2017年12月28日

一年ありがとうございました。よいお年を

カテゴリー お知らせ, その他 — miso-Oden @ 1:20 PM

2017年、最後の裏ブログです。

一年間の総括と挨拶を毎年締めの日にアップするのですが、過去の記事を参考にすることもあります。ふと2013年末の締めの挨拶を見ていると、今年はWindows 8.1が公開されて…なんて書いてありました。え!つい最近発売されていたと思っていたWindows8は約5年、Windows 8.1はもう4年経過しているのです。最新OSのWindows 10は2015年発売ですから、2年は経過していたのですね。

ただ、最初に発売されたWindows 10と今買うWindows 10は中身はずいぶん変わります。

昔はWindows「Vista」、Windows「7」のようにOS名が代わることで刷新が印象づけられましたが、今は大規模Updateとして公開されます。同じ「10」でもバージョンが異なることで、中身はOS名が「Vista」が「8」に変わるくらい違っています。一括にWindows 10と言っても大差があり、サポートの時に「コントロールバネル」や「設定」「バージョン情報」を確認するのが、とても大変になってしまう2017年でした。

また問い合わせも、64bit版の方がほとんどとなってきて、昔のように「IEの画面が真っ白」「応答なし」なんてメモリ不足で起きる問題ももう聞いたことがありません。最近のPCデビューの方に「不正な処理を行ったので強制終了します」というメッセージ画面を見せたらなんて言うのでしょうか(笑)  (メモリ不足でPCが不安定になって多発したエラーです)

こうして一年を振り返ると、日進月歩の時の流れを感じます。

さて、年末恒例の、2017年総括のバックアップを是非とも!!
何かあったときに、普段忘れていても、この様な大きな節目のバックアップがあるととても便利です。大掃除の間にバックアップをスタートしておきましょう!

来年も面白い記事をお届けしたいと思います!!

===== 年始年末のお知らせ ======
【営業窓口】
◆年内最終営業日: 2017年12月28日(木) 17:30まで
◆年始営業開始日: 2018年1月5日(月) 9:00から

【サポート窓口】
◆年内最終受付日:2017年12月28日(木) 17:00まで
◆年始受付開始日:2018年1月5日(月) 10:00から
電子メールのお問合せは、年末年始の期間も受付は可能ですが、返答は年始営業開始日以降となります。
なお、通常よりご返信にお時間がかかる場合がございます。予めご了承頂きますようお願いいたします。

良い年の瀬を迎えられますよう心よりお祈り申し上げます。
来年も何卒よろしくお願い致します。

▲UP

2017年12月8日

Windows10の「バージョン情報」

カテゴリー OS関連, Windows 10 関連 — miso-Oden @ 5:17 PM

以前Windows10の大規模アップデート関連の裏ブログで

Windows 10 Creators Update後のコントロールパネルの位置

「システムのプロパティ」

についての記事を掲載しました。

最近この大規模アップデート後の「Windows10のバージョン」に関連する問題

Q Windows10環境で起動メディアを作成しましたが、動作しません。

があり、サポート時に「バージョン」を確認する事があるのですが、Windows10は「更新なし」から「Anniversary Update」まで、「Creators Update」、「Fall Creators Update」の3種類によって「スタート」を右クリック「システム」選択で「バージョン情報」がない場合、出ていても「記載」位置が変わってしまったりして、なかなか調べるのが大変です。

この位置と記載について、特に違いの大きい、大規模アップデート後の差を取り上げてみます。

Windows10 Anniversary Update  バージョン1607 (「スタート」右クリック「システム」を選択すると「基本的なコンピュータの情報」が表示されますが、中に「バージョン」項目はありません)

Windows10 Creators Update          バージョン1703 (「スタート」右クリック「システム」内に「バージョン情報」が表示されます。目立つ位置にあります)  ※「設定」-「システム」-「バージョン情報」と同じ画面が表示されます。

Windows10   Fall Creators Update     バージョン1709 (「スタート」右クリック「システム」内に表示はありますが、位置はスクロールしないといけないページの下の方)  ※「設定」-「システム」-「バージョン情報」と同じ画面です。

■「バージョン情報」の調べ方

「スタート」ボタンを押し「設定(歯車)アイコン」-「システム」内の「バージョン情報」から調べる事が出来ます。
1703以降は「スタート」ボタン右クリック「システム」で直接同じ画面が開きます。

■コマンドを使った「バージョン情報」の調べ方

上記方法は、Windows10だけのお話ですが、どんなWindowsでも昔から「コマンド」にて「バージョン情報」が表示可能です。

「スタート」ボタンの上で右クリックし「ファイル名を指定して実行」を選択します。

winver

と入力すると、Windowsの詳細なエデイション、ビルド、バージョン情報が表示されます。


ただWindows関連の情報だけで、PCメーカー/プロセッサ/メモリ等のスペックは記載されません。総括的な情報を知りたいときは「システム」も合わせて見る必要があります。

▲UP