2016年3月10日

外付けハードディスクの電力不足(初心者向け)

ハードディスクの代わりに小容量のSSDだけを搭載したタブレットPCが増えています。 また、高画質動画等の保存先としてディスクを追加することも多いので、外付けのハードディスクを利用する機会が多いと思います。

ここで気をつけたいのが、電力供給の問題です。
外付けのハードディスクには、持ち運びに便利なポータブルタイプと、据え置きタイプのものがありますが、ポータブルタイプの外付けハードディスクの多くは、駆動に必要な電力をPCから供給してもらいます(バスパワー方式)。
これに対して、据え置き型のハードディスクにはACアダプタが付属しており、アダプタから供給される電力で駆動します(セルフパワー方式)。

問題になるのは、バスパワー方式で、タブレットPCや省電力を謳うノートPCは外付けディスクに十分な電力を供給することができないことがあります※。電力不足の場合は次のような現象が発生します。
(1)カッシャーン、カッシャーン、~というような音がする
(2)PCからディスクが認識されない
(3)データの読み書きが途中で停止したり、エクスプローラがフリーズする

※USBポートを多数備えたデスクトップ機でも、XP時代のものや、年数を経過して電力供給能力が衰えたPCでは上記の問題が発生します。

このようなときは最悪の場合、保存されたデータが破損することもあるので、PCの電源を切って次の対策をする必要があります。
(1)電源を供給端子を備えた二股USBケーブルを用意する。
(2)USBハブ(バスパワー方式)※を使用している場合は、ハブを使用せずにPCのUSBインターフェイスに直接接続するか、セルフパワー方式のハブと交換する。
(3)USBインターフェースが複数ある場合は、別なインターフェイスに接続してみる。

※USBハブにも、バスパワーとセルフパワーのものがあります。
バスパワー方式のハブは十分な電力を供給できない可能性が高いので、ポータブルハードディスクを使用する場合は、セルフパワー方式のご利用をお勧めします。

バスパワー方式のハブ データが壊れたら怖いので、ハードディスクは繋がないようにしています。

セルフパワー方式のハブ(ACアダプターが付属します) ポータブルハードディスクを2台繋げても動作に問題はありませんでした。

電力の供給用にUSBポートを2つ備えた二股ケーブル(赤は電源供給専用です)

まとめ

大容量データの転送をするケースが多い場合(ライフボート製品では、秘密領域を扱う製品、ディスクイメージの保存や復元、動画ファイルを保存する製品)は、セルフパワーで電力を供給できる環境での使用がベターです。バスパワーの場合、データの転送が正常に行われていても、途中で転送エラー等が発生するケースがありました。

▲UP

2015年1月29日

どんな製品を使えばいいのかな(初心者向け)

ライフボート社では、様々な製品を扱っています。

バックアップしたいと思っても「データ」だけでいいのか、「OSを含めた」方がいいのか。

大切なのは「データ」なのか、「パソコン」自体を守りたいのか、勝手に触られたり、USBを使われるのを防ぎたいのか、「データ」を抜き出されるのを防衛したいのか。「ログイン」パスワードを守りたいのか、用途によってソフトが異なって悩みますね。

簡単な選択肢の動画を作ってみました。Web動画(YOUTUBE)形式では選択肢ができませんので、flash形式です。お試しください。

(クリックすると新しい画面で選択肢動画が出ます)

製品の候補が出たら、詳しくはWEBの製品ページ詳細や、営業にお問い合わせください。製品ご購入時の参考になれば幸いです。

▲UP

2015年1月22日

USB鍵を紛失した時のデータの救出

カテゴリー パソコンの安全, 暗号化, 製品関連 — フラット @ 11:33 AM

USB HardLockerやLB パソコンロック4でUSB鍵を紛失/破損した場合のお問い合わせをいただくことがありますが、マスターキー等の救済ツールは用意されておりません。秘密領域に保存されたデータは合鍵なしで取り出すことはできませんが、秘密領域以外の場所(デスクトップや内蔵HDD上のフォルダ等)に保存されたデータは取り出すことができます。

(1)CD起動のOSでPCを起動して、データを取り出す
(起動時にハードディスク内のデータにアクセスしないので、USB HardLockerは動作しません。)

「LB イメージバックアップ」や「LB パーティションワークス」をお持ちでしたら、「ファイル転送ウィザード」を使うと便利です。「ファイル転送ウィザード」は、こちらを参考にしてください。
お持ちでなければ、CD起動のLinux(KNOPPIX、Ubuntu LiveCD等)をWeb上からフリーで入手することができます。

(2)内蔵のハードディスクを取り出して、外付けのディスクケースに入れてから、他のPCに接続する。
作業的に少し手間がかかりますが、ディスクを外して、Windowsが動作している他のPCにUSB等で接続すれば、やはりロック機能は動作しないのでデータを取り出すことができます。

▲UP

2015年1月15日

秘密領域のバックアップ・保管 応用編

カテゴリー コピー/バックアップ, 暗号化, 製品関連 — 小人 @ 10:40 AM

『LBメディアロック3』は、パスワードを入力すると見えるようになる秘密のドライブを作れるソフトです。
USBメモリ、外付HDDにも作成でき、他のPCでも使用できるのでとても便利です。

秘密領域は暗号化ファイルで構成されています。予期せぬファイルの破損等に備え、秘密領域はバックアップしながらお使いいただくことをお願いしております。

秘密領域構成ファイル(「SML」フォルダ)をコピーしておけば、パスワードがかかった状態でのバックアップになりますので、「よくある質問(FAQ)」や裏ブログでもお願いしております。

秘密領域のバックアップを取る方法 (FAQ)

CD-R/RW、DVD+-R/RW メディアに秘密領域を作成する方法 (FAQ)

秘密領域のバックアップ (裏ブログ)


また、秘密領域は、比較的壊れにくいNTFSにフォーマットしてから使用されることをおすすめいたします。

秘密領域に保存できるファイルのサイズについて (FAQ)



・-・-・-・-・-・-

複数の秘密領域をわかりやすくバックアップできないか?? ご参考にしてください!!


細かいですが、秘密領域には以下のような留意点があります。
◎秘密領域は、1ドライブに1つしか作成できない。
◎秘密領域は、暗号化ファイルで構成されている。(「SML」フォルダ)
◎「SML」フォルダは、どのドライブでも直下に置くと(壊れていない限り)自動認識される。
E:¥aaa¥SML のように、フォルダに入れてしまうと認識されません。


以上をふまえ、複数の秘密領域をバックアップしてみます。



L、F、G ドライブにそれぞれ秘密領域を作成してあります。

L、F、G ドライブ内を開くと、それぞれに「SML」という隠しフォルダがあります。秘密領域本体です。
(見つからない場合は「表示」をクリックし、「隠しファイル」にチェックを入れてください。Win8の場合)

この「SML」をバックアップ用ドライブにコピーすれば秘密領域のバックアップが完了です。




みんな「SML」なので、複数の秘密領域をバックアップしたい場合は、フォルダ名を変更してはいかがでしょうか。いざ復元が必要になったときは、そのフォルダだけを「SML」に戻せば、それだけで秘密領域が認識されます。




構成ファイルをコピーしても、フォルダ名が「SML」でないと認識されません↓




Gの秘密領域のバックアップを「SML」に戻しました。(要PC再起動)




フォルダ名を「SML」に戻しただけで、バックアップ先に秘密領域が認識されています。
これはGの秘密領域のコピーなので、Gのパスワードで有効にできます。




重要データを扱う際はとくに、小さ目の秘密領域でこまめにバックアップしながらご利用されることをおすすめするしだいですc(*゚ー^)ノ*・’゚☆

▲UP

2014年4月24日

秘密領域をクラウドで利用する

カテゴリー パソコンの安全, 暗号化, 製品関連 — フラット @ 9:10 AM

LB メディアロック3の秘密領域は、USBメモリーやハードディスクだけでなく、ネットワーク共有フォルダー上に作成して使用することもできます。この仕組みを利用してクラウド上に秘密領域を作ってみると、USBメモリー等を持ち歩かずにどこからでも一つの秘密領域にアクセスできるようになります。
今回は、マイクロソフトのOneDrive(旧SkyDrive)をWindows 8.1の環境で試してみました。時間があったら他のクラウドストレージも試してみたいと思います。

作成手順と利用方法
手順1.
LB メディアロック3の秘密領域をネットワーク共有フォルダーで利用する場合、ローカルPC上のドライブレターを割り当てる必要がありますが、クラウドストレージもネットワーク共有フォルダーの一種と考えて、OneDriveのローカルPC上の同期フォルダーにドライブレターを指定します。
ユーザ名がSuzukiの場合、同期用のフォルダーはC:\Users\Suzukiとなるので、このフォルダーをドライブ「Z」等に割り当てます。

手順2.
コマンドラインを起動して、「subst」コマンドを以下のように入力します。
C:\>subst Z: C:\Users\Suzuki\SkyDrive
「subst」— パスをドライブ名に割り当てるためのコマンド

これでエクスプローラからOneDriveがドライブZとして表示されます。

手順3.
メディアロックユーティリティーを起動して、ドライブZに秘密領域を作成します。
(作成時にフリーレシーバーをコピーするオプションを選択しておきます)

秘密ドライブの作成後、OneDriveのフォルダーを見ると、秘密領域を構成するフォルダー(ファイル)が追加されているを確認できます。これらのフォルダーはオンライン/オフライン両方で利用可能な設定にしておきます。

次のことに注意しておくと、実用可能なレベルで利用できます。
■「subst」コマンドはPCを起動する都度実行する必要があるので、バッチ等を用意してPC起動時に自動実行させると便利です。
■OneDriveは、オンライン、オフライン両方で使用するように設定しておきます。
■クラウドドライブは初期のころと比較して、データ転送速度がかなり速くなっているようですが、それでもギガバイトを超える秘密領域をクラウド上に作成してデータの読み書きをすると転送速度がネックとなります。
■Windows 7等を利用する場合はOneDrive専用ソフトをインストールしておく必要があります。

▲UP