2019年2月1日

新フォント追加! Windows 10 October 2018 Update(1809)

カテゴリー OS関連, Windows 10 関連, その他, 初心者向け — 小人 @ 7:20 AM

Windows 10 October 2018 Update(1809)を適用すると、従来のフォントに新しいフォントが追加されます。メモ帳から確認できるので、見てみてください!


従来の「MSゴシック」「メイリオ」では、それぞれ以下のように表示されます。

新フォントは、「BIZ UD」で始まる4つです。
視力が弱くても見えやすいようにデザインされているそうです。
太字にすれば、より見やすくなりますね。(下記のサンプルは標準の太さです。)

■ BIZ UDPゴシック



■ BIZ UDゴシック



■ BIZ UDP明朝



■ BIZ UD明朝



※ メモ帳で使用するには、「書式」-「フォント」をクリックしてください。

▲UP

2019年1月17日

2019年もよろしくお願い致します

カテゴリー お知らせ, その他 — miso-Oden @ 11:10 AM

2019年、初の裏ブログです。

今年は元号が「平成」から替わり、いろいろな催しや行事が「平成最後」として実施されていますね。(それで言えば「平成最後」の新年あいさつ裏ブログですが)。そして5月には新元号で「2109年」は彩られます。

2019年は、どんなWindows10の変更があるのか(春と秋の大規模アップデート後はソフトウェア会社は、事前調査とは異なる現象が発生するため、アワアワすることも多いのですが)、またどんなパソコンのハードウェアの開発や販売、価格変更や、上市があるのか。楽しみです。

最近は、数年前まで考えられなかった「SSD」の小型化(というか基盤化)「M.2 SSD」が、容量が増えて、対応PCも増えてきました。「ハードディスクのコピー」する場合、内蔵でしかM.2 SSDはコピー先に指定できなかったのですが、M.2 SSD対応ハードディスクケースも出ている様子。

タブレットではフォローできない多くの機能もあるため、パソコンは進化が続きますね!

さて年明けですので、年末忙しくてバックアップできなかった方、データのお掃除ができなかった方はバックアップを!データ整理を!  OSが壊れてもデータが残っていれば何とかなります! 是非ともバックアップはして下さいね

▲UP

2018年12月28日

一年ありがとうございました。よいお年を

カテゴリー お知らせ, その他 — miso-Oden @ 10:44 AM

2018年、最後の裏ブログです。

2018年は2017年に続き、Windows10の大規模アップデートが春と秋にありました。そのたびに、コントロールバネルの出し方や、設定の細かい表記などが変わるためフォローが大変でした。
今までは「Vista」「7」なら、「8」「8.1」ならで、「スタート」ボタン押しての進み方がさっと出るのですが、「Windows 10」となると、まず「バージョン」の確認からしないといけません。

ご存知かと思いますが、確認方法を。

「スタート」ボタンを右クリックし「システム」を選択します。「バージョン」と書かれた表記がない「Windows 10」は最初の「Windows 10」で一度もupdateしていません。「ハージョン」と記載されていて「1706」「1803」「1809」なんて数字があればupdateされています。

本格的に調べたい方は「スタート」を右クリックし「ファイル名を指定して実行」欄に
winver
と入力して「OK」でも可能です。

ちなみに、「Windows 10」バージョンは下記のようになっています。
1607 Anniversary Update
1703 Creators Update
1709 Fall Creators Update
1803 April Update
1809 October Update

毎年の事ですが、年代わりの区切りはバックアップを是非実施してくださいね!

年末の大掃除、大片付けと同様、Duplicate Files FixerやDuplicate Photos Fixer Proを使用して、重複ファイル/写真を片づけるのもいいかもしれませんね!!

来年も面白い記事をお届けしたいと思います!!

===== 年始年末のお知らせ ======

【営業窓口】
◆年内最終営業日: 2018年12月28日(金) 17:30まで
◆年始営業開始日: 2019年1月7日(月) 9:00から

【サポート窓口】
◆年内最終受付日:2018年12月28日(金) 17:00まで
◆年始受付開始日:2019年1月7日(月) 10:00から

電子メールのお問合せは、年末年始の期間も受付は可能ですが、返答は年始営業開始日以降となります。
なお、通常よりご返信にお時間がかかる場合がございます。予めご了承頂きますようお願いいたします。

良い年の瀬を迎えられますよう心よりお祈り申し上げます。
来年も何卒よろしくお願い致します。

▲UP

2018年7月20日

iPad当たりました!(詐欺に注意 その2)

カテゴリー その他, パソコンの安全, 初心者向け — フラット @ 10:01 AM

Google Chromeを使ってニュースを見ていたら、突然こんな画面が表示されました(ネットアクセスの分析テストをしているのでニュースサイトは普通の人よりも頻繁に利用します)。なんと、私は幸運にも無作為に選出された10人のうちの一人として無料でiPad Air2をゲットできるのだそうです。
【注意】もしこの画面に遭遇したら、すぐにブラウザを終了してセキュリティソフトを使ってPCをスキャンすることをお勧めします。今回はChromeですが、以前Firefroxの利用中にもこの当選画面を見たことがあります。

ただし、次のクイズに正解しなければいけないようです。とても簡単な問題ですが、ネット情報によると、ハズレても問題ないらしいです。

見事正解しましたが、商品はiPadではなく、Movie Card Streaming なってしまいました(聞いたことありませんが、13,000円相当の音楽配信サービスチケットのようです)。選択ボタンを押すと…

入力フォームへ進むよう促されます。

来ました。ここで個人情報の登録です。ここでデタラメな情報を登録して何が起こるか見る手もありますが、そんな暇も無いのでこの辺で終わりにしておきます。

【説明】
これは典型的なフィッシング(Phishing)です。
「フィッシング」はfishing(釣る)とsofisticated(洗練された)を組み合わせた造語で、「だまして釣る」という意味になります。
メッセージの通りに操作を進めても結局は何も貰えず、最終的にはクレジットカード番号や口座番号を盗まれて終わることになるはずです。
更に、個人情報の収集を目的としたツールのダウンロードやインストールを求められる可能性もあります。
画面をご覧のとおり、秒読みを実行して考える時間を与えないようにしたり、クイズを仕組んだりと、なるほど、洗練されたつくりにはなっています。

▲UP

2018年7月13日

Windowsセキュリティシステムが破損しています(詐欺に注意)

カテゴリー その他, パソコンの安全, 初心者向け — フラット @ 11:23 AM

先日、IEを起動してニュースを見ていたら、いきなりこんな画面が表示されました(超メジャーポータルから普通のニュースを閲覧中)。
もし、この画面が表示されたら、IEを終了させるか、タスクマネージャーからIEを強制終了することをお勧めします。ブラウザがフリーズしたり、「終了」をクリックしても勝手に再起動して同じ画面が何度でも表示される場合がありますが、その場合もタスクマネージャーから終了させればトラブルは回避できると思います。「×」以外のボタン「続行」「更新」「ダウンロード」等は押さないでください。


如何にもありそうな危険表示ですが…


セキュリティシステムが破損しています

これは詐欺です! ブラウザの強制終了をお勧めします!!

ブラウザの強制終了方法

「プロセス」タブから「Internet Explorer」を選択して「タスクの終了」をクリックします。

※ブラウザの終了後は念のため、セキュリティソフトでPCをスキャンしてマルウェア等の侵入がないかチェックしてください。

【説明】
これは「詐欺警告」「ダウンロード爆弾」などと呼ばれているものです。
メッセージに従って操作を進めていくと、システム修復ツールやセキュリティスキャンツール(偽物)をダウンロード・インストールすることになります。
それらのツールは「システムが破損している」等の偽診断をして、ある電話番号(03で始まっていたりします)を示して、電話で指示を仰ぐよう促します。
電話をすると、「リモートでお客様のPCに接続して診断したいので、診断用のソフトをインストールしてください」と指示されるようです。
実際にニセのセキュリティソフトのインストールまでは試していないので、上記はネットの情報や聞き込みの話になりますが、電話までかけてしまうと、金銭的な被害に遭う確率が高まるので、速やかにブラウザを強制終了することをお勧めします。

画面はよく作り込まれており、ファイル破損までの秒読みが開始されたり、終了ボタンでブラウザを終了できなかったりするうえ、いかにもWindowsの一部であるかのようなデザインの警告が、03で始まる電話番号を表示するので、いきなりこの画面を見るとはじめは焦ります。
「Windowsセキュリティシステムが破損しています」で検索するともっと踏み込んでテストされた方の情報もあるので、自己防衛のために見ておかれるとよいかもしれません。

▲UP