2018年6月18日

バックアップイメージファイルを、バーチャルPCで起動する<2>

カテゴリー コピー/バックアップ, ハードウェア, 製品関連 — 小人 @ 9:39 AM
バックアップイメージファイルを、バーチャルPCで起動する<1> の続きです。
<1>で実機のバックアップが完了しましたので、続いて復元させる仮想のパソコンを作成します。

■仮想PCの作成

例では『VMware』を使用します。下記より「VMware Workstation Player」をダウンロードしてください。


『VMware』をインストールし、起動します。

「新規仮想マシンの作成」をクリックします。


ウィザードにそって進みます。


仮想マシンで動かすOSを選択。今回はWindows 10×64です。


わかりやすい名前を付け、仮想マシンの保存先を指定します。


ディスクはこのあと付け替えるので、初期設定のまま「次へ」・・・


「完了」をクリックします。


仮想のパソコンが出来上がりました。


ここに、LB イメージバックアップ11 Pro で作成した仮想のHDDをセットします。




ハードディスクを選択して「次へ」


(推奨)のままでよいので「次へ」




「参照」ボタンをクリックし、<1>で作成したデータ(.vmdk)を指定します。


とりあえず、変換不要。


そのままでも問題ないかもしれませんが、紛らわしいので初期設定の空のハードディスクは「削除」しました。


↓ ↓ ↓

設定完了。「OK」をクリックします。


では、起動します・・・!!


バックアップイメージファイルを、バーチャルPCで起動する<3> へ 続く!!c(*゚ー^)ノ*・’゚☆

▲UP