2014年2月27日

LVMが使用されているかの確認方法

カテゴリー OS関連, コピー/バックアップ, パーティション, 製品関連 — dragonfly @ 9:15 AM

LB イメージバックアップ11 Pro、LB コピーワークス13、LB パーティションワークス15など製品の注意事項に、

※ソフトウェアRAID、LVMには未対応です(BIOSレベルで制御されるハードRAIDには対応可能です)

といった注意事項が記載されています。

そもそもLVM(logical volume manager)とは、複数のディスク(パーティション)にまたがった領域を一つの論理的なディスクとして扱うことのできるディスク管理機能のことです。LinuxをはじめとしたUNIX系OS上で利用できる機能です。Windowsのダイナミックディスクに近い存在と言えるかもしれません。

ただ、この領域はあくまで論理的な領域(OSレベルで制御されている)となるため、イメージバックアップツール、コピーツールでは対応できません。

実際に製品上で確認すると、ハードディスクの枠しか表示されなかったり、

ディスク自体が認識されなかったり、

Linux版の起動CDで確認すると、ハードディスクの枠しか表示されなかったりします。

もちろん、Linux系は弊社ではサポートしておりませんが、技術的には以前の記事でご紹介したように、バックアップやコピーが可能です。

● Linuxのイメージバックアップ

● Linuxのコピー

ただし、LVM環境では、上記の通りまったく使えません。最近のLinuxでは、標準でOSをセットアップするとLVMが利用されるので、使っていないつもりでも実はLVM環境になってしまっているケースがあります。

LinuxでLVMが利用されているか、Linux上で以下のコマンドで確認することができます。

fdisk -l /dev/sda
=> Linux LVM と見えればLVM

mount
=> VolGroup00**** と見えればLVM

ご参考までに。

▲UP

2014年2月20日

ダウンロードの失敗

カテゴリー OS関連, 初心者向け, 製品関連 — miso-Oden @ 9:10 AM

最近は、インターネット回線速度も早くなり、ソフトの購入もダウンロード版が普通になってきました。

「着替えて、お店に出かけてパッケージ探して帰宅して開封して…バスかなぁ、電車、自転車使おうか、車出そうか。天気悪そうだし…」「出かけて店頭で在庫切れだったら…」面倒です!

ダウンロードはクリックするだけで簡単です! クリック!クリック!
ライフボートのストアも始まりましたし。

決済もカードで済ませてダウンロードして保存して解凍し、わくわくしてインストールまで進んだのに、インストールに失敗したり先に進めなかった事はありませんか。

正しくダウンロードできなかった時に発生します。ダウンロードしたデータサイズを購入サイトの公称サイズと比べると、全然小さい。そういえば異様に早く「アッ!」という間にダウンロードが終ったんでした。

そこで再ダウンロード!! 再度インストール… また、失敗。何度ダウンロードし直してもうまくいかずイライラします。

「お店に行った方がよかったー~。ついでに何か美味しいもの食べてくれば…。」なんて一瞬頭をよぎります。

実はプログラムのダウンロードは2度目からは早くその処理が進むように、パソコン内部に一時ファイルが作られます。が、失敗した一時ファイルが使われる事で、何度ダウンロードしても正常なダウンロードが出来ません。

こんな時は、ブラウザーの「インターネット一時ファイルの削除」をして再ダウンロードをやり直しましょう!
(履歴・ダウンロード・cookieは消さない設定にします)

■Internet Explorer
1.[コントロールパネル]から[ネットワークとインターネット]に進んで[インターネットオプション]を指定します。
2.[インターネットのプロパティ]画面の[全般]タブ内の「閲覧の履歴」の「削除」ボタンを押します。
3.削除対象の項目一覧が表示されたら「インターネット一時ファイルおよびwebサイトのファイル」にだけチェックを入れます。「削除」ボタンを押します。

■Firefox
「Firefox」ではインターネット一時ファイルを「キャツシュ」と記載しています。[メニュー]-[オプション]-[オプション]を指定します。「プライバシー」内の「履歴」内の「最近の履歴を消去」を指定します。
「消去する履歴の期間」にてダウンロードした時の時間帯(1時間以内とか2時間以内)を指定し、下段にて
「キュッシュ」だけにチェックを入て「今すぐ消去」ボタンを押します。

■Chrome
「Chrome」ではインターネット一時ファイルを「キャツシュ」と記載しています。
1.「ツール」バーにある Chrome メニュー「三本線」マーク(メニュー) をクリックし、[ツール] を選択します。
2.[閲覧履歴を消去] をクリックし、画面内の一覧の「キャッシュ」にチェックを入れます。
画面下の[閲覧履歴データを消去する] をクリックします。

なお、ブラウザーはバージョンアップにより設定項目名や位置が変わる事がありますので、詳しくは各ブラウザーの提供サイトのFAQをご確認ください。

▲UP

2014年2月14日

ライフボートのストアオープン!!

カテゴリー お知らせ, 製品関連 — dragonfly @ 9:00 AM

この度、ライフボート社の直販サイトとなります『ライフボート ストア』を2014年2月14日よりオープンさせて頂く運びとなりました。

ライフボートの人気製品を中心にパッケージ版、ダウンロード版共にラインナップしておりますので、ご購入時にはぜひご利用ください。

オープン記念として、パッケージ版をご購入頂けるユーザ様には、ライフボートのロゴ入りオリジナル2WAYタッチペンを先着100名様にプレゼントさせて頂きます。さらに、パッケージ製品につきましては、10%OFF&送料無料キャンペーンを行っておりますので、この機会にご検討ください。

● ライフボートストアはこちら

●キャンペーンの詳細はこちら

▲UP

2014年2月6日

Windows8.1対応版 ハードディスクコピー

カテゴリー OS関連, Windows 8 関連, コピー/バックアップ, 製品関連 — 小人 @ 9:19 AM

((Windows8.1対応版 Cドライブを大きくDドライブを小さく の続編です))

小さなパーティションでややごちゃごちゃしているアップデート後のWindows8.1を、Paragon Hard Disk Manager 12 で必要なパーティションだけをコピーし、すっきりな状態で使用したいと思います。




Windows8.1が起動するのに必要なのは、赤く塗られたパーティションです。「パーティションコピーウィザード」でここだけ抜き出して別のHDDにコピーします。


コピー先HDDは、もし「MBR」ハードディスクでしたら、あらかじめGPTに変換しておきます。



パーティションコピーウィザードを起動し、①②③④の順番に、コピーしていきます。




この例ではコピー先HDDのほうが小さいので、Cドライブが多少縮小されます。
今回Dドライブはコピーしません。。




コピー元を取り外し、コピー先250GBで起動できました。C(*゚ー^)ノ*・‘゚☆

※「ディスクの管理」画面では、GPT用パーティションは表示されません。(非表示状態になっています)

▲UP