2014年2月6日

Windows8.1対応版 ハードディスクコピー

カテゴリー OS関連, Windows 8 関連, コピー/バックアップ, 製品関連 — 小人 @ 9:19 AM

((Windows8.1対応版 Cドライブを大きくDドライブを小さく の続編です))

小さなパーティションでややごちゃごちゃしているアップデート後のWindows8.1を、Paragon Hard Disk Manager 12 で必要なパーティションだけをコピーし、すっきりな状態で使用したいと思います。




Windows8.1が起動するのに必要なのは、赤く塗られたパーティションです。「パーティションコピーウィザード」でここだけ抜き出して別のHDDにコピーします。


コピー先HDDは、もし「MBR」ハードディスクでしたら、あらかじめGPTに変換しておきます。



パーティションコピーウィザードを起動し、①②③④の順番に、コピーしていきます。




この例ではコピー先HDDのほうが小さいので、Cドライブが多少縮小されます。
今回Dドライブはコピーしません。。




コピー元を取り外し、コピー先250GBで起動できました。C(*゚ー^)ノ*・‘゚☆

※「ディスクの管理」画面では、GPT用パーティションは表示されません。(非表示状態になっています)

▲UP