2016年1月22日

『Zinstall WinWin』を使用 Vistax86 を10×64にアップグレード-2

『Zinstall WinWin』を使用 Vistax86 を10×64にアップグレード-1 からの続きです。


Vista x86を、Win10 x64にアップグレードするにあたり、元の環境を確認して、バックアップを終わらせました。
続いて、Windows10のインストールディスクで起動し、インストールを行います。



通常のインストールと同様に「次へ」で進み、この画面では下段を選択します。(下段しか選べません)



上段(「アップグレード」)選択すると、以下の画面になり、インストールが中止されます。

また、Windows上でアップグレードしようとすると、32ビット/64ビットが合っていないためこのメッセージになり、Windows上でも実行不可です。



この画面で、このまま「次へ」進みます。

現在Vistaがインストールされている場所にWindows10をインストールしますが、手順書にはVistaのパーティションをフォーマットしないように、と書いてあります。

「上書きインストール」を行っても、Vistaの設定は消されずにフォルダにしまって保存されますが、パーティションを「フォーマット」してしまうとまっさらになってしまい、あとからZinstall WinWinで読み出せなくなってしまうためです。


インストールが始まりますので、終わるまで放置します。



インストールが完了すると、Windows10が起動しますが、まだ設定やアプリを引きついではいません。

このあと、『Zinstall WinWin』をインストールし、Vista環境で使用していた設定やデータ、アプリの引っ越しをします。
最後の仕上げ!その3に続きます c(*゚ー^)ノ*・’゚☆

コメントはまだありません

コメントはまだありません。


 

コメントフォームは現在閉鎖中です。