows7環境を、新品のDのPC Windows10に引っ越して使いたい、

このようなご要望は比較的多いと思いますが、単純にHDDを取り外して(またはコピーして)他PCにつなげても、Windowsは起動できないことをご存知でしょうか。

パソコンを構成している「マザーボード」や「CPU」などの多くの部品がPCによってそれぞれ異なり、Windowsはそれらのハードウェアの情報を読み取って初めて起動できるためです。
ハードウェアが変わってしまうと、そのハードの情報(ドライバ)がないために起動できません。
使用中のWin7から、必要な部分だけ取り出してWin10に移植(!)する、というのも「引っ越しソフト」がないと、行えません。「引っ越しソフト」については こちらの記事 をご参照下さい。

テスト機で試してみました。

Dellで使用中のWindows10×64、UEFI環境です。このPCのハードディスクを外して、他のPCにつなげてみます。


まず、A機。他メーカーのPCです。
ただ 「 _ 」が点滅するのみ・・・・・・・・・・


続いてB機。Dellの別の機種です。UEFIはなく、BIOS設定しかないPCです。

起動しないばかりか、このHDDを増設しているだけで、元のWindowsも起動しなくなります。
(外すと元のWindowsは起動します)そんな例もあります。


ショップパソコンの比較的新しいC機。
しばし読み込みに時間がかかったあと 起動しました。が、デバイスマネージャーには「!」が。起動できてもこうなることがほとんどです。適したドライバをインストールする必要があります。

また、今回のテストでは、Office(Excel/Word)やAdobe製品等、ライセンスの厳しいソフトはインストールしてありません。
ハード面でクリアできても、ライセンス面では許可されていないことがほとんどで、また「ドライバがない」などのメッセージが何度も出て、日常の使用にはたえられないことがほとんどになります。


それでも、緊急にデータを救出したい、起動して確認する必要があるなどの場合は、『LB イメージバックアップ11 Pro』等に他のPCでも起動できるよう、OSを調整する機能があります。
UEFI←→BIOS は調整できません。他、すべての環境で対応できるわけではないので、こちらの機能を使用しても解消できない場合もありますが、手順は下記の通りです。


起動しないPCで、LB イメージバックアップ11 ProのCD/USBで起動し、メニューから「OS調整」をクリックします。

ウィザードにそってすすむと、OS調整が行われます。

▲UP

2016年1月28日

『Zinstall WinWin』を使用 Vistax86 を10×64にアップグレード-3

『Zinstall WinWin』を使用 Vistax86 を10×64にアップグレード-2 からの続きです。


VistaにWindows10を上書きし、新規Win10になりました。
このあと、Zinstall WinWin を使用して、Vista時代の設定、ソフト、データを、Win10上で適用します。


Zinstall WinWinをインストールし、アクティベートします。



実行すると、移行元、先を指定するダイアログが表示されますので、手順書にそってすすみます。



移行元/先が認識されます。中央の「進む」(矢印ボタン)をクリックすると、引っ越しが始まります。



Vista時代のデータ、アプリが多いほど、引っ越しにも時間がかかりますので気長に待ちます。



成功!「再起動」をクリックします。



再起動すると、、

おー Vista時代のデスクトップが!!
思わず、失敗してVistaに戻ってしまったのかと思いましたが、よくみると、10です。



システムのプロパティでは、Windows10 64ビットになっていることが確認できます。


Vista時代からのExcel/WordはVer2010、32ビット用ですが、内容を更新でき、保存もできました。










お気に入りも、引き継がれています。ピクチャ、動画類もそのまま保存されていました。


いくつかのソフトもエラー等出ず、使用できています。

快適な引っ越し になりました!・・・c(*゚ー^)ノ*・‘゚☆

▲UP

2016年1月22日

『Zinstall WinWin』を使用 Vistax86 を10×64にアップグレード-2

『Zinstall WinWin』を使用 Vistax86 を10×64にアップグレード-1 からの続きです。


Vista x86を、Win10 x64にアップグレードするにあたり、元の環境を確認して、バックアップを終わらせました。
続いて、Windows10のインストールディスクで起動し、インストールを行います。



通常のインストールと同様に「次へ」で進み、この画面では下段を選択します。(下段しか選べません)



上段(「アップグレード」)選択すると、以下の画面になり、インストールが中止されます。

また、Windows上でアップグレードしようとすると、32ビット/64ビットが合っていないためこのメッセージになり、Windows上でも実行不可です。



この画面で、このまま「次へ」進みます。

現在Vistaがインストールされている場所にWindows10をインストールしますが、手順書にはVistaのパーティションをフォーマットしないように、と書いてあります。

「上書きインストール」を行っても、Vistaの設定は消されずにフォルダにしまって保存されますが、パーティションを「フォーマット」してしまうとまっさらになってしまい、あとからZinstall WinWinで読み出せなくなってしまうためです。


インストールが始まりますので、終わるまで放置します。



インストールが完了すると、Windows10が起動しますが、まだ設定やアプリを引きついではいません。

このあと、『Zinstall WinWin』をインストールし、Vista環境で使用していた設定やデータ、アプリの引っ越しをします。
最後の仕上げ!その3に続きます c(*゚ー^)ノ*・’゚☆

▲UP

2016年1月14日

『Zinstall WinWin』を使用 Vistax86 を10×64にアップグレード-1

『Zinstall WinWin』(ジーインストール ウィンウィン)は、ライフボートストアで販売しているパソコンの引っ越しソフトです。
(リープコーポレーションの製品です。お問合せやご購入後のサポートは、リープコーポレーション社でのお受付になります)
http://leapcorp.co.jp/contact/

Aパソコンの環境を、新品のBのパソコンにそっくり移したいときなどに使用しますが、
同一のパソコンで、Windowsのアップグレードに使用することも可能です!


環境を丸ごと引き継いだWindowsの「アップグレード」は、対応可能なエディションが限られています。

https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-specifications より



例えば、今回試した Vista→Win10や、32ビット環境→64ビット環境のアップグレードは対応しておらず、
やるとしたら Windows10を新規インストールすることになります。

『Zinstall WinWin』を使用すると、通常は行えないアップグレードが可能です。
リープコーポレーション社のサイトで紹介されている手順で、Vista32ビット環境をWin1064ビット環境にアップグレードを試してみました!

32ビットと64ビットはなかなか壁があるイメージがありますが、うまく行くのでしょうか!?


ただ、手順書の注意事項にもありますが、個々のソフトウェア自体にも「対応動作条件」はあります。
それぞれのソフトウェアの制限をすべて超えて対応することはできませんので、

基本的には、
・32bit用アプリは64bit環境へ移しても正常に動作しない
・そのOSに対応していないアプリを移行した場合、アンインストールできなくなるなどの可能性
を考えて、本番環境では、注意事項の手順をクリアしておくことが必須です。


今回はテストなので、32ビット版ソフトをあえて残したまま、64ビットへの移行にチャレンジしてみました。


●大まかな流れ

1. 元の環境の丸ごとバックアップ
2. Windows10のメディアで起動し、新規インストール
3. Windows10上でZinstall WinWinをインストール、「Windows.old」の情報を適用、アップグレード完了。


まず、引っ越し元となる現在のVistaの環境です。
Vista business SP2 32ビットです。


Microsoft Excel/Word 32ビット版でデータをいくつか作成。ビデオや音楽もいくつか。


IEの「お気に入り」



デスクトップの壁紙



この環境をバックアップしたあと、Windows 10のインストールDVDで起動し、インストールします。



長くなりましたので、その2に続きます c(*゚ー^)ノ*・’゚☆

▲UP

2015年7月23日

あら便利!編集印刷の割り付け編集データをファイルに保存する

カテゴリー その他, 他社便利ソフト紹介, 製品関連 — フラット @ 1:30 PM

「あら便利!編集印刷」を使用すると、ワープロや写真、表計算データを簡単に一枚の用紙にまとめることができて便利なのですが、実際に印刷しない場合は、割り付け編集を行った後のデータを保存することはできません。PCに「Adobe Acrobat」や「JUST PDF3」等のPDF変換ツールがインストールされていれば、用紙に印刷する代わりに、PDFデータとして割り付けたデータを保存することができますが、これらのツールを別途購入すると、「あら便利!編集印刷」以上の金額となってしまいます。このようなときは、フリーのツールを利用するという手がありますので1点ご紹介しておきます。

【Cube PDFを利用した例】
(1)インストールすると、「デバイスとプリンター」に「CubePDF」のアイコンが表示されます。

(2)「あら便利!編集印刷」で割り付け等の編集を行った後、使用するプリンタの一覧から「CubePDF」を選択して「印刷」をクリックします。

(3)CubePDFの設定画面が表示されるので、出力先を指定して「変換」をクリックすれば、PDFファイルが生成されます。

ツールの入手方法については、”Cube PDF” で検索してみてください。
”PDF 変換 フリー” 等で検索すれば、他にもいろいろツールはありますが、必ず「仮想プリンタ」として動作するものを選んでください。仮想プリンタとして動作するものは上記(1)のデバイスとプリンター一覧に表示され、「あら便利!編集印刷」のプリンタ一覧から選択できるようになります。

▲UP