2018年9月21日

『Snap Art 4』で自作「塗り絵」を作る

カテゴリー 画像の加工・編集, 製品関連 — miso-Oden @ 11:26 AM

最近、脳トレとして、手を使う作業やバズル、ゲームなどが盛んになっています。

その中には「大人の塗り絵」というカテゴリーがあります。
ただの塗り絵ではなく、影や塗り方を工夫するだけで、劇的な演出になります。

この塗り絵も様々な本や素材が出ていますが、自分で『Snap Art 4」でお気に入りの写真を「塗り絵」にしてみませんか。

(画像の種類や背景、黒い部分が多かったり、明暗が調節しにくいなどによって「塗り絵」には向かないものもあります)

『Snap Art 4』は撮影したスナップ写真を加工して、絵画風にできるソフトです。パステル調にしたり、油絵風にしたり、様々に演出ができますが、その機能を使って、カラー写真から、輪郭だけを取り出し『塗り絵』にしてみました。

「Snap Art 4」に上記画像を取り込みます。

右側の「コントロールパネル」の「アーティスティクスタイル」を「スタイライズ」に、その下の「背景」をクリックします。

「背景」内の「モード」は「ライフアート」。「造作のサイズ」をやや小さめ、「影のしきい値」も小さくします。

「ペン」の「線の数」によって細かい「塗り絵」か大雑把な「塗り絵」か。「ペンの幅」によって太目の線にするか、等を指定します。

「Snap Art 4」の元画像と加工後を見比べながら、調節します。

できましたら右下の「保存」にて、書き出して保存してみます。(元の画像を可変する事はありません)

完成!

本や素材で販売されているものと違って、世界唯一のものになります。また何枚もプリントアウトして、試し塗りしてみたり、何人もで「塗り絵」を競作してみるものいかがでしょうか。

▲UP

2018年9月7日

集合写真から、一人だけ切り抜いてポートレートにしたい。

カテゴリー 画像の加工・編集, 製品関連 — 小人 @ 5:39 AM

↓↓↓↓




『PortraitPro 17』で、やってみようと思います。

PortraitProを起動し、ご希望の写真を開きます。



ご希望の人物を選択して進みます。




■切り抜き

切り抜きをするには、「写真」の項目から「切り抜き」をクリックします。



切り抜き画面が表示されます。



写真の四隅をドラッグし、トリミングしてください。



指定できましたら「OK」をクリックします。

※切り抜きだけでよろしければ、この段階で「保存」してください。


■背景を差替える

「背景」をクリックし、「マスクの作成」をクリックします。



しばし待つと、マスクを微修正するための画面が表示されます。
※切り抜きを実行した場合も、元写真全体のマスクが表示されます。



マスクが確認しづらい場合は、「表示オプション」をクリックし、見やすいものをお選びください。例では「オーバーレイマスク」が選択されています。青くなっている部分が、これから指定する新しい画像で差し代わる部分です。



拡大表示させたい場合は、画面右上の「ズーム」でスライダーを動かします。
四角い枠を見やすい位置に動かしてください。



元画像の背景が残ってしまっていると、きれいに差し替えできません。



髪の際のような細かな修正は、「スマート背景」をクリックして、際をなぞってください。一度に広範囲を指定したい場合は「背景」をクリックして塗りつぶしてください。ブラシサイズは変更可能です。



前景を誤って塗りつぶしてしまった場合は「スマート前景」、「前景」でなぞってください。



マスクがきれいに仕上がったら「次へ」



差替える背景画像を指定します。
「新しい背景画像」をクリックし、「画像を選択してください」をクリックしてください。

※ 画像の他に、単色の背景やグラデーションを選択することもできます。



ご希望の画像を選択し、「開く」



背景画像に差し代わります。人物(前景)は修正前の元画像が表示されます。
背景画像をドラッグすると、自由に移動させることができます。背景画像の位置がよろしければOKをクリックしてください。



顔の補正と、トリミングされた完成形がプレビューされます。よろしければ「保存」ボタンをクリックしてください。



完成。c(*゚ー^)ノ*・’゚☆

▲UP