2015年7月23日

あら便利!編集印刷の割り付け編集データをファイルに保存する

カテゴリー その他, 他社便利ソフト紹介, 製品関連 — フラット @ 1:30 PM

「あら便利!編集印刷」を使用すると、ワープロや写真、表計算データを簡単に一枚の用紙にまとめることができて便利なのですが、実際に印刷しない場合は、割り付け編集を行った後のデータを保存することはできません。PCに「Adobe Acrobat」や「JUST PDF3」等のPDF変換ツールがインストールされていれば、用紙に印刷する代わりに、PDFデータとして割り付けたデータを保存することができますが、これらのツールを別途購入すると、「あら便利!編集印刷」以上の金額となってしまいます。このようなときは、フリーのツールを利用するという手がありますので1点ご紹介しておきます。

【Cube PDFを利用した例】
(1)インストールすると、「デバイスとプリンター」に「CubePDF」のアイコンが表示されます。

(2)「あら便利!編集印刷」で割り付け等の編集を行った後、使用するプリンタの一覧から「CubePDF」を選択して「印刷」をクリックします。

(3)CubePDFの設定画面が表示されるので、出力先を指定して「変換」をクリックすれば、PDFファイルが生成されます。

ツールの入手方法については、”Cube PDF” で検索してみてください。
”PDF 変換 フリー” 等で検索すれば、他にもいろいろツールはありますが、必ず「仮想プリンタ」として動作するものを選んでください。仮想プリンタとして動作するものは上記(1)のデバイスとプリンター一覧に表示され、「あら便利!編集印刷」のプリンタ一覧から選択できるようになります。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。


 

コメントフォームは現在閉鎖中です。